閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2011年08月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★リアルシンデレラストーリー まだ見てないのだが。

既に始まっていますね。スタジオライフ若手公演 リアルシンデレラストーリー。

私が見に行くのはもう少し先なので、あまり情報を入手しないようにしてるけど、どんな話かな~。

しかし物語の内容よりも、先週までのあまりの暑さに「真夏のウエストエンドで私は果たして生還できるのか?」大変気になっていたが、週末からちょっと涼しくなったからこのまま涼しいといいな・・・。

前も言ったが、スタジオライフ好きなくせにウエストエンドが苦手。
あまりの詰め込まれっぷりに身動きできず死にそうになった3時間・・・という一度のトラウマにより、その後そんなに恐ろしい状況には一度もはまっていないにも関わらず、正直、ウエストエンド演目はちょっと気持ちが沈んでしまうのです・・・。
がんばれ自分!!!とすごい自分を励ましてから見る(笑)。


リアルシンデレラストーリーに関して、前回の公演を見ている友人に「どんな話だった?」と聞いてみた所「覚えてない」と言われました・・・。

この作品は、スタジオライフが男性劇団になってから、多分唯一の女優さんの客演があった作品なんですよね。

あ!これがそうなのか!!
以前友人から昔のパンフとか見せて頂いた時に、ライフも女優さん呼ぶんだ~と思った事があって印象的だったのだが、それがこのリアルシンデレラストーリーだとは覚えていなかったよ・・・。

女優さんを客演で呼びたくなっちゃう位に「これぞ女子!」な役なんだろうかこの話。
色々気になります・・・。

うーん時代が似ている?パンジー・メイズが私本当にダメだったので(泣)、この作品も苦手かもしれないな~とちょっと怖れている所があるのだが。
倉田さんのオリジナルは「演劇の流行」としての「時代」を感じても全然OKなんだけど、「当時の時代の空気」が物語の中に当たり前のように流れる事が多分苦手なんだろうなと思う。
WHITEとかTAMAGOYAKIみたいに、時代を超越した、初演時で既に「懐かしい」雰囲気を持つような作品だと良いのだが。
↑パンジーメイズは、不況の今バブリーな時代を感じさせられる色々にいちいちイラっとしたの(笑)!!
あと細かな設定に色々疑問が生まれたり。何でバレー部外で練習してるんだろ??とかね。

そんなちょっと後ろ向きな私の予想が外れて、すごく面白かった!と言える作品である事をめちゃめちゃ祈る。


☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆

ところで先日、みかしゅんと、ミッチと同じ誕生日&血液型の鈴木拡樹さんの話題を書いたのだが、そもそもミッチ自体を見た事が無い方がたくさんいらっしゃるので、こんなに可愛くて華奢な現代人と占い一緒の衝撃!がさっぱり伝わらないのであった・・・。←ちなみにやたら占いに拘っているのは誕生日前後のミッチツイッターでのつぶやきの影響です(笑)。

ということで前もリンク貼ったことあるのですが、前田倫良氏出演の映画の予告編を。

★獄に咲く花★
※いきなり始まるので音が出ます。
吉田松陰役です。ずっとミッチのナレーションが入っている所がファン的には良い。あまり顔が映らないが気にしない。
やっぱりミッチは声がいいんだよね~。

★津軽百年食堂★
最初にあっちゃんに話しかけている明治時代の人です。

前田氏は基本的に明治顔なので、ファンタジー劇団スタジオライフ的にはなかなか出演作品を選ぶ所があるとは思うのですが、だからこそ出てほしいのです。

トーマでヴェルナー氏をやってくれる日はいつ~。
LILIESのビロドー(注:子どもの方ではない)をやってくれる日はいつ~。

あとジアザーとかでじっくり見たい。
ボルティモアを大人になった彼らで再演とかしないかな。吉田さんがいないけど(泣)。
今敢えて見たい、みかしゅんまつしん姉弟。
美脚ダメっ子せっきー。
ハイテンション姐さん青木さん。
一挙手一投足がステキすぎるまきしー。

まあ、大人になった今と言ってもミッチの実年齢が役に追いつくのは数十年後なんだけど!
スポンサーサイト

★ああ。6月4日生まれAB型と一口に言っても色々なんだなと思う。

結局何年スタジオライフの舞台に立っていないのかしら(泣)・・・でおなじみの我らが前田倫良さんと、同じお誕生日血液型で私の中でだけおなじみの、鈴木拡樹さんブログに、三上俊さんとの二人撮りがUPされてた。

★鈴木拡樹さんのブログのみかしゅんとの写真が載ってる日の記事

一応世の中の「お誕生日×血液型占い」で考えると、1464分の1でミッチと同じ結果になるはずの拡樹さんが、みかちゃんの左隣にいらっしゃるキラキラした青年です・・・。

可愛い・・・。
みかしゅんはあと5年位はカワイコぶっていけるよ!

そして何かひとつでも共通点とかないかしら??とか、思わずプロフィールを調べたり等うっかりファンみたいになっている今日この頃です。←ミッチじゃなくて拡樹さんの。いや、ミッチのプロフィールは大体知ってるような気がするし。

そして調べた結果・・・やっぱり共通点は誕生日と血液型しかなかったよ!(笑)
あ、女役やったことある!とか(笑)・・・まあミッチで真っ先に思い浮かぶのは日系人母(=ジュニ5新人公演ブギトゥ・バグース)だけどね!

無理矢理言えば、演技の方向性が「どこか俯瞰してる感じ」なのは一緒かもだが割とAB型役者さんてそういう傾向ある?ライフだと倉本さんとか。楢原さんとか。でもまつしんもABだしな。まつしんはめちゃくちゃ空気読むけど俯瞰とは違う気がするしな。

とか、思ったのでした・・・(笑)。


拡樹さんブログ的には多分みかちゃんは「堺衆の銃売ってる人」なので、そんなヒロキファンにとりあえず見せるべきみかちゃんは何だろう・・・とか考える。
↑二人はこれから舞台で共演するけど、過去で言うと「戦国鍋TV」のミュージックトゥナイトに二人とも出てる(ユニットは被ってないけど)ので、多分ヒロキファンがご存じとしたら拡樹さんの相方でもある村井さんがいる堺衆かなと。
・・・という前提の下の彼のブログの文章だと思うので、拡樹さんはものすごくファンに優しい、親切なブログ書く方だなあと思う。
・・・という、役者として正しい行き届いたブログの活用をしている所はみかちゃんと似ている。と思った。拡樹さんの方がより洗練されているが。


うーん私のイチオシはワンですが!
あざとく可愛いもん!

女役の事書いてくれてるからラブリー女子で言えば透くんだろうかやはり。
ドラキュラのミナも話はともかく見た目可愛い。マルガレーテも衣装可愛かった。

見た目の可愛さと役の好き度のバランスだとマドンナかな~。姫!!!て感じする。
まつしんとの並びがすごい好きだった。銀河鉄道の夜。あそこは女役じゃないけど。

マニアックなところだと銀キスの吸血鬼に襲われる娘(笑)。
あとは初期の通し役テレサかな~。メイドシリーズ。

堺衆の腹黒キャラしかご存じない方にみかちゃんの別の魅力を伝えるには何が一番いいでしょうね~。


ライフは客演して新たにファンを獲得したと思われる次の本公演の役が大抵「あれ??」て事が多いので、みかちゃんが次にライフに出る時は「すごく可愛い♪」か「結構男前」な役がいいな~と思います。

それで行くと・・・今回みかちゃん、仲原さん、岩氏が出るこの舞台。
ぜひ、仲原さんのファンになった方に見に来ていただき、岩大が本気女役(出オチではない真剣女子)、しかもヒロインをやっている姿を見てほしいです(笑)。絶対びっくりすると思うんだよみかちゃんは普通にカワイコだけど岩さんはかっこいい兄さん役なはずなので。

★DMは、校正がたいせつ。

先日、ライフグッズを整理していた所、昔の役者DMがでてきたナリ。
2000年前後の。

当時はまだ気合の入ったファンだったため、友人からDMを頂いたりして色んな方のものを持っているのだ。

そしてご存じの方も多いと思うが、ミッチ同盟メンバーズは基本的にミッチからDMをもらっていない。
なのにちゃっかり同期の殿下DMは持ってるぜ!(笑)

・・・という事で、今いらっしゃる方もいらっしゃらない方も、DMは個性が出ていて面白いなあと思う。

今でも最強だと思うのは、やっぱり、もう役者さんではないのでお名前フルネームは出しちゃダメかもだが、ミッチの同期の池内殿下(←友人間で呼んでた勝手な愛称)です。

「良い手紙の書き方」のそのまま見本になるような縦書き達筆。時候の挨拶から始まり、礼儀正しく、公演情報、ご自分の役を過不足なく書き綴り、最後は劇団をよろしくという挨拶で締め、おまけのように「自分への声援もよろしくね」て事をものすごく丁寧な言葉で綴っていらっしゃる。

思わず臣下のように平伏してしまうDMであった。今見ても感心する。
多分今も昔もそんなDM書いてる人いないと思う。


・・・その後タマオさん=初代エーリク・児玉信夫さん=のタマオ新聞を読むと色々脱力します(笑)。
大好きです。
絵も字も脱力。

そぜっちとか佐野さんとかは安心の壁新聞みたいな、ファンとかじゃなくても楽しいDM。

そして系統としては深山さん系と言える、「割と大きく手書きで適当フリーダム系(笑)」な岩氏の衝撃DMを見つけたのであった。

・・・10年前の失敗を今更世に出してすみません岩さん・・・(笑)。
「happy familysもよろしくお願いします」(←日本語部分は正確ではありません。何かこういうニュアンス。追記:衝撃的すぎて印象で打ったら間違ってた~。本当は大文字で書かれてました。ごめん!)

気持ちは分かる。
よくある間違いだと思う。

思うけど・・・これ見た当時も思ったけど・・・頼む、ライフスタッフの人、そんな長い文章じゃないんだから校正してあげてくれ!!!!
一応世に出るわけだから、当時何人に行き渡ったか分からないが私のように回り回って様々な方のDMをこっそり見てたりするわけだし。10年後に見つけて爆笑して思わずUPしちゃったりするわけだし(笑)!!

いや~でもこれ岩さん(当時20代前半)だから許される感じがする(笑)。
石飛さんとか林さんとかだとびっくりしちゃうし。


※ハッピーファミリーズは、2001年に再演された、皮肉の効いたタイトルも素晴らしい、ライフ十八番、家族の物語です。
私は初演を見ていないので、再演で高根さんとそぜっちのゲイのカップルを見て「見た目が綺麗というライフの長所はこの作品だと短所では?」と思った事を思い出す。←初演は主宰と藤原さんor浦さんがゲイのカップル役で、それは見たいかと言われると微妙だが作品が要求するリアルさ加減という点では多分初演の方が正しい。と思い。
この二人がどう見えるかという事がこの作品の登場人物たちの行動に影響するので。


ジュニ5中心でハピファミは真剣に今でも見たい・・・15年祭辺りでどうですか。アランは寺岡さんが演じる役だと思ってるんだけどな・・・。奥田さんのトビーは今でも見たいし。そしてマキシーのメリックは絶対絶対みたい。

そしてメッシュを見た後は、岩さんにトビーをやってほしい!と思ってたのだった。
岩さんあんまりジアザーに出ないけど、ジアザーの岩さんが好きなんだよな~私。孤児ミュとか。

トビーは結構いろんな人にやってほしくなる役で、最近だと何か見た時(なんだっけ?)まつしんにやってほしいな~と思ったのであった。

最近だったら鈴木さんにサフロンやってほしいな~。
・・・スベッティとか吉田さんにやってほしかったな~・・・涙。

と、最後は何か妄想ハピファミでざっくり終わる・・・(笑)。

ミッチは思い切ってコスモ!(笑)。
メリックでもいいんだけど、あんまりアランに振り回されそうな感じがしないし。
ミッチのダメ可愛さはアランとは違う方向だし。

やっぱりちょっと距離のあるデレックかコスモがいいな~と思います。

また再演してほしいな・・・。

★ご無沙汰すぎてすみません!!

数ヶ月放置してしまいすみません・・・。

色々見には行っているのです!!
ファントムとか!!!

先日は名誉会員と「芳樹さんは何故人の嗜虐性をあおるのか」と「芳樹さんは人から何か暴力的な被害を受ける際、印象がセクシャルな方向へずれるのは何故なのか」について語り合い(←その命題は何だとか聞かないように)、名誉会員の素晴らしき考察にひざを打った次第でございますが、結局感想も書けてない!!

芳樹さんのエリックは、久々にLILIES初演を思い出した。
芳樹さんのブラックホールっぷりを。

何かもう顔の傷とかは大した問題ではなくて、彼に関わった人は否応なく運命を狂わされる。
それはもう決まっている。
芳樹さんはなにかの象徴であり、人々は自分の意志で動いているがそれは運命として決まっている何かに向かっているに過ぎない。

そんな印象を受けました。
LILIES初演の時もそう。芳樹さんに関わった人は彼の中に取り込まれて否応なく運命を大きく狂わされてゆくのです・・・。

そして両チーム見て気づいたが、ものすごくどうでもいい事だけど(笑)、堀川さん人のベルト外すの上手!(笑)←いやマキシーがあんまり上手くいかなかっただけかもしれないが。いやまきしーのはあまり上手くいかないっていう演技かもしれないのだが。
いや~堀川さんいいですね。若干メッシュの船戸さんを思い出すお方であったが。
単なる酷い人ではない軽やかさがある所が好き。割とウェットなライフの中において乾いた印象がある所も好きです。

次世代のオスカーだと勝手に思っているので、このまま順調にキャリアを重ねてくださる事を祈る。


今回、すごーく前と真ん中より後ろで舞台を見たのですが・・・前で見ると表情は分かるけどセットは半分位しか堪能できず、後ろで見るとセットの美しさは堪能できるけど表情は分からん。という中々に悩ましい作品であった。

そしてウィーン版のエリザベートを何となく思い出した。
さらにまつしんのラスト、♪ほしさ~え~こおる~♪と思わず心の中で歌ってしまった人が数多くいたであろう。思わず拍手する時今??とか思ったり。←石飛さんが出てた、今回のセットを作った方が新版を担当している某作品の主役の一人の最後の見せ場なので、ご臨終だが拍手なのだ。


所で当時、私がファントムを見た感想として「鈴木さんの女子役がナチュラルすぎて素晴らしい。なでしこジャパンに混じっていても多分バレない」と名誉会員に話していたのだが・・・その後彼女らがマンガみたいな激闘の末世界一に輝き・・・「報道見るたびに思い出す~(笑)」との言葉を頂いた・・・(笑)。
ごめんよ無駄にライフを思い出させて名誉会員よ。

しかし鈴木さんのナチュラル女子っぷりは本当に素晴らしいですね。
ライフには珍しい・・・というか、男性が女性役をやる時に珍しく、すごくリアルに女性な印象なのです。鈴木さん。

女性は当たり前だけどどんなに男っぽくふるまおうが女性なので、自分が女性だという事を普通意識しない。
だって女だから。
でも男性が女性役をやる時、普通は「女性である事」を意識する。意識的に「女子でいる」。
鈴木さんはそういう「意識的」な部分が限りなく少ない印象を与えるので、リアル女子な印象になるんだと思う。

こういう方向性で女性役をする人はあまり居ないので、鈴木さんが今後どういう女性役をやってくれるのかすごく楽しみにしています。
そして、見た目がものすごく美人だったので気づきにくいけど、実の所演技の方向性としてはたっきー(瀧澤陽さん=初演死の泉のマルガレーテ)が近かったのでは?って話を名誉会員として、ああ!なるほどそうかも~とか思ったのであった。


そんなこんなで、またぼちぼち更新していけたらなと思います。

今年の秋のお祭り作品、夏夢の笠原岩最強バカップルはものすごく楽しみだし!!!!
いや本当最強だと思います。
二人はシリアス作品でしか会っていないような気がするけど、本当はこういうカップルが一番どこまでも暴走するはずだ!!!
この最強バカップル&いわさき・がっくんの最強女子ズ(見た目もでかい)に囲まれた仲原さんにはぜひともがんばってもらいたいです。

何気に両作品通しでカップルなせっきーアニキも楽しみだし♪

色々、楽しみたいです。

★メッセージありがとうございました。

ものすごくものすごくご無沙汰してしまい本当に申し訳ございません(平伏)

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。