閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★孤児のミューズたち。 ピックアップ岩崎さん。

スタジオライフという劇団を見るにあたって、私はかなり特殊な見方をしているんだな~と、今回の「孤児のミューズたち」を見て改めて思った。

世間的には一応「イケメン劇団」的?ウリなんだと思うんだけど、私はいつも見た目の印象が見事に残らないんですよ・・・。

何て言うのか・・・ライフの舞台において、今目に見えているビジュアルは基本的に「心象風景」というか「イメージ映像」みたいに理解している。
だから、女性の服着て出てきたら「あ、この人は女役なんだな」と理解する。その人が綺麗とか可愛いとかはミカシュンとか見たらもちろん思うんだけど、その「外見」に対しての印象は最初のインパクトだけで終了していて、あとはその役トータルのイメージで「何となく可愛かった」とかの印象のみが残り、外見そのものに関しては全く覚えていない。


そんなわけで、何か今回、今さらなんだけど「岩崎さんて、綺麗な人なんだ・・・」とびっくりした(笑)。いや毎回そう言ってるけどさ~忘れちゃうんだもん毎回(笑)。

↑この辺の毎回忘れっぷりとしては、ミュージカル『レ・ミゼラブル』において、アンジョラストに涙した後くるりとセットが半回転すると、そこには誰もいなくなっている事に毎回びっくりする(何度も見てるのに!)のと同じ位ダメな記憶力・・・。


岩崎さんて不思議な役者さんだな~と改めて思った。
彼にとっては性別とか年齢とかナニ人とかそういう「枠」は演じるにあたってあまり重要ではない要素なんだろうなと。
実年齢の役をやってこれほど実年齢に見えない人もすごい・・・。
いやライフの役者陣は基本的にみんなそういう傾向があるけど。

今回のダブル、オノケンが、美しい外見を持ちつつそれを観客に意識させない人で、明確に「30才の男性」で、「でも色々な事があって30才にしては幼い部分も持っている」人で、「リュック」と「ママになっているリュック」に明確な違いが見られる人で・・・どちらも「綺麗でかっこいいさわやかお兄ちゃん」な共通項がありつつ、出てくるものは真逆だったから、余計に二人の違いが際立って印象的だった。


ママをそわそわしながら待っている場面の岩崎リュックがすごく印象に残っているんだけど、本当に10才の子どもにしか見えなかった。

一番最初に彼の舞台を見た時に一番印象に残っていたのは、ある意味傲慢すれすれの「無防備さ」だったんだけど、それは今も変わらないんだな~と思った。
岩崎さんはそれが何才の役とか関係なく、結構びっくりする場面でふいにものすごく無防備になる時があるんだけど、今回はこのラストに向かって行く場面がすごく印象的だった。


うーん何言ってるかよくわからない感想続きますね孤児のミューズたち。すまぬ。
何かジアザーは自分の中で取り留めなく色々な事がわらわら浮かんでくるのでまとまらないッス。ごめん。


そんな孤児のミューズたちも明日でラスト。
やっぱりもう一回見たかったな~とちょっと未練もあるけど、両チーム無事に見られたから良かった事にする。

でもきっと再演あるよね?再演あったら今度はもう少し落ち着いて、それぞれの人をガン見したいと思います。同じメンバー+舟見さんリベンジを見たいけど、ミッチが参戦する枠があるのなら・・・女装の違和感アップのためリュックでお願いします(笑)。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。