FC2ブログ

閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『十二夜』を見る。意外に台詞劇なんだなと認識を新たにする。

スタジオライフ本公演 十二夜感想続き。見たのは10月31日なので結構前です・・・すまぬ。

・先日も書いたが、夏の夜の夢に比べて本当に台詞劇なんだなと思った。
シェイクスピアを見るたび思うのだが、別カンパニーを見まくって比較したい・・・。
十二夜を見るのは初めてなのだが、これはものすごく年齢に幅のある人々で見たい劇な気がした。

ヴァイオラは可愛い子で見たいけど、マルヴォーリオとかフェステとかは重鎮系で見たい。見た目が。
やっぱり岳大さんとかだと若すぎる気が。

・思っていたよりもヴァイオラがばーんと主役!ではなくて、皆が活躍してたのはうれしい♪
・セバスチャンとアントーニオはもっと全然出てこなくて寂しい感じを予想していたので、二人ともインパクトがあったしどの役も皆愛すべき人々でよかった。

・オリジナル曲になった事は功罪どっちもあるな~と思う。
確実によかったことは、キーが合うことで皆歌上手く聞こえたこと。あと実際上手くなってると思うこと。

しかし、あまりにもぴったりのタイミングでぴったりの曲が入ると、「音楽劇」ではなく普通に「ミュージカル」な雰囲気になり、そうすると見ている側もそれなりの技術力を期待しちゃうし・・・難しい・・・。

多少違和感がある位に強引に歌が入った方が、「役者が歌います」という点を受け入れやすい気がする。←私は個人的にそうなんだけど、世の中的にはどうなんでしょう?

今回も、原曲のある岳大さんの歌とかが強烈にインパクトあって(笑)、後はいい曲だけどライフお得意の「いい音楽で何となくいい感じに」うやむやにまとめました。的な部分もあったと思うし。

・夏夢の時、初演は「???」と思う所はあったが(ヒポリタ絡みが最後までシリアスである事を最初に主張してくれないのでどこに着地するのか見ていて迷った)、主張したい点や、観客に見せたい点は明確だったと思うのですごく楽しめた。

が、今回はロミジュリ程謎ではないんだけど、『スタジオライフでやる十二夜』の軸がよく分からなくて、うーんもう一声。と思ってしまいました・・・。
夏夢が好きだからかな~。

夏夢は、男性が女性を演じている事でのプラスと、女性演出家である事のプラスがすごく感じられる作品だったんだけど、今回の十二夜は正直そこが分からなかった・・・。

最近のライフには珍しく!(←失礼)チラシがすごく可愛くて内容とも合っていると思って期待しすぎたかな・・・。

・全体としては楽しめたんだけど、何かもうちょっと「ライフ版はコレ!」があるとよかった・・・。

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。