閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2010年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『じゃじゃ馬ならし』キャスト発表を見る。芳樹さんの奇怪度はいかに。

結構前なのですが、スタジオライフ公式サイトのじゃじゃ馬ならしコーナー?にて、全キャストが発表されています。

が、誰が誰だか忘れた・・・。ので、久々に戯曲と確認。

キャストは、Wishチーム/Hopeチームの順番。

バプティスタ(キャタリーナ&ビアンカ姉妹の父) 牧島進一
キャタリーナ(じゃじゃ馬娘) 松本慎也/青木隆敏
ビアンカ(キャタリーナの美人でモテモテ♪な妹) 関戸博一
バプティスタの使用人 織田和晃


ルーセンショー(ビアンカラブ♪な求婚者。彼女を手に入れるためには他人巻き込み何でもしますよ!!) 岩崎大
トラーニオ(ルーセンショーの召使。主人同様色々ノリノリ) 山崎康一
ビオンデロ(ルーセンショーの召使。主人同様色々ノリノリ) 冨士亮太
ヴィンセンショー(息子のせいで大変な目に遭うルーセンショー父) 河内喜一朗


グレミオー(ビアンカラブ♪な求婚者。設定はおじさまだが役者実年齢は他の二人とほぼ一緒なので若くなるかも?) 穂積恭平(兵庫ピッコロ劇団・客演)
ホーテンショー(ビアンカラブ♪な求婚者。変装も辞さない!) 坂本岳大(ライフシェイクスピア皆勤客演)


ペトルーチオ(金さえあればいい!!!!とキャタリーナと強引に結婚する男子) 山本芳樹/曽世海司
グルーミオ(ペトルーチオの召使。多分笑い上戸。) 倉本徹

カーティス(ペトルーチオのカントリー・ハウスの召使) 板倉武志
ピーター(ペトルーチオのカントリー・ハウスの召使) 鈴木智久


仕立て屋(キャタリーナのお買い物を届けにきて困った目に遭う人) 堀川剛史
未亡人(とある人がちゃっかり手に入れるお方) 原田洋二郎

商人(えーと誰だろ??) 藤原啓児

☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆

Lif"e with Shakespeare Boys Castって書いてあるのはなんだろ??
ライフにしか出てこないキャラクターの模様だけど。

リージー・ディクソン 林勇輔
リージーのフィアンセ 青木隆敏/松本慎也

ダン 曽世海司/山本芳樹
猫おばさん 石飛幸治


☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆'*:;;:*'☆

順番は一応一家とかでまとめてみました。

松本さんも書いたり言ったりしているが、戯曲ってものすごくイラっとするんですよ・・・。

松岡和子&倉田淳の女性陣の手にかかり、ここがどのように、9割を占める女性観客がイラっとせずに見終われるアプローチがされているかが見所だと思うのですが。


じゃじゃ馬馴らしの他バージョンは見た事ないんだけど。
劇中劇構造をどうするのか、謎の猫おばさんってなんだろ??とか、色々気になります。


そして単純に楽しみなのはビアンカを巡る男子たちです。
アホぼんをさせたら右に出るものはいない!!岩崎さんのルーセンショーの無駄なはしゃぎっぷり(予想)がものすごく楽しみ。
そんなうっかり主人にどこまでも調子よく乗って行くトラーニオが山崎さんなのがものすごく楽しみ!!
&もう一人の冨士さんもノリノリで演じてくれるであろう。対河内さんの場面がものすごく楽しみ!!


岩崎岳大コンビは今回はセッキー挟みで恋のライバルな訳ですが、シェイクスピアものは割とセットなのでアホ対決に期待が高まります!!←アホ前提(笑)。
穂積さんは今回初めて見る方なんだけど、ライフ陣がお稽古と何の関係もない話題をブログに書き綴る中(笑)、ものすっごいきっちりブログ更新してるのがすっごいな~と思うので、きっときっちりした人と見た。
楽しみです。


まつしんセッキー姉妹はおなじみ身内シリーズなんだけど、セッキーが一方的に暴れん坊まつしんに泣かされる、とかは中々無いパターンなのでどんなんだろ??

あおきせっきー姉妹は何かすごそう(笑)。
そして彼女等の父、マキシー。戯曲を読んでイラっとするのは主にこの人とペトルーチオ絡みなんだけど、果たしてどんなお父さんとして登場するのか??
マキシーをもってしても私はイラっと来るのか??予断を許しません。


岩崎セッキーバカップルはどこまでもバカップル道を極めて欲しい。
何かもう岩崎せっきー岳大トリオがマンガのように動く姿が目に浮かぶ。


まつしんキャタリーナはペトルーチオ芳樹さんにどっちかというと煙に巻かれてうっかり従っちゃいそうなんだがどうなるのか??芳樹さんは一体どれ位奇怪キャラで来るのか??

青木さんキャタリーナはどの位奇怪キャラで来るのか??
むしろまつしん芳樹対決よりも、青木芳樹対決が見たかった気が(笑)!!

青木さんと曽世さんて今まで何か絡みあったかな~位すぐには思い出せないので、この二人の対決っぷりも楽しみだがそぜっちが空回らない事を祈る。←そぜっちシェイクスピア喜劇シリーズは空回る印象が・・・でもその空回り感が良い気が。しかし今回は空回っちゃダメな気が。


芳樹さんの奇怪キャラ(予想)にずーっと笑ってそうな適当召使倉本さんの活躍も楽しみ。

新人さんたちは、先輩たちが奇怪キャラ合戦をしていそうな場面に出てくるであろう役がついているのが気になる所です。どの位割って入ってくれるのか。

堀川さんは多分他の場面にもいっぱい出てくると思うんだけど、ちょっともったいない使い方だけど、二人にどう対抗してくれるのか楽しみ。


そして!!!何気に未亡人が来てる原田さんがさすがだ。
やはり今までの「私可愛い♪」前提の数々の女役が評価されたのであろうか。ものすごいぴったりだと思います。
未亡人が出てくる場面はそんな多くないと思うけど多分私は原田さんに今回もはまるよ。
原田さんの「私可愛い♪」未亡人&女子並び場面がもう目に浮かびます。めっちゃ楽しみ。

藤原さんの商人て誰だ??
謎の林さんのリージーとは??
さらにケイト&ペトルーチオの裏役も気になる。
そして石飛さんは一体何??パックみたいな雰囲気の役??


ここまで書いてから思い出したけど、これって音楽劇だった!!
えーと今までと異なり、穂積さんブログを見ると今回は「踊る」みたいなんですが。
どこで???

そしてメインキャストで歌える人っていたっけ??な今回のキャスティングなんだが・・・っていうかライフシェイクスピアはいつでもそうなんだけど・・・突然マライアソロが入る十二夜のように、歌とお芝居キャストの比重はまた別なのか、色々と楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

★メッセージありがとうございました。

ご返信おそくなってすみません・・・。←いつもの事ですが・・・。

★スタジオライフ25周年記念。ここにもいる、リアルドリアングレイ。

スタジオライフ公式サイトを見てみたらば、25周年記念イベントページが出来ておりました。

及川アニキが素晴らしくアニキだった。さすがだ。やっぱりジュニ1はリアルドリアングレイ集団だと改めて思ったよアニキ!!

やっぱりアニキはフォトジェニックかつ舞台で化ける正しい役者だと思った。
今後もがんばってほしい。

そしてミカシュンよアラサーの君より大分先輩たちが14才とかやってる劇団だから、これからも「オレ可愛い!」路線を大分ざくざく進めると思うよがんばってくれ。

岩崎さんが若干加藤あいちゃん似に見えるのは気のせいか??

しかし、25周年記念は普通の公演みたいに宣伝するんですね。びっくりした。
普通に一般発売するんだ~。FC限定ではなく。

しかしファンでも何でもない方が見ず知らずの劇団の過去作品とか、微妙ネタ会とか見て楽しいんだろうかという疑問が大いにあったり・・・。←すごく失礼な言い回し。

今回は本当は私の初ライフである笠原御大18才が甲斐吸血鬼に襲われるヴァン・レジェとか、あの!中期のライフの最もスタジオライフらしい役者であった正しい美少年児玉信夫氏の美と毒と色気を堪能(予想)したいヴェニスとかみたかったんだけど、平日なので多分行けず・・・。
・・・とか書いたけどタッジオはどっちなんだこれ??しかし何か今もう一人のタッジオだと上演上問題あるかもだからタマオさんの方だよね??

あ~多分見た目の洗練度は今の方が断然高いと思うんだけど、単純に「見た目が綺麗な人」度でいうとあの頃が最強かもと思うので、ご覧になる方はその辺も楽しめると思うからいいな~。


イベントには参加しない予定なのでとっても残念ですが、行かれる方お楽しみくださいね♪

★最近はまっていた色々、補足。

★次回のスタジオライフ本公演、じゃじゃ馬馴らし。
客演の坂本岳大さんは、スタジオライフシェイクスピアシリーズ皆勤の21世紀の後藤哲夫なので、スタジオライフファンにはお馴染みですが。

あともう一人の客演さん「穂積恭平」さんて誰だ??と思ってたらば、兵庫ピッコロ劇団の方なんですね!
びっくり。兵庫からわざわざいらっしゃるのか~。

プロフィールによると岳大さんと同い年ですね。
なかなかステキ男子なので、グレミオー楽しみ。
ブログによると、山崎さん林さんが面白いらしいので(そうでしょう!)すごい楽しみ。

そして全く関係ないが、橘義さんが知らぬ間にピッコロ劇団にいた事もびっくりであった。

しかし、せっかくスリーメンをご覧になり「次回一緒に」と書いていらっしゃるが・・・次出るのは2/8なのであった(泣)。
どちらをご覧になったのかな~。深山チームだと、1/2の確率になるんだけど。


★スリーメン、青山治さん=元スタジオライフ劇団員。2000~2009年まで在籍・・・なんだけど、ライフの舞台には2001年までしか出てない(泣)。ミッチと同期のジュニ4=が深山チームをご覧になり、深山さんにジェニファーに指名されたそうです。

すっごい見たかった!!!(笑)。
何かいろんな人のジェニファー観たがりすぎだけど!!

そもそも青山さんの舞台って私6年位見ていないので、普通に舞台を見たいですが。
しかし本当は同期船戸チームを見たかったのね・・・確かに公演数少なかった・・・。



★黒執事、赤ずきんちゃん風ラブリー衣装は青木さんがジュニ5ブログで、もうちょい本気女装させたかった!松本さんアラン衣装は松本さん雪月花ブログで、それぞれ披露してくれてます。

ありがとう青木さん&まつしん!ちなみに青木さんの写真はモバイルのげしブロの方がより可愛い♪です。
あとまつしんの後ろに写っているのは、さんざん私が設定に文句つけてた(笑)エリック=佐伯太輔さんです。

くぅやっぱり衣装可愛かったな~。何か衣装を楽しみたいがためにDVDが欲しくなってくる自分(笑)。


★ところで、考えてみたら黒執事はエリックについて設定に文句つけて終わっていたが(笑)、エリック役佐伯さん自体はステキでした♪
なのでエリックがすごいステキ!!だと思った所を書く。→アランが死んだ時に、そっと目を閉じさせる感じで目の上をすっとなでるのですが、それがめちゃくちゃかっこよかった!!事を特筆しておきます(笑)。


★ところで、ミュージカル黒執事は、もしかしたら一連のマンガ原作モノミュージカルでは当たり前なのかもしれないが・・・個人的に素晴らしい!と思う事がありました。

それは、パンフレットで役の写真を載せてくれてる!事です。

普通の舞台だと、パンフ製作時に役の服装とかメイクとかが決定している事は少ないと思われる・・・。
まあ東宝は役写真がばーんと載るけど。でも実際の舞台とはまた微妙に変化があったりするし。

このため、「普通の素顔写真」と「役名」しか載ってなくて、でも舞台だと別人過ぎてどの人か分からんのよ(笑)!
↑素顔写真自体が誰だかわからん写し方=例)美輪明宏舞台のパンフとか、tptとか=のもあるケド。

正直載ってる素顔写真と実際の舞台はかなり乖離があったため、親切な役写真があってよかったな~と思った。


★ところで、全く関係ないんだけど、安達祐実ちゃんの昼ドラ「娼婦と淑女」。たまに見るとはまる訳ですが!(笑)。
先日久々にサイトを見たら、第二部では何故か自分の家なのに執事として働いていた・・・。
何だろう世の中は執事が熱い!!のか(笑)??
しかし第一部の執事藤堂はステキです♪


★ところで、さらに全く関係ないんだけど、特に執事に詳しくない適当なイメージだと、何故に「執事と言えばセバスチャン」なのであろうか。何となく執事の名前はセバスチャン、な刷り込みはどこから来るのか??
執事じゃないけどアリエルを見守るカニの名前もセバスチャンだったよな。←関係ない。

★『THREE MEN IN A BOAT + ワン』を見る。リアル・ドリアングレイな深山氏が怖い(笑)。

すっかり年月が過ぎ去ってしまい、現在スリーメンは京都逗留中なのだが、私が見た時の思い出の続き。

THREE MEN IN A BOAT + ワン えーとチーム名はいつもの如く覚えられなかったので・・・リアルドリアングレイ深山洋貴ハリス+フリーダム歌手冨士亮太ジョージ+きっちり進行ラブリー関戸博一ジェイ+あざとく可愛いアラサー三上俊ワン、のチームの感想を。

まず、客案内中の素の深山さんを見た時も思ったんだけど、衣装を着た深山さんを見ると・・・あのう役は違うんだけど、初演と大して印象かわらないのですが!!!!

初演は1999年だよ・・・世紀を超えて今、変わらぬラブリーオーラ大全開な深山氏。
前々から思っていたが、絶対家に年取る肖像画あるよこの人・・・ああ。リアルドリアングレイ・・・。


深山さんの前回は→いい~声でプロレス好きな浦ハリス(今のライフにはいないんだけど強いて言うと船戸さんと牧島さんを足して2で割った感じ?)と、何事もあっさりばっさり流します!な笠原浩夫氏に囲まれてたので「小さい」「若い」事が前面に押し出されてた。

では今回はさすがの先輩!として皆を引っ張ったかと言うと・・・いや、何か普通に3人組だったよ(笑)。
さすがだ深山氏。フラットに3人組だった。
何かこう好き勝手に暴走する深山ハリスと、不意打ちでとんでもない所に飛んで行く冨士ジョージを、きっちりセッキージェイがまとめあげていくチームであった。


こちらのチームの無人島も正直執拗な「あ!流れ星!!」シリーズしか覚えてない訳だが(笑)。
しかも全部は覚えていない訳だが。

深山さん、多分アナタ今年も半ズボン履くと思うよ・・・とか心の中で思ったのであった。

私の見た回は深山さん「もう半ズボンはかなくても済みますように!」とか「背が伸びますように!」とか「雪月花に入れますように!」等と発言していた。

雪月花流しは関戸ジェイ「AKB48に入れますように!」冨士ジョージ「東方神起に入れますように!」
あまりにも何回も流れ星が流れたためか、最後には冨士さんは「もう流れ星が流れませんように!」とまで祈っていた・・・。


深山さんの感想、まだ「可愛い」ことしか発言していないと思うが・・・やっぱり何かもう本当可愛いから仕方ないよ!(笑)永遠に半ズボン履いてほしい。

ハリスは小動物のようにくるくる興味が変わる人で、彼の中ではぱぱっと切り替わってその事に夢中♪な人。
大人げない子どもみたいな人なんだけど、深山さんは全然厭味じゃなくてラブリー。
可愛い連呼しまくっているけど、別に子どもに見える訳ではなくちゃんと大人な所もよい。ダメ大人だけど(笑)。

君なら缶詰持ってきても缶切り忘れるよ!ビスケット持ってきても持ってきた事自体忘れるよ!
思い出した瞬間の得意満面な笑顔がステキすぎた。ドラえもんが道具出す瞬間みたいだったよ。


ハリスはジェニファー選び&準備担当なんだけど、深山さんはステキな紳士を選んでいた。
紳士(普通の観客と思われる)は普通に台詞を言い、深山さんの合図に普通にラスト台詞を決めていた。
素晴らしい。何故にそんな落ち着いているのだ。何気なくフリフリエプロンをさせられていたが何気なく着こなしていた。くぅやるな紳士。


冨士ジョージは再び無駄な所で無駄な美声を響かせる(笑)。
歌っていい?な歴代ジョージの中で多分一番上手いと思う。いい声~。しかし3人のハーモニーが時節不協和音ぽかったのだが・・・どうなのか・・・どきどきどき。

冨士さんは病気自慢でも、流れ星でも「天然が治りますように」的発言をなさっていたが、何かもう今回のジョージは両チームともに天然すぎる枠としてフリーダムに存在していた。

ああ。ライフ本公演では中々魅力が出しづらいんだよ富士さんの魔力は!!!と、ジアザーとか若手公演を見るたびに思う(涙)
もっとざくざくジアザーとかやってほしいです。そして今回のような冨士さんの天然暴走を楽しむ。

何ていうか、冨士さんは普通の人と流れる時間軸が異なっているような気がします(笑)。
不思議な時間を刻んでいる感じがする。基本的に空気読む軍団ジュニ7の2トップが同じチームにいただけに、清々しいまでの「周り、関係ないです」という暴走っぷりが際立ったのかもしれないが。

深山さんはくるくる動きつつも緩急自在に自分でコントロールしてる好き勝手さなんだけど、冨士さんは本気で暴走してるので自分では止められない感じ(笑)。

冨士さんの「タンゴタンゴタンゴ!」は「キャー、変態!」と同じ位忘れないと思います・・・。
「情熱的に!!!」と指導していた姿も(笑)。


関戸さんは何かもうちょっと、勝手に暴走しない二人と絡ませてジェイをさせてみたい感じもするが・・・今回相手チームも構成は天然ジョージ&好き勝手ハリスだから一緒なんだよな・・・。

さすがのきっちり進行!であった。彼がジェイでよかったよ。
楽しい事を見つけると「わーーーっ」て走っていっちゃうハリスと、気づくととんでもない所にいるジョージを、鵜飼いの如く操っている感じのジェイであった。

そしてこっちのジェイもやっぱりモンモちゃんと仲良し。
こっちのジェイは始まる前に色々仕込みがあって、モンモとゲームしたりしてて可愛かった。

そしてジョージがいかにダメかをハリスと話しつつ「これは実話!」と言っていた。
↑今日は語り明かそう!と盛り上がった直後、一瞬席を外したらもう寝てた(笑)。起こしたら「はっ危ない寝る所だった!」とのたまった。

冨士さん・・・似たようなエピソードをかつて仲原さんにも書かれてた気が。人の家でも自分の家のように寛ぎさくっと寝ちゃうのが基本らしい・・・(笑)。


ジェイは途中、周りの景色役に見に来ていた大沼亮吉氏を指名、何故か「ウルトラマンで」と謎の指令を出していた。
亮吉氏は素直にスプーンでウルトラマンを表現していた。

だが!亮吉氏にこそジェニファーをやってもらいたかった!!!(笑)。
いや、この回は普通のステキ紳士がなさったのでその方がよかったと思うんだけど、ファン的にはまつしんよりも亮吉ジェニファーを見たいはずだ!!(笑)。フリフリエプロンの亮吉氏、すまなそうに「売り切れなんです」と謝る亮吉氏・・・見たい・・・(笑)。

ちなみに対岸の方には「宇宙人」を任命。宇宙人て何だ・・・。


関戸さんは、緒方ジェイが「キャー!変態!キャー!やめて!」と説明した同じリズムを「モーウ う~し メェー ひつじ」と説明した。ああ。健全(笑)。

しかし。色々ステキエピソードがたくさんあるはずのジェイなのだが。
何故か最も印象に残っているのは、ロックの開け閉めで「あらあらあらあら!いや~ん♪」とかすっごい楽しそうに言っている姿なのであった。


&あざとく可愛い三上モンモ。
見た目がまず神野さんともふなみ~とも違う。ピンク多用。毛の長いワンワンの模様。
「いくつ?」と聞かれ手を4本出すモンモの仕草がすっごい可愛い♪
だが「もうすぐ三十路」と散々人間どもに突っ込まれて激しく怒っていた(笑)。

三上モンモは人間たちとは関係なく結構好き勝手にその場を楽しんでるワンコで、しかも自分大好き!!な所が素晴らしい(笑)。一言だけしゃべるその言葉は「今の自分が大好きです!」(だっけ?)で、人間たちに総ツッコミされていた。

何て言うか、「オレって可愛い!!」と自覚した、思い切りの良さがいいと思います。

でも「もうすぐ三十路」かもしれないが、そうツッコミ入れている深山兄さんを見る限りでは、まだまだかなりの時間を「オレ可愛い!」で突き進めると思う(笑)
そう言えば、兄さんアナタの娘役(推定5歳)やった事もあったね・・・もう5年前だけど・・・。

ミカシュンには限界まで「オレ可愛い!」路線でがんばってほしいと願うのであった。

あ、あと、ロックだったか?でものすごいハリスにぎゅーっと捕まっていて「どうしたモンモ?落ちそうか?」と聞かれ更にぎゅーっとしたら「暑い~~っ」と嫌がられてた(笑)のが妙に可愛かった。


両チームともに、それぞれの持ち味が生かされていてとっても楽しかったです。


しかし。ロックの説明、長すぎない??&どっちのチームも微妙にしどろもどろじゃない??
あれで内容本当に観客の皆さま全員に伝わったのであろうか。微妙に疑問なのであった(笑)。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。