閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2008年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「夏の夜の夢」の思い出。ピックアップ ダメっ子イジーアス。

もう1ヶ月経つのだが・・・しばらく夏夢の思い出に浸りたいと思います。

今回はミッチ同盟だから前田氏をピックアップ。←いやミッチ同盟と言いつつ緒方さんの事真っ先に書いたけど~(笑)。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

今回の前田さんは初演で主宰が演じていらしたハーミアのお父さん、イジーアス。

かなり面白い髪型でぷんぷん怒って登場。
何故にその髪型採用??出オチ??落ち武者のような面白い髪型に目が釘付け。

あと、この髪型とこの衣装だと、彼の姿勢が猫背ぎみなのが強調されるのと周り小顔で固められてしまったのもあり顔が大きめに見えちゃう事で、ちょっと「若い頃はプロレスラーだったんだよオレ」みたいな雰囲気漂ってしまうのが微妙であった・・・(笑)。

前田さんのイジーアスは期待通り、頑固で意地っぱりで結構子どもっぽくお茶目で可愛くて意外とドジっ子風味。前田さんの良い所は何をやってもどこか愛嬌がある所なのだが、愛すべき頑固オヤジですごくよかったと思う。

岩崎ハーミアとはその意地っぱり度と大らかさと天真爛漫なんだけどでも意外と冷静さもあるぞという点がとても似ている。
松本ハーミアとはお茶目でラブリーな所と上の立場の人に対して一見従順そうだけどいざとなったら梃子でも動かなさそうな頑固っぷりがとても似ている。

どちらのハーミアを見た時も、ああ似た者親子だな~と思った。
イジーアスはハーミアの将来を勝手に決め付けて親の愛を押し付けている強圧的な存在なのだが、前田さんが演じると何故かそういうマイナス部分はあまり感じずに、微笑ましい親子だな~と思ってしまう。
私の前田さんへの愛のフィルターが勝手にかかってるだけかもしれないが、ハーミアも対立しつつもかなりお父さん大好きそうに見えたし。

それがいいのかどうかはちょっと分からないんだけど・・・。
見ている分にはすごく楽しかったから私の中ではよし。

イジーアスは、何気ない言葉がいちいち何かがおかしくて、やっぱり前田さんは可愛いなあと思った。
一方的で独善的ではあるものの、娘が可愛くて仕方ないんだろうな~という愛があったのもよかった。


しかし。
とても疑問なのは、何でそんなにディミートリアスを気に入ってるのか。
正直おかしな人度はディミーもライサンダーも変わらないと思うのだが。

私がイジーアスだったら、あの4人の誰にも娘は渡したくないですよ・・・(笑)。
強いて言うなら奥田ディミーがいいかなあ・・・。
スポンサーサイト

★篠田さんに負けた(笑)。ミッチへの愛・・・。前田倫良氏お誕生日。

今年の前田倫良氏の誕生日は、オイラ風邪っぴきでぐーたらひたすら寝ていたので何も書けなかったナリ(泣)。

しかし今年は篠田仁志さんがご自分のブログにて前田氏を写真付で祝っていらっしゃったナリ。

篠田さんは翌日仲原さんのお誕生日も祝っているし、さすがだと思った。
いつでもテンションの高いブログはステキ!!だが、正直多色使いすぎ&文字サイズ変えすぎでちょっと・・・見づらかったり・・・ごめん・・・(笑)。しかしすごく篠田さんらしい感じがして好きデス♪


さて乗り遅れたが前田氏お誕生日を今更祝ってみる。
おめでとうミッチ!!

新たな一年を迎えた次の日からの大阪公演では、前田さんはきっとさらにステキなお茶目でダメっ子なお父さんだったのではないかなと思います。

大きい方の娘とは実年齢はほぼ同じだが、そこはミッチのステキ貫禄でどーんと存在していただいて、最終地北海道まで突き進んでほしいです。


前田さんは近年やっと見た目に年齢が追いついてきたなと感じる事が多くて、これからこそが楽しみな役者さんだ、と思う。

これからも、前田さんがたくさんの舞台に立ってくれますように。
彼の魅力が新たに存分に発揮されるような作品にたくさん出会えますように。

ミッチ同盟は、今年も前田倫良氏を熱烈ひっそり、応援して参りたいと思います。

★フィロストレイトがすごく気になる!「夏の夜の夢」

初演はすごく大好きだったけどすごく謎もあって、それは「ライフ版ヒポリタをどうみるか」と、「なんで職人は職人じゃないの?」だった。

でも今回は、いつものライフ再演を見る時同様「ライフ版はこういうものだ」という認識の下で見に行ったため、意外と引っかからずに見ることができた。

とは言えやっぱり分かったわけではないのだけど。
ハーミアダブルがヒポリタ、の意味も分かったわけじゃないんだけど・・・。

今回はやっぱり、本来300席の劇場でやった作品を3倍のキャパの劇場でやることの無理無理感がかなりあり、特に残念ながらオイラはその弊害をもろに被る席で見てたので、見ていて手落ちとか置いて行かれ感とか、伝わりきれてない部分とか、色々あった。
あとたぶんやってる事は本当はさらに激しくなってると思うんだけど、劇場広い分、見た目としてスケールダウンに見えたのがとても残念(泣)。

戦闘派恋人チームの日は3列一番隅という色々見えなさ過ぎな席だったため、マツシンヒポリタが持っているものが基本的に鎖しか見えなかった。
結果、何だろうあの人は昭和の不良??なくさりをジャラジャラ持ち歩く謎の女に見えた・・・。下に下りてくると鎖の先に何かある事が判明するんだけど。
そしてこの時の劇中劇は、フィロストレイトが何しているのか見え辛く、全く印象に残ってなかった。

翌日のちびっこラブリー恋人チーム。
今度はものすごい後列で見たため、全く表情が不明・・・(泣)。
でも、初めてこの作品を真正面から見て、劇中劇からラストまでの舞台上のビジュアルがすごく印象に残った。ビジュアルというかフォーメーションというか。

正直ライフを見る時は普段「見た目」というか、舞台上の人の配置と動きを殆ど意識したことが無いのだけれども、今回初めて意識したような気がする。


今回は劇中劇のフィロストレイトが非常に印象的で、彼を見ていて、あ、今この舞台のものすべてはヒポリタに向かっているのだ、と突然思った。

フィロストレイトはすごくいい人で、心からシーシアスを慕っていて彼の幸せを願い、心から気のいい職人たちを応援している。
お芝居中、彼はずっとハラハラしながら職人を見守っていて、台詞を間違えたり妙な口上が始まるとものすごく激しく反応して何とかフォローしようとしている。

そのドタバタっぷりがすっごいいい人だなあ~と思ってすごく愛おしい。
と同時に、彼は、シーシアスたち貴族と、職人たち庶民の間に位置する人で、彼らを繋ぐ存在なんだなと改めて気づく。

それで・・・うまく説明できないんだけど・・・彼のシーシアスと職人たちへの愛に満ちたいい人全開な奮闘っぷりを見ながら、彼自身はヒポリタの事を特別意識している訳じゃなくて、劇中劇の内容のように直接的にヒポリタの感情に影響している訳ではないんだけど、でも、一見関係無さそうな彼の行動も含めて、それはヒポリタに向かっている、と感じた。

そして彼についてそう思った瞬間に、今舞台上で見えているすべてが、ヒポリタに向かって作用している、と思った。
今回、ラブラブ度というよりもいちゃいちゃ度が猛烈アップしている(笑)ディミートリアス&ヘレナの幸せオーラとかも。

ヒポリタは最終的には劇中劇の展開にぐっと心を動かされて最後の一押しになるんだけど、それは劇中劇の内容だけじゃなくて、あの場の空気に押された、というのもあるのではないかな~と。


お芝居が終わり、いったん舞台は白一色になる。
この後人がわらわらやってくるのが「ラストシーンなので大団円ってコトで全員集合!」だからじゃなくて(笑)、ヒポリタが、今、この地の人間として生きることを決めて、それをこの地の者たちに受け入れられて祝福された事が、色と人が満ちて行く様子で表現されているんだな~と思った。

フォーメーションを意識した、というのは、この、人と色がわらわらと満ちて行く様子がすごく印象的だったから。


緒方さんは、へんな言い方なんだけど・・・久々にライフに入った「お芝居する人」だなあと改めて思った。いや、皆お芝居している訳ですが。
何ていうか・・・ライフは「がっつりお芝居してます!!」というよりは、その場にさらっと存在するタイプが多いと思う。
だから、台詞を話してなくてただその場にいるだけの時にこそ強い印象を残す、ちょっとした事でその人物のキャラクターをがっちり観客に伝える緒方さんは「お芝居する人」。
ライフっぽくない佇まいが印象的だったけど、今回見て少女マンガキラキラ系以外は何でも似合いそうだし、今後彼にどんな役が振られていくのかすごく楽しみになった。ジアザーとかでじっくり見てみたいな~。

・・・という事で、今回、もちろんイジーアスの面白すぎる髪型とか、戦闘ハーミア&ヘレナの破壊的な戦いとか、超絶キュートなラブリーハーミア&ヘレナのダメ切なさとか、脱力オノケンパックとか、適当倉本パックとか、ステキカップルオーベロン&ティターニアとか、むしろ妖怪に近づいた謎見た目変更妖精ズとか、特にマダムになってしまった冨士さんはどうしちゃったの?とか、にもかかわらず可愛いミカシュンは何なんだ、とか、船戸シーシアスがすっごいかっこいい!!とか、マキシーシーシアスは何故に髪型パワーアップしてしまったの涙。とか、岩崎ヒポリタの不穏さが好きだ。とか、でもこの大きさの人にこの衣装着せちゃうとマタニティに見えます・・・(泣)とか、下井さんの月が相変わらずで大好きだ!とか、奥田さんの歌が延々頭をまわります・・・とか、芳樹さん妙にアニメ声なんですがいつナントカでやんすって言い出すのかドキドキドキ。とか、色々楽しみました♪
が、何かすごくフィロストレイトが印象に残ったのであった。

緒方さんは前から好きだったけど、何かすごい好きになってる自分がいます・・・。

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。