閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2010年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『新人公演 WHITE』を見る。いつでも懐かしくて切ない。

※UPしたのは相当後なのですが(笑)!!
見た日にこっそりUPします・・・。

ジュニ10新人公演WHITE。


★いつ見ても懐かしいWHITEをマチソワ。マチネで以心チーム、ソワレで伝心チームを見る。

いまどき青年たちが意外とこの世界にいつもはまるのはやっぱりライフは特殊な劇団だなあという気もする。
キツネ、今回はそもそも新人さんたちをあまり認識していないため、姫と三角君ダブル、堀川さんらしき人くらいしか分からず。
キツネの立ち位置は役によって固定なのか、いつも姫は同じ椅子持ってるような気がするんだけどどうなんだろ??

今回は新人ズとお兄ちゃんたちがはっきり分かれているから、高校生ズがより一丸な印象が残った。
しかしその分、三角バオバブ姫の三角形をどう見ていいのかよく分からない・・・。

私はやっぱり「こんにちは」で条件反射で泣くらしく(笑)、この台詞が来た途端にうるうる来た。
神野さんの三角君は可愛いがどう見ていいのか困る所もあり、鈴木マドンナが予想外にはまっている事に感動し、奥田バオバブがお兄さん!と感じ、篠田プレイボーイの大暴走に笑い、織田坊の可愛さに癒され、清々しい気持ちで観劇終了。


★そしてその勢いにてソワレ突入。ソワレの三角君=松村さんもどう見ていいかわからず戸惑う。
三角君&3人組以外はほぼ同じキャストなのだが、三角君が変わると大分印象が異なる。

色々と古めかしい部分はそのままなのだが、その事自体よりも、三角君のキャラクター設定自体が今やると難しいのかなと思った。
内省する少年と言うよりも、キレる子どもに見えてしまう可能性が高まるのかな・・・と。

うーん難しい。
三角君に対して妙に攻撃的な気持ちに久々に襲われ、一体何に苛立ちを覚えたのかちょっと戸惑いつつもラストへ。

大団円のあと、用務員さんの「消えた」で終わる余韻はやっぱりすごく好きだ。と思う。
後カーテンコールの三角君。
・・・今回上手で一人前を向く三角君、が無かった気がしたけどどうだっけ??


☆★以下、延々個人感想
★マチネゲスト 篠田プレイボーイ。
大暴走(笑)。

夏恋に出演したらしく(私は見てないのだが)、マツジュン&シノジンのうちわ(自作)を持参し、ジョージ風衣装にて登場。
鈴木マドンナ、耐え切れず吹き出す(笑)。

台詞はほぼオリジナルで、ものすごく長かった。
夏恋に出たけど殆どカットされていたとか、控え室がマツジュンの隣でなんか話したとか(内容忘れちゃった・・・)。

原田さん&緒方さんが何度も何度も時計見る仕草でアピールするも、♪ずっときっとナントカ~♪をワンコーラス歌い切って帰る(笑)。
誘っている場所は嵐のコンサートだっけ??
マドンナ「マツジュンには興味あるけど・・・シノジンには興味ないの!」と。

やっと帰ったプレイボーイに板倉正ちゃん「袖で満足げにしてるんじゃねーよっ」とツッコミ。
えーと誰かが「うちわまで自作しやがって!」みたいなツッコミを入れていたような気もするのだが劇中?終わった後??

カーテンコールでも暴走は続き。
何故かスクールウォーズのテーマと共に青春ドラマ風。一人一人何故かなぐり(笑)、篠田さんより一言メッセージが!!
新人ズは戸惑いつつもはりきってリアクションをしており、篠田さんは何かよくわからないハイテンションで押し切り、満足気に終了。

この人、何で坊役だったんだろ??????
いや、天然という意味では良かったかもしれないが。


★ソワレゲスト 冨士亮太プレイボーイ
凄まじい出落ち衣装=頭には王冠(ティアラ?)、ピンクのタイツに緑のショーパン、学ランで登場!!!
鈴木姫横向いて受ける。
机の下に隠れているメンバーも大ウケ。

さらに学ランを脱ぐとまさかの裸にサスペンダー(笑)。
一応台詞は本来のものに比較的近かったような気がするが、見た目がすご過ぎて忘れた・・・。
一応「転校してきたばかりだからまだ詳しくないよね?」「○○とか(表参道ヒルズとかその辺??)」と言っていたような気がするが。

この後「あいつすごくもてるんだ」という台詞が本来は入るんだけど、さすがに無理があるのか?「あいつとにかくしつこいんだ」みたいな事を言ってたような気が。
「台本どおりやると言ったのに!!ただの変態だ~」っと堀川正ちゃん。
「あの変態消してやる~」とウィンディ。
工藤坊思わず「ピンクのタイツ履いてた!」と最早ツッコミではなく見たままの印象を言う(笑)。

カーテンコールはその衣装で真面目な事を言い、緒方さんに「普通・・・」と呟かれていた。

今回はマチソワともにプレイボーイがゲスト枠だったが、キャスティングを見ると松村さんと板倉さんになっている。
芸達者そうな松村さんのプレイボーイも見てみたかったな~。


☆★以心チーム☆★
★神野明人=三角君。
今まで私が見た中で一番小さい三角君。
小さい!可愛い!
柱に絡まっている所や見習いさんにぎゅーっと抱きしめられて寝てる所とか、子ども!!!!

・・・が、神野さん自身は大人キャラだと思うので、三角君をどう見ていいのかちょっと戸惑った・・・。
三角君はド直球の台詞があるから、中身が子どもキャラな子がやらないと見ていて戸惑ったりイラっとしたりするのかも。
神野さんのイメージは、可愛くて見えて結構ひねくれ。とか、何か一ひねりある印象を勝手に持っているので。
オードリー若林的な。

・・・緒方さんもそれで行けば全然子どもキャラではないのに何故緒方三角君を私は普通に受け入れていたのか??


★板倉武志=正ちゃん
最初から最後までハイテンションなためか?咽喉に来てしまったらしくちょっとかすれ気味。がんばれ~。

板倉正ちゃんが聴いてる曲忘れちゃった・・・何だっけ??
聴いてるべきなのは西野カナとかMINMIだったと思う。歌ったのはどの曲か分からんかった・・・。

今回は3人組が正しく3人組で、暴走正ちゃんと事なかれ岩波君+かわいこ坊でとってもバランスが取れていた。
板倉さんの正ちゃんはとても可愛げがあり、高校生だけどやんちゃな小学5年生!みたいな子で(笑)、TAMAGOYAKIの小学生を見てみたいと思った。


★織田和晃=坊
可愛いぃぃぃぃ(笑)。
前作でも小動物のようであったが、ものすごく可愛い坊。
天然さんではなくて、天真爛漫な子。
自分が可愛いって分かってるよね?な感じもあり、今まで見た坊の中で一番女の子にモテそうだと思った。
可愛いよね!とか女子の中で可愛がられ系ではあるけどちやほやされて、ちゃっかり可愛い彼女とか作っていそうだよ(笑)。

「童心に戻ってかくれんぼ」とか言ってるファンタジー高校生で居ながらも意外とリアルな存在感が面白い。
誰に対しても壁がなくて、結構相手の中にがつーんと入っていって許されちゃう感じの子で本当に可愛かった。


★工藤不良少女
すごい可愛いぃぃぃ。←こればっかり(笑)。
ナチュラルにセーラー服が似合う工藤さん。それはどうなのか。


☆★伝心チーム☆★
★松村泰一郎=三角くん
うーん神野三角君に続き、今回は三角君をどう見ていいのか分からず。
松村さんは小さくて聡明そうな子役!!といった雰囲気の外見の方なのもあるのか?久々に三角君に苛立ちを覚えた(笑)。

三角君は言っている内容が甘いし、あまりに感情マックスで「僕の星の王子さま!」以下の台詞を言われるとどうしてもイラっとする・・・。
あの台詞はあくまであまり感情に任せて言わずに静かめに言ってほしい・・・。

松村さんは顔立ちがはっきりしている事もあり、あまりに熱演するとトゥマッチになるように思える。
あと聡明に見える顔立ちが損しているかも。三角君て頭よく見えるとダメなんだ!と10年間見ていて新たな発見が。
頭いいというか、自分の事をきっちり分かっている子に見えてはダメなんだなと。
分かっていてもいいけど、それを見ないようにしているとか無かった事になっているとかがほしい。

彼の持つうまく言葉にできない色々なもやもやは、別世界を作る位に肥大していくのだから、自分をちゃんと分かっていてはそもそも別世界必要ないじゃん。という事になる。

思えば私が見た事のある歴代三角君に熱演系がいないんだよな・・・熱演していても、皆どこか感情的になりきらない距離感があったように思う。
多分マドンナラスト台詞を熱演されると苦手なのと今回の松村さんが苦手だったのは同じなんだろうなと思う。

今まで気づかなかったが、三角君は難しい役なのだなと改めて思った。
ひねくれ過ぎてもダメだし、感情大爆発でもダメだし、頭よく見えてもダメだし、かと言ってばかっぽく見えてもダメだし。

ラスト、転校生の姫とクラス違うと思われるのに速攻仲良くなっていて、「す」「き!」って言っちゃう三角君が一番魅力的に見えた。
次回は生意気な感じの役とか、いっそアンテとかで見てみたいです。


★堀川剛史=正ちゃん
久々の船戸系ジャイアン正ちゃん!!
彼が聴いてるのはなんだっけ??
姫が聴いてるべきなのはAKB48やパフューム?

堀川さんは大きくてわりとガタイが良いので、見た目でジャイアンぽくて良い。
結構お調子者で、でも仲間思いで、坊をすごく可愛がってるのも良い。

横暴だが気のいい、いい奴で、彼の勢いに巻き込まれて三角君が変わっていく事に納得。
しかし、なぞなぞをノリノリでやっている姿やさだまさしにうっとりしている姿、無錫旅情を熱唱している姿等ばかりが思い浮かぶのは何故なんだろう??


★工藤陸=坊
すごく可愛い!!!!
今回両坊ともものすごく可愛くて好き。
ジャイアン正ちゃんと事なかれ岩波君に挟まれ、いつもにこにこな弟系の坊。
同級生だが回りから弟のように可愛がられている雰囲気。

織田坊が割りと攻撃的に天真爛漫なのに対して、ちょっと大人しい印象。大人しいというか、ぼーっとしていて周りが騒いでいても「ぼくの世界」に普通に浸って居そう。
そんな坊を回りはこの子は小さいから皆で守らなければ!と思っているというか、お兄ちゃんにくっついて遊んでいる弟みたいな立ち位置。・・・同級生だけど。

実際の工藤さんが他の人よりも若いのかな・・・何かすごく可愛がられ度高い坊だった。


★織田不良少女
「不良」少女という役を正しく表現した初めての人な気が!すごく可愛かった。
冒頭先生に反発している様子や、人前だとワル(笑)な雰囲気なんだけど、誰も見てない時はとっても乙女に先輩の事を思ってるの!!ってグレープフルーツジュースを抱きしめてる。かーわーいーい。


☆★シングルキャストな方々
★鈴木智久=マドンナ
じゃじゃ馬馴らしを見に行った時、休憩中に何気なくホワイトのキャスティングを見て「マドンナ?????」と声に出して驚いた位(一人だったのに!笑)、鈴木さんが姫なのは意外だった。

が、見てみたらすごくよかった!!

変にキラキラ女子メイクをしなかった所がかえってリアル女子でよかったと思う。
今までは「可愛い!!」って感じの子がマドンナだったけど、何かこういうちょっと少年っぽい女の子普通にいる感じがする。
が、ちょっと鶴田さんに似てる感じもした(笑)。

鈴木さんには動の印象が強い(というかそれしかなかった)けれども、今回の姫は静謐な空気感をまとって存在していて非常によかった。静かで強い。
普段の姫も今時のキャピっとした子ではなくて、大人しくて静かな子で意外と可愛い(笑)。
みかちゃんの姫を見てる時は何かもうアイドルみたいなチューリップとか向日葵のような派手なお花のイメージを勝手に持っていたけれども、姫の存在の仕方って谷間のユリみたいな子だったんだな~と初期設定を改めて思いおこした。
劇中、ちょうちょを探している時とか、ラストの銀河鉄道の夜とか、音の無い世界に一人佇んでいるような存在の仕方だったのが印象に残っている。

最後の元に戻ってのラジオ体操→逃げるのも可愛かった。

思うに、鈴木さんはライフに入ってはいるものの自分がラブリー女子役をやる事は無かろうと思っていそうで、「マドンナ!!!」な役をある意味「そうですよね、俺可愛いですもんね」と開き直って自覚的に可愛さをアピールできる三上さんとは違うと思う。
その分の控えめさやカワイコアピールのなさが「実は結構可愛いんだけどその事に無自覚な保健委員。アイツの可愛さはオレだけが見つけてるぜと思ってる男子実は結構多数」な基本的モテ女子(笑)にうまくはまったのではなかろうか。

鈴木さんの本来の持ち味は多分正ちゃんとかかもしれないけど、今回マドンナ見られてよかった。
新人ズを見ると、単純に可愛さで言うと工藤さん辺りに姫がきそうな所に、敢えて鈴木さんな所が倉田マジックかもしれない。


★平井正行=岩波くん
有島さん以来の初期設定を表現した岩波君だと思う。
平井さんの場合は素に近そうな感じもする。トーマの上級生とあまり印象がかわらないし。

岩波君は机上の空論君で実践が苦手な結構ガリ勉、みたいな子だと思うのだけど、今回久しぶりにその設定を思い出した。
何かあると結構後ろ向きになっちゃう所とか、逃げ腰で誰かについて行きたくなっちゃう所とか、微妙に弱々している所がとっても岩波君でよかった。
平井さんの岩波君は、何故か「もう帰る~」みたいに弱気になっている姿ばかりが思い浮かぶ(笑)。似合ってた。


★緒方和也=ウィンディ
やっぱり私緒方さん好きだ!!!
ウィンディは「一人だけ妙に冷めてる」「テンション低い」事が必要なのに衣装は変なファンタジーというホワイト界では存在の仕方が難しい役なのだが、緒方さんの絶妙のツッコミ&ふてぶてしい芸風(←物販とかで垣間見るご本人はものすごく好青年♪な雰囲気なのに舞台は何故かいつでも不遜・笑)がはまり、非常に愛らしくダメなウィンディで大好き。
「あ~今日の夕飯何食べようかなって考えてるんだよ」って言う台詞がいつもすごく好きなんだけど(笑)、緒方さんも非常にウィンディな言い方でよかった。
本落としの得意げな表情とかあーぶくたったーとか、やたら可愛い。
しかし彼はキャラクター的な役だとアニメ声寄りになる事が判明。今回かなり吹替え風だった(笑)。


★牧島進一=見習いさん
私は個人的にクラウンのメイクが非常に苦手なので(←怖い。)、何故にちょっとクラウン風な雰囲気の外見にしちゃったのかって事が残念であった・・・。
牧島さんは腕が長くて手が美しいのだが、そんな美点も何か怖いよう~(笑)。
牧島さんの外見は、見せ方によって異形感が醸し出されるのだなと思った。

対三角君はものすごくおかん!!特に二人になって十二月の場面冒頭、両三角君(どっちも小さい)をぎゅーっと抱っこしている所とか、十二月の精たちが季節を動かす場面で「寒くなってきました」と三角君をぎゅーっとする所とか、お母さん以外の何者でもなかった。さすがだマキシー。

今回は全体のまとめ役らしく、カーテンコールにてとても良い話が聞けて、やっぱり牧島さんの柔らかで誠実で観客に対する言葉選びが適切な所が好きだと思った。


★原田洋二郎=ティンク
ティンクの大前提として「僕可愛い!!!!」という自信。があるので非常に原田さんにぴったりだと思っていたが、期待以上に素晴らしかった(笑)。貫いてくれこれからも。

本の妖精なので破壊の魔王が本を落とす時に怒って一生懸命片付けるのだが、その仕草とか、いちいち可愛くて苛立つ(笑)。
ティンクは可愛いんだけどどこかその可愛さが気持ち悪い事が重要だと思っているので(そういう意味で前田さんはベストティンク!!)、原田さんの自信溢れる可愛さは本当に素晴らしかったです。

&グレープフルーツジュースは淡々と温かみのある言い回しで、不良少女の切なさを盛り上げてくれてよかった。
今後も原田さんはどこまで行くのか一方的に見守りたいと思う。


★奥田努=バオバブ
いつもバオバブをどう見ていいのかわからないのだが・・・今回は三角姫トライアングルはよく分からなかったが、バオバブとしての奥田さんはよかったと思う。
あといつもバオバブの衣装が色々許せないのだが(笑)、今回は比較的許せた。

冒頭とラストの桜子先生は可愛い。
おかっぱメガネが似合っている。普通にこういう学校の先生は居る(笑)。
今日も桜子をお守りください!とか大好き。

バオバブは中途半端に女役風にならなかった所が良かったのかもしれない。
三角君たちにフフン~ってこれ見よがしにペンをかざす所とかが妙に好き。

今回、元三角君がバオバブをしているので、もっとこのトライアングルを楽しめれば良かったな・・・。


☆★気になる色々。
★グレープフルーツジュース
友人が見に行った日に、なんとグレープフルーツジュースが無くて!この場面がカットされたと聞き、いつからこの本が登場するのかチェック!
最初のセット返しの瞬間から存在してた。・・・という事は、友人が見た日のハプニングは最初から無かったor転換中落ちた??

★バオバブがセット動かした!
バオバブ奥田さんがだるまさんが転んだ!の時とかに図書館本棚セットをぐぐーっと動かした。
今までは無かった動きなので、何かあるのかな?と思ったら・・・特に何もなく終了・・・あれは何の意味が??

★冒頭の教室、入り口が茶室じゃなかった!
ジュニ6以降、ウエストエンドでやるホワイトは毎回教室のドアがものすごく入りづらそう&天井が低い&必ず勢いあまって誰かがドアを壊す(笑)という法則があったように思うのだが、今回はちょっと入りやすそうになっていた!

★ティンク登場曲、何故変えないのだろう・・・。
基本は無錫旅情なのだが、倉本徹さんが演出したWHITE2000版(←思えばこれタイトルに2000って入っていたような。そういう意味でも異端)では、船戸正ちゃんはヒロミゴーで、佐野正ちゃんは何故か「孫」だった。
これ無錫旅情に拘る必要ないので、変えたらどうかな~。

★さだまさし大好き台詞。
「ダスキンも使ってるよ~」って、今ダスキンのテレビCMってさだまさしはやっていないのでは??
ダスキンのCM自体見てないような。
・・・なので、この台詞の意味が分からないと思われるので削除したらどうなのかしら。

★毎回言ってるけど!!
やはり、三角君のクラスが分かりません・・・。
体育サボる三角君と化学をサボる3人組、資料探しをするF組の姫。
三角君て誰ともクラス違うよな・・・姫と速攻仲良くなってるラストの三角君てどうなんだ!

★毎回言ってるけど!!
グレープフルーツジュースの「偶数奇数」は永遠にこのまま行くのか、今後も見守りたいと思います(笑)。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。