閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の思い出に浸りつつ白夜行を考える。

今回は(いつシリーズ化に??)『死の泉』の思い出に浸ります。

何度か言っているが、私は単純に一番好きなライフの舞台は何?と言われると、多分初演の「死の泉」なんだと思う。
何かライフの舞台はその他余計な要素をめいっぱい持って(自分がね)見ているので、あんまり自分でも確信は持てないながら。

で、何で初演の方が好きかと言えば、一言で言えば『マルガレーテがフランツと恋愛してるから』。

色々と言ってるけど、やっぱり最終的にはここなんだと思う。

再演は残念ながらフランツと恋愛してくれないので、結果的に色々と見え方が変わっている。
一番大きいのは、フランツにとってのクラウスの位置がすごく違うこと。
再演だとかなりストレートに父親的存在であり、自分の庇護者であると同時に圧倒的な支配者である彼に対する愛憎がものすごく前面に出てる印象を受けてた。
あとこれによってエーリヒの位置もクラウスに呪縛された人としての対エーリヒへの愛情が強く出てたような気がする。

でも、初演は自分の父親的存在であると同時に、マルガレーテをめぐるライバルでもあるので、その事での複雑な感情が渦巻きまくっていて、そこがすごい好きだったんだよう。

だからラストの両方に向かってのキメ台詞がどちらもすごいぐっときたし。


自己紹介の「好きな場面」に初演1幕ラストを上げているけど、この時のマルガレーテ(瀧澤陽さん)とちびフランツ(楢原さん)の間に流れる空気が本当に好きで、こういう一般的に「これは女の子ならではだよね」って思われる感情をすごいさらっと普通に演じきった瀧澤さんはやっぱり偉大(笑)だったと今でも思う。

・・・あー長すぎて白夜行に話行きませんね・・・。
とりあえず今日は前半ということで終わる事にします・・・ごめん・・・。

明日は「岩崎グレーテは私の中では清々しすぎて納得しがたかったんだけど、でも実はそのまま雪穂ならすごいいいと思う」って話に続きます・・・。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。