閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★パンジー・メイズを見る。お兄さんたち。

多分今回で最終回です。スタジオライフ若手公演。パンジー・メイズのぐーたら感想。

・各役者陣。お兄さんたち

・バレー部コーチ 仲原裕之さん
盲腸で途中から復帰というアクシデントがあったとは思えない元気な姿でよかった♪

何かえーと昔の高橋留美子のマンガに出てくる「厭味な位さわやかな男」=登場するたび歯がキラっと光る=みたいな素晴らしすぎるコーチだった。
白がまぶしい。似合う。ステキ。

毎日変わるマコちゃんへの対応も大変だったと思われます・・・(笑)。

そして実はさわやかキラキラではない事が分かるラスト。
突然踊りだすのはどうなのさとか色々思う所はあるが、何て酷い男なんだコーチ。でも今回は仲原さんの健康的な所がかえって変に生々しくならずによかったかな~と思う。

湿度高めな役者さんがあの「君を卒業させてあげよう」(だったっけ?)台詞を言ったらもっと気持ち悪いと思うので(笑)。何か台詞としてどうなのさその言い方は!!!!とか心の中で激しくツッコミ入れてたんだけど、プレイボーイなコーチとしては普通なのかなあ・・・。

さらにそんな過去をさくりと忘れている所も酷い男だコーチ。←といっても幸子脳内コーチだけど。
この辺で後々LILIESに倉田さんが惹かれるであろう色々をチラリと思ったが考えすぎかな・・・。←過去の罪と現在を生きる事について。

仲原さんはさわやかだけど結構ばっさりな所があるので、薄情すぎるコーチにとても合ってた。

あとやたら人が死ぬ率高いライフの役者だけあり、死に方上手かったと思う。


・課長と壁6 倉本徹さん

課長はものすごく居そう!ただし再演の頃まで限定だけど。
多分今の時代だと役職定年等にひっかかり、平に逆戻りしてそうな気がする・・・。またはリストラで別会社に。とか。
そんなさえないがちゃっかり職場の部下と不倫してそうなリアル感が素晴らしい。
そうなんだよ何故かこういう人に限って不倫するんだよ。みたいなね。

幸子のインナーワールドは、WHITEとは違って現実とは基本的にリンクしていない中で、どうでもいっかーさんだけは課長の姿をして現われる事にどの位意味があるんだろう。

倉本さんは普段あまりリアルな役が意外と無いと思うんだけど、今回は男性のズルさ担当みたいな所があって、それは幸子ワールドの中のドウデモイッカーにおいてもそのままで、それがすごく印象的だった。

あとは宴会中の歌が妙に印象に残ってます・・・(笑)。


・大沼さんと石飛さん
まず、大沼さんの現実パートの役が「重役」である事をパンフを見て初めて知った・・・。

今回の最大の謎は、この石飛・亮吉コンビ。
二人が出てくる場面は基本観念的かつ前衛的かつどう幸子とリンクするのか分かり辛く、ものすごく置いていかれました・・・。言わんとしていることは理解できたように思うんだけど。

何故にいきなりムチ?とか、石飛門番が語る罪は亮吉氏とどうつながり、そして幸子と門番は同じ人なんだと思うんだけど門番の語りと幸子は完全に重なる訳ではないのでどう受け止めていいのか、さらに前に書いたが亮吉氏泣いてるし、いきなりバシバシムチ打ちまくりだし、何か気が済んで腐った水飲むし鯉食べるし・・・。

そして現実パートに戻って来て、課長の家に行くのを断る幸子。

そしてセットチェンジでばばーんと晴れやかな石飛さん登場。ワールドの仲間たちも登場。
しかしそこには亮吉氏はいない。

・・・えーと、一体どう見たらいいのか・・・。と思っている内に終わってしまった・・・。え??終わり??


亮吉さんの涙のわけは何だろう。←友人解説により納得。そこの象徴なのか!

そして石飛さんのやさぐれっぷりと自責の念をどう見たらいいんだろう。

この二人はとにかくいろんな事が分からなさ過ぎて、色々呆然として終わってしまった・・・無念。


☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆

今回は、見ていてちょっとブギトゥのラストを思い出した。
今までの話の展開からは唐突に思える全体ひっくり返しに「は???」と呆然としている間に終了・・・。みたいな。

冒頭の現実パートにひっかかりつつも、途中の役者陣奮闘は楽しみつつ、幸子が心のよりどころにしていたコーチとの思い出に訣別した所まではついていけていたのだが、その後の突然の門番&紳士クローズアップ&幸子とリンクに「は???」と呆然としている間に終了・・・。

あと単に私は「痛い」のが嫌いなので(笑)、唐突な鞭打ちにものすごく引いてしまい、言いたい事は分かるけど見たものを感情が拒否したのもダメだったんだと思う(泣)。

うーんここ数年、ライフの年末ラスト公演ではいつも釈然としない思いを抱えて終了する事になっているので(泣)、今年はすっきりと終われるような演目がくるといいなあ・・・。



スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。