FC2ブログ

閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『THREE MEN IN A BOAT + ワン』を見る。気遣いさんで変な緒方ジェイが好きだ。

先週、スタジオライフ久々?のジアザーライフ、THREE MEN IN A BOAT + ワンを見てきました。

行く前は黒執事ブーム?から何故か往年の少女漫画ブームが起きていたので(笑)、あまりスリーメンモードではなかったのだが。

行ったらすっごく楽しかった♪テンションUP!!!
既にご覧になった友人より、見やすい場所を教えていただけたのも良かった。
ベストポジションで楽しめました。ありがとう友よ。

今回は初演以来の普通のロンドン紳士たち。
前回は、謎の江戸版と、謎のロンドンおねえ版だったので、何かものすごく久しぶりに初演を思い出しました。

最初に見たのは船戸ハリスチーム。

以下、微妙にネタバレするのでこれからご覧になる方はスルーで。




別チームの皆さまが席案内をしてくださっていたのだが、私は遠くから見てただけでさくっと席取り。

深山さんの可愛さに驚愕。
いや勿論年齢は重ねてるんだけど、基本この人は本当フェアリーだわ・・・。
舞台だけじゃなくて普段も普通に可愛いです今も。
友人と「何故深山さんはフェアリーなのか」について検討する。
「肩幅が狭いからじゃない?」と一応結論(笑)。

モンモちゃんがうろうろしていて可愛い♪
ジェイ緒方さんが積極的に客席とお話中。ちょっとうらやましい・・・。

そして客席に山崎さんがいる!!!!!おお~。
と思っていたら林さんも来た。
と思っていたら松本さんも来た。

とっても客席が豪華であった。


そして隅っこに座っていたまつしんは、当然のように船戸ハリスにすーっと近づかれてジェニファーをさせられていた。
そのものすごく静かな指名っぷりが何かつぼにはまりました船戸さん(笑)。隣にすーっと立ちジェニファー袋を押し付けていた(笑)。普通「ハイあなた!」みたいな感じにお願いすると思うのだが。

まつしん、ブリブリエプロン&カチューシャをさせられても何か普通に似合ってるんですが!!

船戸ハリスは可愛い可愛い連呼していた。
緒方ジェイは素で「女の子かと思った・・・」と呟いていた・・・(笑)。

松本さんは「・・・今日は客で来たのに・・・」とか言いつつもノリノリでかわいこぶってくれた。ありがとうまつしん!!(笑)。
しかし彼は基本的に結構ゲラですよね。笑いたいときはくるりと後ろを向くのが基本?みたいで、ジェニファーでもやっぱり後ろ向いて爆笑してた。


そして、今回はどっちのチームも何とモンモがしゃべる!!!びっくり。
神野モンモが促されて注文したので「モンモしゃべるんだ!!」と驚いてたらジェニファー松本さんが「しゃべるの??」って聞いてた・・・。

この時の「ジェニファー役の人への最後の台詞のきっかけ」のハリスのポージングが大体いつも変なんだけど(笑)、船戸さんのもかなり変だった・・・何って言われても困るんだけど、何となく白夜行の部長を何故か思い出す。
これ船戸さんを見慣れてる(笑)まつしんだから普通に最後の台詞言っていたけど、普通の観客の場合笑うと思う・・・(笑)。

先日まで黒執事ブームが続いていた私にはタイムリーだったよまつしん!!
いい日に見に来た!!

でも、まつしんがジェニファー可愛いのは分かってるから、もう女役やってくれない山崎ジェニファーをより見たかったよ(笑)!!
または毒舌林ジェニファーとかね。


さて今回のスリーメン。
基本的に過去どの組も「ロンドンの紳士」じゃない方向に突っ走るんだけど(笑)、でも、基本的に初期設定を基に客入れ時から振舞っていた緒方さんにさっくりはまりましたよ。

前から好きだったけど、何かますます好きになったさ。

スリーメンは役者のキャラクターで毎回関係が変わるんだけど、今回は役者と役が比較的一致していたようで、どちらのチームも、天然どっか行っちゃうフリーダムジョージと、お茶目に好き勝手に暴走するハリス、そして全体をまとめるジェイ、な3人。

緒方さんのジェイは、客いじりも上手いし最後までフォローするし、気遣いが素晴らしい。
一緒に来た人かどうかでチーム分け気にする人初めて見たよ。細やかな気遣いにびっくりだよ。

そして何よりも何か変なところが好きです(笑)。
楽器演奏指導、始まった瞬間に2002年の江戸版、倉本さんの楽器指導を唐突に思い出したのだが(笑)、多分緒方ジェイのも数年後突然思い出すと思う。

私篠田ジョージチームだったのに全く篠田さんのも船戸ハリスのも覚えてなく、緒方ジェイの姿だけが鮮烈に残ってます・・・。
唐突な「変態多いですよね」発言から(笑)。
「変態がいたらどうしますか?」という謎の観客への質問、そして答えが返ってきたら「惜しい!」とか言ってる所。
そして楽器演奏内容=「キャー!変態!キャー!やめて!」で叩いてください♪ととっても楽しそうに言ってた所・・・。

ちなみに倉本さんのは「ととちゃとかかちゃがいちゃいちゃん~ちゃ」の「ちゃ」で叩け、というものでした。
こんな事を8年近く経って思い出した自分もどうかと思うが、多分思い出すよ。変態も(笑)。

緒方さんは最初からどこか飄々とした感じが好きだったんだけど、ジェイはきっちり進行、観客への気遣いを忘れない、でも、どこかとぼけた所が何かダメ紳士っぽくていいなと思った。

しかし何で景色にピンクレディー??何故に緒方さんがピンクレディーのウォンテッドを知ってるのか??世代が違うはずだ~。だがずーっとウォンテッド指名をした方々にウォンテッドウォンテッド最後まで言っていた(笑)。
ロックに選んだ男性には「好きです!!」を連呼してたし、何かが色々すっとぼけたジェイでよかった♪


船戸さんのハリスは、力技で色々と振り切る、ランボー好きな人で、初演の浦さんを思い出しました。
全てが最後はプロレスに通じていた浦ハリス。すごいいい声で「とうっ」とか言ってたのが忘れられないのだが、船戸さんの酔拳とかに何か通じるものを感じた(笑)。

山崎さんが居たから、じゃんけんする時に突然「僕のプライベートだ。君には関係ない」と言いだし、しかも何度か繰り返し、「先輩に怒られる」とツッコミ入れられていた(笑)。
何故ここでユリスモール??しかも何故にこの台詞をこの場面で??その謎のキメポージングは何だ??

全体に唐突で謎な行動の多いハリスがとっても船戸さんらしくて好き。

篠田ジョージは冒頭の病気自慢、素で真逆なこと言いましたね?←内容忘れちゃったんだけど!痛恨(泣)。
えーとフォローしてたのどっちだったかな?ハリスかジェイが無理矢理まとめてたんだけど。
ジョージはぽよ?って顔してたので多分素で間違えたのかな~と思ったんだけど。

全体にテンションは高いが基本天然さんやな~という感じのジョージで、癒された(笑)。


モンモランシー神野さんは缶づめ空けようとする場面であひるをぷーって鳴らす所が哀愁漂っていて好き(笑)。可愛い。
ジェイが飼ってるとずっと思ってたんだけど、FC会報の鼎談を見ると特に決まってないらしいのだが・・・でも、今回たまたまどっちのチームもジェイとワンが同期なので、やっぱりジェイが飼い主に見えた。
ジェイと一番じゃれ合ってる。

ラブリーぷってたら「オマエはあっちの犬とは違うんだ!」とツッコミ入れられてたのが面白かった(笑)。←あっちの犬=みかしゅんワン。

しかし、今までのワンと比べてスリーメンがあまり構っていなくない?
モンモちゃんの存在感がちょっとなかった気がするんだけど。

一言だけ発するのも含めて、より動きが人間に近くなった気がする。
冒頭タバコ吸ってたり(笑)。


最後まで色々と楽しめました。
もっとだれるかな~と思っていたんだけど、確かに遅刻者は一人でいいと思うとか、楽器演奏はもっと適当でいいよとかあるんだけど、とっても楽しかった。


しかし。こんなにあちこちのディティールは覚えてるのに、肝心の無人島部分を全然覚えていないのであった・・・。
何だろうもう変態しか覚えてないや(笑)。

おねえスリーメンのミッチ茶室な家とかは鮮明に覚えてるのに~。

えーと・・・ああ。ファイトーっいっぱーっつっ!!な所しか思い出せない(笑)。
しかしトータルで楽しめたのでよしとします。

・・・すごい長くなった・・・。
フェアリー深山さんとフリーダム冨士さん、スイート関戸さんとラブリー三上ワンの感想もまた書きます・・・。




スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。