閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『LILIES』を見る。楢原さんが帰ってきてくれてよかった!!!!!

久しぶりすぎですが、LILIES、見てきました。

LILIESを見る時はいつも人生で困難を抱えている時。という哀しい法則に気づく4回目。
そして異常にはまりまくり、全く自分の現実とは関係ないはずの物語のどこかが自分とリンクして、自らの問題が整理されるのであった。

・・・という私の過去3回のLILIES観劇と同じように、今回も、何か、現実の自分について色々気づく所があったのですが、今回は困難とかもそうだけど単にすごく体調が悪かった(泣)。
なのでいつものような超絶集中力では見られずにあんまり深読みもしてないんだけど・・・何か何に対して泣いたのか全然分からないけど、とにかく、楢原さんの伯爵夫人を見ていて大号泣した。

楢原さんの素晴らしさをうまく言語化できなくてもどかしい。

とにかく私は楢原さんの伯爵夫人が、自らについている嘘についての、自覚と、無自覚なところと、パリからやってきた貴族の矜持と、ヴァリエへの愛が、大好きなんだな。と思った。

囚人の時にすくっと良い姿勢で柔らかな表情でみんなを見守っているところもすごく好き。

私10年ぶりに楢原さんを見ることができてる!ということ自体にも多分感激した。

ヴァリエと二人の場面でなぜか号泣し、手紙のところで、10年前に見た時のことを思い出して懐かしくなったり。

何か楢原さんが出てくる場面すべてに号泣。久々にライフでここまで泣いた気がする。
バスタブに喜ぶヴァリエ時点で何かもう泣いてたり(笑)。一体何にはまったのか自分・・・。

楢原さん自身は意外と見た目も中身もそんなに変わっていなかった気がするんだけど、ヴァリエ役と実年齢が離れた分(初演再演は同世代がヴァリエだったから)、よりまろやかでお母さん部分が強く出る存在だったと思う。

藤森さんがすごく若くて幼さも感じさせるヴァリエで、非常に清涼な空気感で存在していたのもあって、親子のやりとりが変にバトルになることもなく、他の組合せではない柔らかさがすごく印象的だった。




いつもいろんな意味で「バスタブ場面の意義」を考える。
前回は「伯爵夫人にとってのバスタブ」を思うと同時に、シモン役の囚人とヴァリエ役の囚人が本物シモンに見せてあげるためにやってるんだなと思ったんだけど、今回はシモンビロドーの位置がバスタブのすぐ後ろに近づいた分、よりその思いは強まった。
この場面の芳樹シモンの表情見て号泣。

ただ現実的な事でいうと、この作品バスタブあるからヴァリエ役の人(囚人の意味ではなくて役者さん)の健康のために冬の上演はないと思ってたんだけど、今回思いっきり冬だよ!だから若いのかヴァリエ役!(シモンもだけど)と、やっぱりどうでもいいことを考えた。
でも寒いよ。そしてどうでもいいついでに、前回のニイロ氏がものすごくシーツ使い上手で感心したんだけど、仲原さんはいまいちでどきどきした(笑)。ヴァリエちっちゃい子でよかったね仲原さん・・・。


芳樹さんは時々やり過ぎとか、ティモシー役に意欲を見せすぎとか色々あるんだけど(笑)、でも、すごく芳樹さんらしいシモンで、今回の、現在にフォーカスされた新演出にとてもあっていたと思う。

芳樹さんはいつも、どんなに過去に起こった出来事も、「今」その感情の中に生きている存在であることが多い。
シモンは常に19歳の時を生きている。彼はヴァリエを永遠に喪ったことへの、なのに自分は生き続けていることへの後悔の中で生き続けている。そして真実を知っているはずのビロドーへの怒り。

LILIESはビロドーへ見せるための劇で、その作品に囚人たちが様々な自分の思いを抱えて、参加している。というのがこれまでの印象だったんだけど、今回は囚人一人一人の思いというよりは、シモンのために一致団結してビロドーへ見せる劇であると同時に、シモンの思いが昇華できるように、囚人たちがシモンにも見せるためにやってるんだなとすごく思った。

囚人だと、やさぐれベスト3として小林生徒、芳樹ヴァリエ、高根シモンが印象に残っているのですが、今回あんまりやさぐれてる人いなくて(笑)、逆に何かみんなすごくニュートラルに見てたり、見守っている雰囲気だった。

印象に残ったのは、前述の楢原さん。姿勢よく柔らかな表情で見守っている。時々シモンと視線を絡ませてる所とかも何か好き。青木さんは何か変な言い方だけどぼーっとしている時があって面白かった。何て言うか、楢原さんは囚人だけど伯爵夫人、という感じなんだけど、青木さんはただの囚人な要素が強い感じ。

原田さんの姿勢が何かかっこいいポージングで好き。
大村さんのブレない雰囲気がかっこいい。

リディは囚人に戻って出てくると「あんた誰?」ていつもなるのだが、今回もやっぱり、まきしーにもそぜっちにも思った・・・。

神野さんはみんなをすごく見守ってる感じ。聖ミシェル神父役の人は割とそういう傾向がある気がするんだけどたまたまなのかな。戻ってきたヴァリエ役とかと視線を合わせてたり。

普段は仲良し同期な松村鈴木ペアは横に並んでいる時の空気感がなんか面白かった。鈴木さんはビロドー役だしビロドーに対して何か思っている感じで割と険しい雰囲気でそこにいる。一方のヴァリエ役な松村さんは、ビロドーに見せるためよりもシモンに見せるためにやっている感が強くて、どちらかというとヴァリエなまま登場人物を見守っている感じ。

仲原さんは初演の甲斐さんに近いというか、ビロドーを常に意識している印象。でも甲斐さんは甲斐さん自身に何か強い思いがある感じがしたんだけど、仲原さんは自分の何かももちろんあるだろうけれども、やっぱりシモンのためという気持ちが強い気がした。

★真矢みきのドラマにわれらがミッチが!!!

ただ今めちゃくちゃ仕事に生きる日々を送っております(号泣)
そんな仕事ライフを本日も終えて帰宅(21:50頃)

ふとテレビをつけたらば、真矢みきのドラマをやっていた。
ら、みきさんの隣にどこかで見た顔が。

・・・ミッチだ!!!!!!!!

大急ぎで名誉会員にメールをしたよ(笑)。思わず。


本日のTBS系列 月曜ゴールデン「女医 早乙女美砂 ガラスの階段」に我らがスタジオライフ幽霊部員(泣)前田倫良氏がご出演なさっていた。ちょっとだけど。

話の前後は全く分からないが、なんか深刻な会議をしていて、ミッチも白衣を着てみきさんの隣にいたから、医師仲間?

その後あまりきちんとドラマを見届けられなかったのでミッチが出てきたかは不明だったが、その一瞬を逃さずテレビをつけた自分に運命を感じました(笑)。

元気そうでうれしい。
ミッチはやっぱり白衣似合うな~。

真矢みきさんの隣にいても違和感の無い落ち着き。ああ。
及川健より全然年下なのに・・・。深山さんとかジーコさんとかよりも若いはずだがミッチ。

正直仕事にだいぶやられて帰ってきたのだが何かすごく浮上した!!
ありがとうミッチ!!!


そう。最近では同じ6月4日生まれAB型の鈴木拡樹氏(キラキラバーチャルイケメン。絶対に明治時代を描いた作品には出なさそう。だってこんな体型の明治人いないもん!)にいたずらに詳しくなってみたり(まあ詳しくなった実際の理由はみかしゅん岩崎さん入口で戦国鍋にはまってたからなんだけど)、ももクロのしおりんも6月4日生まれなんだ!!まさかのしおりん!!!!と盛り上がってみたり、無駄にミッチとまさかの同じ誕生日の人に興味を持つ旅に出ていたが!!

思いがけない所でミッチ補給が出来てうれしかったです。

こういう時はLILIESの台詞が思い起こされますね。
「・・・忘れかけてた。あなたを愛しているわ」。


ほんっとうに、今年こそ、ライフに出てミッチ。
正直このブログお読みくださっている方の大半がミッチを生で見た事ないんだよう(号泣)

白夜行の末松さんのごとく、なにげなく数年ぶりにさくっと復活パターンを心から心から願いたいと思います。
中学生役でもいいよ~(笑)。


★『11人いる!』を見る。フロルが超絶可愛い。とにかく可愛い。

ということで、スタジオライフ若手公演『11人いる!』。
衣装は色々とありましたが、とにかく、どちらもフロルが超絶可愛かった!!!!!!!

正直物語自体にはいろいろと思うところがあるのだが、とにかくフロルが可愛かったこととガンガがかっこよかったこととタダがナイーブだったこととフォースが美しかった(だからこそ続を思って今から切ない)ことが素晴らしかったので、そこはとっても楽しめました。


・及川健さんのフロル
アニキは若い頃は、見た目の超絶人形っぷりと、中身のきりっと感とか冷静さとかアニキな所の乖離があって、上手くバランスがとれていない印象があった。
可愛い役の時に、やたらカワイコぶるとか。変に清らかぶるとか。綺麗な役の時に探るように台詞を発するのがいつも気になっていた。

が、年齢を重ねて、可愛さで勝負しなくていい年齢になったことで、かえって自分が可愛いことに対して吹っ切れたんだと思う。

アニキはどちらかと言うとマイナス思考だったり(笑)、内にこもっていく職人ぽいイメージとか、感情で動かなくていつも冷静に見渡しているとか、何かそういうイメージしかなくて、だから今まではエーリクとかジミーとかフィルとかに違和感があったのだが、近年のオリヴィアとか、今回のフロルとかは素直に可愛い。
及川さんから明るい光を感じる事があろうとは!!とちょっと驚く(笑)。

私がかつて見ていた時にはなかった、明るさや無邪気さがフロルでは輝いていて、とにかく可愛い。
小さくて華奢で元気で裏表がなくて勢いがあって結構はしゃいでる。


そして何よりも、近年はその外見力にほんっとうに驚愕します。
むしろ前より可愛いんじゃないかと思う。
初演は最前列で、今回は3列目で、しかも上手だったので、目の前に結構アニキが来るんだけど、この位置で見てもほんっとうに可愛かった。

ちっちゃい。可愛い。華奢。でも元気。
ラスト、原田さん(だよね?)に姫抱っこされる時もちょこんとおさまっていて超絶可愛い。


★荒木健太朗さんのタダ

そして、アラケンのタダがほんっとうに良かった。
スタジオライフ役者陣の、思春期のナイーブな感情表現の素晴らしさは何なんだろうと思う。

アラケンはしっかりしている所と甘えたな所と弱さと、そして業背負っている感が素晴らしかった。
天守物語ではマイナスした、なんか、ちょっと人外っぽい魔性っぷりは今回は抑えられているので、アニキとのバランスもすごくよかった。

タダとフロルの恋愛とも友情ともつかない感じがすごく好きなんだけど、ナイーブなアラケンと無邪気で元気なアニキはうまく組み合っていたと思う。

ラストの「そんな領主ふっちまいなよ」と言われてからの異様にまばたきするフロルと、天然たらしタダのやり取りがすっごく可愛かった。ああ。青春。

タダは一人苦悩回想シーンが突如始まったり、何かナレーション的な立ち位置で観客に状況を説明し始めたり、実は結構忙しいポジションなんだけど、アラケンはすごくよかったと思う。


しかし、荒木さんが続11人いる!に出演しないのは本当に残念(泣)。
3人のタダの中では一番好きなんだけどな~。

続だとタダはフロルに激甘になって結構ラブラブしてるので、この組み合わせで見たかったよ~。

アニキ芳樹さんペアは、どちらかと言えば殺伐とした所で同志!!みたいな関係性が好き(笑)。←パサジェルカとか白夜行とかね。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

★もう一人のフロル 内藤大希さんとタダまつしんは、裏役でヴィド女子をやっているのだが・・・まつしんが可愛いのは基本として、大希君がやる気満々だったのが面白かった&可愛かった(笑)。

新納さんといい、客演陣は裏役で嬉々として女性役をやる傾向がある気がするのだが、なぜだ。
まあ他ではなかなか無い機会だし、あくまで裏役だからきゃぴるのかもしれないが!!


ということで、

★内藤大希さんのフロル

は、見る前からすごく合っていると思っていましたが、思っていた以上に見た目が可愛かったです。
天真爛漫な無邪気さと末っ子気質がとってもフロルだったと思う。

元気でけんかっ早くて、でもさっぱりしていて後腐れがない。
銃を使うとか、そういう男性的な事が割と無邪気に好きで、好戦的。

「11人目なんていないんだよ」の場面がすごく好き。

しかしまつしんと見た目の大きさが割と近くて、でもちょっと大希くんの方が大きいはずなんだけど、なぜかタダに対して上目づかいな印象が。なんでだろ。そこが末っ子っぽさ??


★松本慎也さんのタダ

数すくない初演続行組。相手役が同期の同世代三上俊氏から、客演の年下カワイコ(だがキャリア的には実は船戸さんと同じ位なのでまつしんより先輩)な大希君に変わり・・・かっこいいまつしんが見られるかなと楽しみにしていた。
実際かっこよかったんだけど・・・若干、幼い子をあやしてるっぽかったり、若くてかわいい子にきゃぴるおっさんみたく見える瞬間が(笑)!!!
↑わかりやすく説明すると、夏夢初演で、芳樹さんからまつしんが受けてた視線みたいな感じです(笑)。

松本さんは少年少女役がすごく多くて、確かにいつも小公子で清々しくて正統派なんだけど・・・本当は、しっかりしていてブレない頑固さが彼の持ち味だと思う。特に最近は。

見た目細いし可愛いし清冽な芸風なので、タダは基本的には合っていると思うんだけど、松本さんは根本的にすごく強い人なので、タダの足りなさとか、弱さとか、ダメさにちょっと欠ける。

だから、もっと思慮深く色々できそうなのに何かダメな行動に!とタダの行動にびっくりしてしまったり、時々引っ掛かりを感じてしまう時があったのがちょっと無念。

今回アラケンタダが好きなのは、多分この隙とダメさがよかったんだと思う(笑)。
まつしんて隙ないもんな~。


大希君は客演だけどものすごく馴染んでいて、タダのことも無邪気に好きな感じが可愛い。
が、対するまつもとタダが「女の子になったら美人になるだろうな~でも気が強いから大変そうだな~」と妄想爆発している場面は、若干気持ち悪かった(笑)。まあそんなまつしんも可愛いが!!

実は昨年こっそり裏僕を見に行った私としては、メイン相手役(実年齢19歳の男子が相棒役)が若いとすごい勢いでパーフェクト兄さんになるな。と思ってたんだけど、対大希君もかなりお兄ちゃんモードで、もうちょい対等な感じでいいのよタダ!!と心の中で思った。

アラケンよりも松本さんのタダの方が、「フロルって可愛いな。女の子になったらきっともっと可愛いだろうな」と意識している感じがする。大希フロルは単に気の合う相棒として惹かれてるんだけど。

「そんな領主ふっちまいなよ」「ぼくの星にこればいい。一夫一妻だよ」と言われた時のフロルは「違う星だからそんな事言えるけどオレの星じゃそんな事できないから困ってるんだよ」みたいな顔して「はぁぁぁ」とため息をつく。このはぁ。ってため息も可愛い。
それで「ぼくと結婚しなよ」と言われた瞬間に、何言われたか分からない・・・という無表情から、理解して「?????」ってなって、そこで初めてタダをそういう存在として見てみた。考えつきもしなかった!て思っている感じがすっごい可愛かった。
そして意識した途端に、「そうだ。タダの事結構好きかも」と思ってる感じも可愛かった。はぁ。何もかも可愛い(笑)。

ただ、この場面のタダがちょっとフロルを見守り過ぎなんだけど(笑)!!ここはひとつもっとまつしんも可愛ぶってくれ。そんな二人に「くぅかわいい」とか観客が思うのが正しい11人いる!観劇だよ多分。

・・・初演のまつしんて、こんなにフロルを見守り態勢じゃなかった気がするんだけどどうだっけ。
みかしゅん可愛かったけど大人っぽさもあった気がするのでまた関係性が違った気がする。


キリリと強いまつしんタダと、天真爛漫な愛されキャラ大希フロルが、次の続11人いる!でどのような関係性を築くのか、とても楽しみです。

先ほども書いたが、続は結構ラブラブしてるんだけど、タダはフロルの無邪気な甘えっぷりに振り回されるといいなと思います(笑)。そういうまつしん見た事ないから見たい。相手役に激甘なまつしん。楽しみ。



★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

続編だけれどもまったく毛色の異なる「続・11人いる!」。
様々に切なく、また複雑に絡み合った人間関係の中で、フロルの明るさと天真爛漫さはみんなの光となる。
再び、可愛くて元気で明るい、両フロルに会えるのをとてもとても楽しみにしています。

★『11人いる!』を見る。ああ。衣装は改悪されていたよ・・・涙。

スタジオライフ若手公演『11人いる!』を見てきました。


及川健アニキのフロルが超絶可愛かった!!!!!!!!

内藤大希さんのフロルがすごくすごくすごく可愛かった!!!!!!

仲原フォースが初演よりも落ち着いた雰囲気で非常に美しかった。そうだよ。仲原さんて端正で美しいんだよ!!!

ガンガ船戸慎士さんはやっぱりめちゃくちゃかっこよかった!!!!大好き!!!!!


えーと。以上の人しか見た目が素敵ではなかった(号泣)


初演の衣装にさんざん文句をつけていたが・・・これなら初演の方がまだよかった(泣)。
初演が、原作を忠実に再現しすぎたファンシー衣装だったとすると、今回は「文化祭」に見えた・・・涙。

主にヌーと石頭の印象から来るものですが。
初演の特殊メイクもいらなかったけど、今回の中途半端なイメージはもっといらない。

スタジオライフはいつも見た目を気にしないというか、微妙な印象なんだけど、今回は色彩やメイクにインパクトがある分、気になるとぜんっぜん物語に入れなくて、「そのキラキラした緑をなぜ採用・・・」とか「ドルフの赤鼻を視覚的に再現してしまうのはいかがなものか」とか、「チャコの派手派手衣装はどうなのか」とか、いちいち気になってしまい、集中力がそがれた・・・ああ。無念。


タダはとっても素敵だったけど、初演と同じブルーの衣装でよかったんじゃないかな~。
フロルとのバランスもいいし。なぜにブラックでハードな印象に???

アマゾンもあんなに髪盛らなくてよかった気がするんだよな~。

そして王様。
ファンシー衣装で「うわさの姫子カット」だった前回とは一変し、宝塚歌劇団の演目「ベルサイユのばら」で言うと、プロヴァンス伯爵あたりが着てそうなどこぞの大貴族様みたいなキラキラ衣装&くるくる長髪ヅラになっていた。

うーん初演とどっちがいいかと問われると微妙だがすくなくとも髪型は今回の方がまだましかな・・・。
だが続では一体どんな服着るんだ王様。
宇宙空間では多少不可思議でも許されるが、続はものすごく深刻な現実を必死で生き抜く事になるので、見た目で「ああ・・・」てなると辛いのだが!!!


ちなみに初演は、冒頭一生懸命衣装を覚えると、だれが11人目か最初から分かっちゃうシステムだったのだが(笑)、今回は完全宇宙服なので、ヒミツ度がUPしていた。


はあ。
とりあえず、衣装は初演よりももっと残念でした(泣)。

正直、最も地味な衣装であるフォースが最もかっこよかったよ。
周りのおかしな衣装はフロルの可愛さとフォースの端正さを際立たせるためなのか???と思う位にマイナス方向にインパクトのある衣装であった。

何年も前から何回も同じ事を言っていてすまないが、やっぱり、スタジオライフは割と近い年齢層の男子しかいない劇団なので、いっそ全員同じ衣装などの、見た目の変化を極力減らす舞台を一回はつくるべきではないかしら。

あ、私がLILIESを好きなのは囚人設定で衣装が簡素で舞台に集中できるからなのか???
トーマの心臓も基本みんな制服だから見た目が綺麗にそろうしな~。
デイジーも全員制服だからいいのか!

果たして、新しいものと古いものが混在する「続11人いる!」の世界において、今回の謎衣装の数々がどうなるのかはなはだ心配ですが、続では重鎮たちも参戦するし、もっと良き衣装になってくれることを心から祈りたいと思います・・・。

★メッセージありがとうございました!

昨年は全く音信不通になってしまったのですが、今年はがんばります!!
のでどうぞよろしくお願いいたします。

★メールやメッセージをくださるみなさまへ。
・メールアドレスをご連絡いただいた場合は、メールにてご返信いたします。
・その他の場合は、ブログ上でご返信いたします。
今まではイニシャルにさせて頂いていたのですが、被ってしまった際にどなたか不明になるので、今後は直接お名前を出させて頂こうと思います。

もしイニシャルの方がよいよ。ということがあれば、一言添えてくださいませ。


※まあコメント欄つければいいんですが!!
私あまりにも反応が遅いので、気づかずスルーする可能性があり、このようにさせて頂いております・・・すみません・・・。


左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。