FC2ブログ

閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『ミュージカル コードギアス 反逆のルルーシュ 魔人に捧げるプレリュード』を見る。オギーすぎる舞台。

天守物語も見たのだが、その後表題作品も見たのでこっちから書く。

アニメで大人気の作品で、さまざまなメディアミックスがされているらしい「コードギアス」。
オールメールでミュージカル化され、われらがスタジオライフからは、三上俊さんと堀川剛史さんが客演されています。
ライフ陣がイケメン舞台に次々駆り出されるのでここ数年ですっかりイケメンに詳しくなった私にもおなじみのテニミュっ子とか、なぜか未だ歌い踊る所を見た事がない!DIMOND☆DOGSとか、出演者もライフファンにはおなじみ?です。


が、この作品に対してはライフファンというよりは、「元宝塚歌劇団演出家 荻田浩一ファン」として臨む!!感じで見に行った。彼がイケメンアニメ原作世界をどう演出しているのか見てみたい。と思い。
まったく原作を知らず、出演者もあまりわかってなくて行こうとしていたらば、先に見た友人から「原作と登場人物を頭に入れておいた方がよい」とのアドバイスをもらい、ウィキと公式サイトを一通り読んで臨む。


★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

何ていうかあまりにもオギーすぎる作品でびっくりした・・・。
ザ・オギー界がそこに広がっていたよ・・・。

「なんか、『銀の狼』の回想シーンのみを延々見続けたみたいな舞台だな」と思いました・・・ごめん・・・。←宝塚歌劇団にて初演は涼風真世・麻乃佳世・天海祐希・久世星佳等で上演された正塚晴彦作品。
今更ながら気づいたけど、記憶を失った殺し屋銀の狼が過去の哀しみの記憶を取り戻すまでの物語だから構造がちょっとだけ似てるんだよな。周りの布陣とか。

「螺旋のオルフェみたい(←真琴つばさトップ時代の月組作品。檀れいちゃんのお披露目だったと思う。)」とも思ったが。こちらは荻田浩一氏大劇場デビュー作。

コードギアスがどんな物語なのか全然分かっていないので、舞台を見ただけの印象で語ると、たぶん世界観はオギーに合っていると思うし、イケメン舞台系への偏見から思うにはとにかく歌えて踊れるキャストが多いので、全体としては満足行くんだけど・・・でも・・・正直、話はないよ!!とくに1幕!!という舞台だったので、何かもっと2幕を中心とした、派手で分かりやすい物語を推進することはできなかったのか大いに疑問が残りました。

一体誰向けなのかな~みんな満足できたのかな?て心配。
私はバレエダンサーがこういう現代系の舞台で踊りまくるのを見るのが好きなので、長澤風海さんを初めて生で見られて、その事だけでもすっごく満足したけど!!

最近ダンス見に行ってないんだよな~首藤さんとか久々に見たいな~とか思った。
あと、ダンス&アクトシリーズ復活してほしい~とか!!ああそう言えば真矢みきさんと西島さんが新納さんを見るためにライフの2003年度版トーマを見に来てたんだったよ懐かしい!とか!←ダンスアクトで3人共演してた。

でもD☆Dファンとコードギアスファンは被っていないと思うし、アニメの舞台化と言われてザ・オギーな世界を見たアニメファンは面食らったような気がする・・・。
まあテニミュ的次々ラスボスみたいのが出てきて戦う!がんばるぞ!て世界ではないけど、「アニメの世界を再現しますよ!」という世界を求めている方々には、あまりにも荻田浩一色全開過ぎた気が。私は好きだけど。


1幕は、記憶を失ったルルーシュが、「友達」スザクと「弟」ロロに囲まれてたゆたって終了。
周りの人々は彼が何かを思い出したり回想したりすると周りに現れそして消えていく。

みかしゅんは最後まで台詞ないのかと思った位であった。
登場人物の心象風景が不安定で切ない音楽とダンスで流れるようにさらさらと表現されていく。暗くて儚くて美しい。

が、本当に心象風景だから、正直1幕は全登場人物が誰とも会話してないのでは??という感じであった。みんなモノローグしかしない。客席にしか話しかけてこない。

しかし、2幕になるとルルーシュがこんな状態になってしまったきっかけとなったブラックなんとか(リベリオンみたいな感じだったと思うけど正確ではないごめん。)の回想が始まり、やっと物語が盛り上がるのであった。

そして1幕ではルルーシュの哀しみと罪の象徴なのかなという雰囲気でたゆたっているだけだったみかしゅんが思いっきりヒロインであった。

そしてブラックなんとかは多くの人々の人生を狂わせ悲劇的な結果を生みそしてルルーシュの現在に戻り「これはプレリュードに過ぎない」とぜんっぜん話が終わっていない所でいきなり全員決めポージングし物語は幕を閉じるのであった。完。

待て~我々はどうしたら?????

等と観客が思っていると、フィナーレナンバー的なものが始まり、皆がさわやかに歌い踊り、やっと踊る森さんにときめいたり、TAKAの歌やっと聴けてうれしい!と喜んでいるうちに舞台は終わってしまうのであった。


そもそも原作はいったいどんな世界観でどれだけ長い物語で、そして今回、どうもアニメの1期と2期の間を埋めたオリジナル?らしいので、どの部分がオリジナルなんだろう??がとっても気になった。

1幕は心象風景に寄りすぎてはいるものの、全体にすごく宝塚みたいだったから。
三上さんは完全に宝塚娘役トップみたいな役で、主人公は傷と罪を抱えてさまよい、そして彼の親友は彼を深く愛しているんだろうけど同時にどうしようもなく憎んでもいる。
主人公が老若男女周り全員に愛されすぎで、ユフィみたいなザ・娘トップ!みたいな子も居ればカレンみたいな戦士もいるみたいな女の子たちのバラエティに富んだ布陣もヅカっぽい。

そして舞台のつくりも、ミュージカルというか宝塚のショーっぽかった。
ゼロ役の長澤さんが踊りまくり彼の心情を表していることも。あと単純にセットとか、不安定な気持ちになる難しそうな曲の数々も、人々が舞台上を交差しまくることも、とってもヅカ時代のオギー。
変にアニメっぽくならなかった衣装も私はすごく好き。
あの世界でものすごい髪の色の人とか出てこなくてよかった。
最後のフィナーレナンバーは完全にバウ公演におけるフィナーレみたいだったし。今までの内容はいったん忘れて、最後にステキナンバーをお送りします!という。


★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

ただ、オギーはやっぱり人の配置がすごくうまいと思ったのでそこは素晴らしいと思う。
歌える人が歌い、踊れる人が踊り、アニメ声の子と見た目可愛い子に女性役を振り、はったりが効く人々(みかちゃんとか東山さんとか)を目立つ位置に配置し。
D☆D内の役振りも、いい所にいい人振ったな~と思った。

色々???となりつつも、オギー好きな私としては、久々にザ・オギーを見られたのでけっこう満足。
・・・が、やっぱり色々な事がもったいないが!!
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。