閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『LILIES』を見終わったけど色々考える&反動がくる

こんなにまだまだLILIES脳とか言ってるくせに反動がきて、まったく何も残らない作品、ヨーロッパ企画 イエティ「燃えろ!アストロ闘病記」を見に行ってしまった(笑)。
全然闘病していない!!酒井さん好きだ!!骨折兄弟が素敵すぎる!!私が一番好きなのは彼らの最終手段「今から猫の画像をUPする」!!爆笑!!!!

ということで、多分ライフ好きでイエティ見てる人は世の中に3人位しかいないような気もするが(ヨーロッパは好きだけどイエティは私も初めて)、時間もLILIESの半分くらいで終わるし、ただただくだらない戦いを行うキャラ芝居、だが実は結構世の中に対しての皮肉もアリ?な彼らも良かったら見てみてください。
といっても今回は終わっちゃったけど。ヨーロッパ上田さんの緻密でぐだぐだな世界が大好きなんだけど、イエティのただただくだらない、ストーリー自体はないよ~という世界もたまには良いと思います。

しかしライフの素晴らしいところは、こういう作品にも出られちゃいそうな役者陣がいることだよな。
船戸さんとか奥田さんとか全然出られる。でも意外にミッチとかは存在がなんか綺麗っぽくなっちゃいそうなのが微妙だな・・・。
でも若手陣はそう考えるとなんだかんだ綺麗すぎてダメだよな。かっこいいのにどっちもいける人々は貴重だ。


・・・世の中の3人位しか分からない話題ですみません・・・。

ついでにマニアックな話題を。私は「真夜中の弥次さん喜多さん」が大好きで、今年再演された時ももちろん見に行ったのだが。鈴木さん(すーさんの方)がツイッターで見に行ったことを書いてて、こういうザ・小劇場も行くんだ~と意外だった。
そして「クリプトグラム」を見に行った時は劇場前で内藤大希君を見たので、大希くんはこういう作品も好きなんだ~と意外だった。あと大希くんてすごいちっちゃい人イメージがあったが、それは単にライフのでかい人に囲まれただけだった・・・。うん。まつしんも至近距離で見るといつも思ったより大きいなって思うからそれと同じだな。


さていきなりLILIESの話に戻る。

今回のLILIESは若返った気がしたけどよく考えたらシモンヴァリエが若いだけか!と思い、思わず前回までの役者年齢一覧表を作って検証するという謎の行為をしてみた(笑)いや、全員の年齢はしらんけど。

・・・今回は現代シモンビロドーと過去シモンヴァリエの年齢差が出来たことで、なんか若い雰囲気になったのか!ということと、現代シモンビロドーがある程度年齢を重ねた人がやれることで物語に深みが増してよかったなと思った。

なんか今回ビロドー若いな。とか新人多いな。みたいに思ってたけど、初演当時はそもそも人数いないから新人をがんがん入れてたので、2年目で主役とか主要キャストは20代前半とか普通なんだったことを思い出した。

今更だけど、佐野さんて訪問者ヘラ20代前半でやってるんだよな・・・。

「平均年齢」で言えば初演高根組がほぼ全員20代(すっかり忘れてたけど裏キャスで石飛さんが神父さまで入っていて、多分彼が唯一の30代と思われる)で一番若い。
青木さんが今回若手に対して色々おもうところを語っていたが、多分それは自分の経験から来るものなのであろう。初演てまだ6がいなくて(劇団自体には入ってたかもだが舞台に出たのは3か月後なのでLILIES時点では5が一番下)で21位だし。

ここは現代シモンビロドーと過去シモンヴァリエの役者実年齢が横一線でその他キャストはみんなそこから下だったので、やっぱり現代シモンビロドーはなんだかんだ若すぎて数十年間思い続けた感は難しかったけど、とにかく切なさは出た。当たり前だけど地続き感がすごく出たから。
あと、現代シモンビロドーが鶴田船戸コンビという、現実に10代からの時を共有しているアドバンテージが効いてた。

初演の印象はとにかく両チームとも、一番強烈な印象を残す役者の勢いがすなわちチームの印象だったなと思いだす。

高根組は「芳樹ブラックホールに否応なく皆が巻き込まれる話」だった。私には。なんかもう好きとか愛してるとかの問題じゃなくて、芳樹さんと関わったらもう巻き込まれていくのです。運命は決まっている。

私が初めてLILIESと言う作品に接したのは甲斐班なので、高根さんのチームはもう話知ってるんだけど、でも、なんかハムレットみたいに最後全員死ぬ話なのかなとどうしても思いながら見てた。当時。

今思えば林さんの伯爵夫人とかも若かったんだな。

前回の2009年版で全体の年齢がかなりあがって、客演も大人を呼んでたから全体に大人なLILIESだったけど、今回はいい感じに劇団内で上と下を割り振る事ができるようになっていて、劇団を見続けることの楽しみはこういうところにもあるなと思った。

2002年は1チームは40年後でも同じ年齢の役者しかいなかったけど、11年後にはこの時19才役だった人を現代の方に持ってきて、19才役を若い役者に振れる。


あとLILIESは同じ役はあまりやらない傾向があって、思えば初演と同じ役してるの今回は楢原さんと船戸さんだけだと思うんだけど、その前にやった役が今回の役に常にさまざまに影響している感じも好き。

リディは毎回別の人で全部で10人もいるのでリディだらけなんだけど・・・よく考えたら初演シモンヴァリエは高根さん除いてみんな別の時にリディやってるのか!特に芳樹リディはヴァリエやってたことが活きた感じがする。(再演甲斐さん・再々演芳樹さん・今回の曽世さん)新納は前回同時にやってたしなリディ。

そして初演ヴァリエは今回の現代シモンビロドーでもあるので・・・今回の現代シモンビロドー、2組4人がリディなんだよな・・・なんかすごいな。

わりとカンパニーの中で過去ビロドー役が一番若いことが多いんだけど、でもやっぱりここはシモンヴァリエビロドーが無理なく同じ年に見えてほしいので、今回のバランスが一番よかったと思う。どの組も。
が、いい感じな割にビロドーおかしな子度高いのが無念なんだけど(泣)。

そう言えばミッチのユー男爵夫人は貫録あるから忘れてたけど20代でしたねミッチの実年齢。
うーんミッチにはいつかビロドー司教をやってほしい妄想があったんだけど、今回の新演出だとちょっと違うかな・・・。いっそリディをやってほしい。
見たい。

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。