FC2ブログ

閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★パンジー・メイズを見る。各役者陣。

昨年末のスタジオライフ若手公演「パンジー・メイズ」感想さらに続き。

各役者陣。

・関戸さんの吉田幸子
うーん今回は役と関戸さんのよさがあまり合っていなかったように感じる。
彼は普通の女の子を、意外と生々しく嫌な所も含めてナチュラルに表現できるというライフ的に素晴らしい美点を持っていると思う。

が、今回はそれが仇となった気が。1995年(でも実際はバブリー87年ごろ)の30才女子の心の迷宮を辿る旅、な今回、時代も、内面を探るのも、彼のナチュラルさがマイナスした感じがする。
関戸さんの幸子がナチュラルでリアルであればあるほど、時代との乖離やらインナーワールドの不自然さが目に付いてしまいました・・・。

セッキーはオールマイティだと思ってたけど、実際に範囲は広いと思うけど、でも、確実にここはちょっと微妙な領域、というのはあるのかも・・・と思った。

WHITEは合っていたからオリジナルに合ってない訳じゃないと思うし、白夜行も合っていたから微妙な時代設定がダメという訳でもなくて、作品との相性なのかな・・・。

幸子は結構ポエマーなモノローグが多いので、相手とのコミュニケーションで人物像を立ち上げるタイプの関戸さんにはちょっと合わなかったのもあるかもしれない。

バレー部員ユミは可愛かった♪船戸さんに翻弄されたけど(笑)
あの髪型可愛い。


・青木さんの吉田幸子
青木さんはものすごく作りこんだ幸子なので、こちらの方が私としては見やすかった。
あの服装も、1995年時点であの服の趣味はどうだろうと思ったんだけど、青木さんだと納得。
こういう服を着る子なんだ、と思う。素直に。

ちょっと時代の流れにうまく乗っていけない真面目な子で、同期の道子がめちゃくちゃバブリー戦闘服なのに対してちょっとダサ・・・いや大人しめな服の趣味なんだなと。
真面目にやってきたけど気が付けばお局だし恋愛もうまくいかないし何か課長につかまっちゃってるし・・・な。

吉田さんの道子との素晴らしき女子同期感はこの二人ならではだと思った(笑)。
セッキーと吉田さんは普通に気心の知れた同期なんだけど、青木さんと吉田さんは「女子の」同期感がめっちゃあるのが素晴らしかったです(笑)。

インナーワールドに入ってからは青木さんの独特の非現実感、浮遊感と、ふわりと色々なものを包み込む持ち味が生かされて不思議の国のアリス&オズの魔法使いっぽい話の中で、どこにもいない少女感と、そしてラストの大人女子としての苦い思いがどちらも似合うのがいいと思った。

あと、青木さんの方が鞭打ちものすごい音がします。
ユリスモールの後はサイフリートもやろう!青木さん!と思った。

ユミちゃんはフリーダムすぎる船戸さんに一番ノリノリでついて行ってた気がする(笑)。
そしてやっぱり二人とも、幸子の時よりユミの方が可愛いです。何でだ。幸子のキャラは可愛くちゃダメなのか??


・オール女子役な吉田さんと原田さん。
TAMAGOYAKIの時、「私可愛い!」が大前提でやる気満々だった原田さんに感銘をうけた(笑)ので、今回は絶対女子役で見たいと思ってた。

・・・今回、オール女子役だったのは吉田さんと原田さんだけでした。期待に違わぬ素晴らしきやる気満々女子だった。大好きです。

何だろうあの「私可愛い!」前提は。これはなかなかやろうとして得られる者ではないと思うので、例えば死の泉のブリギッテとかで見てみたいです。

いかにも新人で若くて可愛いのを売りにしてま~すな真理ちゃんも、これでもか!な小人1もどちらもよかった。

吉田さんの小人2とのやりすぎ小人チームは若干ドラキュラの魔女入っていたと思うので、次のドラキュラ再演時は魔女やりましょう。その内マクベスとかやるかもしれないから、その時も魔女やりましょう。←ちなみにロミジュリ見て以来船戸&林夫婦にマクベス夫妻をやってほしい願望が。船戸さんは夏夢見て、マツシンとオセローやってほしいな~という希望もあるんだけど。イアーゴーは林さんとか意外とそぜっち辺りで。イアーゴー妻は吉田さんがいいな。

あの絡みつくような女子度マックス吉田隆太と並んで引けをとらなかった迫力は偉い。

吉田さんは本当にどうしていいのか分からない位なんであんなに女子なんでしょう。
道子さんは時代にちゃんと乗ってる子で、でも理想が高くて選んでるウチに今期を逃したと見た。ちょっと大人しくて控えめで危うい同期幸子を心配して見守ってるしいい子だわ。

結婚相談所のやり取りとか、ラスト、現実に戻ってきた時に幸子にさらりと見せる思いやりとか、普通にいるよこういう女の子、と思う。
あとラストは、インナーワールド山場でかなりビターかつ前衛的かつ観念的な世界が展開されかなり呆然としていた私にとって、一気に吉田さんの道子によって現実世界に戻してもらえた。空気一変。

とにかく女子が上手すぎる、時代も年齢も国籍も現実もファンタジーもSFも何でもOKな吉田さんが、次回、ベスト布陣を組んでいる夫高根研一息子アラケン大学同級生(だったよね?)船戸慎士相手にどんなヘラを見せてくれるのかものすごく楽しみになった。多分吉田さんのよさが一番出る役だと思う。相手役もいいと思う。


・壁1の冨士さん
神野さんはがんばってたんだけど、最初なんて言ってるのか分からなくて役名ずーっと謎だったのだが「よいしょいっきのみ」なのね。

今回の冨士さんには敢闘賞をあげたい。←偉そう。
ものすごく動きまくり一人ハイテンションで、しかも最初に登場するから最後までこのテンションを維持しないとダメだしでもがんばった!
幸子にすごく優しいな~と言うところも好き。

そして冨士さんの歌唱力を無駄遣いしてるのもいい(笑)。いや、普通にアカペラで歌うと、改めて「いい声だわ」と気づく。

冨士さんのふわっと柔らかな持ち味が今の所若手公演や新人公演でしか生かされていない気がしてもったいないと思っていたけど、次回はヘルベルトなのでものすごく楽しみです。

あと結構ゲラだという事が判明。バレー部キャプテンの時、船戸さんに素で笑っていてついには大先輩?なはずの彼に普通にケリを入れていた・・・(笑)。


・壁3と5の石井さんと緒方さん。
緒方さんはこういう役を演じると、WHITEで一言だけあった謎のアニメ声寄りになる事が判明(笑)。

緒方さんの常に丁寧語しゃべりと中途半端な英語交じりと「ブラザー」って石井さんへの呼びかけは萌えです(笑)。何か可愛い。何って言われても困るけど。
アリとキリギリスの話してる時の妄想一家全滅の話の時の話し方が何か好き。

緒方さんは何をやっても「何か好き」としか言えず困る(笑)。何でしょうあの現実パートの社員等で見せる何故かいつも上から目線ぽい所から、可愛い役を演じてる感が「何かとにかくよく分からないけど好き」につながるのか・・・。

とにかく緒方さんは、後から作品を振り返ったときに「あの表情」とか「あの台詞」とか思い出せるインパクトがある所が好き。

今回は緒方さんからパンフを買ったのだが、何か一言位感想を言いたかったが言えなかった。無念。だが大変さわやかで好感度UP♪

石井さんは、見ながらWHITEを思い出して、すごく立派になったな~と親のような事を思った。
坊は「坊を演じている状態」「気合が入るあまり段々坊というキャラクターから外れて行くが一応演じている状態」「素としか思えない目が泳いでいる状態」のどれかだったから(笑)。

しかし初演の空気濃厚なバブリー役でちょっと気の毒な所も。
当時この役はどういう位置づけだったんだろう・・・。
今見ると彼の台詞は夙川アトム的な感覚になっちゃうんだけど。何かアホの子だな~みたいな。
「ギョーカイ」と現実パートの「プッツン」は同じ位歴史的な台詞だと思うんだけど。

当時は普通に「真面目だが融通が聞かないズバリゴン」と「軽いが本当は真剣さを秘めるホンネザウルス」っていう感じに見えてたのかな。


・壁2の堀川剛史さん。
今書いてて思ったのだがポーカーフェイスマンは壁4じゃないんだ・・・。

一人何度も名乗るかなり・・・今見ると正直恥ずかしい・・・気もする・・・役なんだけどでもそれなのに素敵でした堀川さん。
彼は大人な空気感と、WHITEの時も思ったんだけど、周りのお約束をバシッとぶった切る冷静さというかファンタジー世界なのに普通の空気感を持って登場できるのがいいと思う。

今回も一人冷静にこの世界を幸子にバラすし、でも心配していて来て欲しい所にさくっと登場するし、いい事言うし。
ライフ大人男子の次の世代として堀川さんにはぜひ頑張って欲しいです。


・壁4の神野明人さん。
OLめぐみちゃんは空気が読めるのか読めないのか全然わからない子だが取りあえず神野さんはいい子で可愛かった。
しかし「若いですから」とか言っちゃダメだよめぐみ!

タイムショッカーはアリスのウサギ役だと思われるが、とにかく可愛かった。神野さんは見た目に反して大人なのが似合うと思っていたのでとても意外。可愛いのも似合うんだ。

あと、幸子と途中追いかけっこしている時にぴょんぴょん壁を乗り越えてる所が可愛かった。
ピーしか言えないのもラブリー。

しかし「○○を連れて」が早口すぎて何て言ってるのか4人目位でようやく分かったので、もうちょっとゆっくり言ってくれるとよかったな~。

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。