閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2008年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★妄想『愛媛みかん王子』

最近松本慎也さんを見ると、「この人こそ『愛媛みかん王子』になってほしい!!!」とか思う(笑)。

愛媛みかん王子とは・・・私もよく知らないのですまないが。例えば「いちご娘」として1年間地元名産のイチゴを微妙な制服を着てPRして回る可愛い女子たちの存在は皆さまご存じであろう。
簡単に言えばそれの男子版のようだ。ただしイチゴ娘(仮)と違って主催は民間団体の模様。
愛媛のみかんを勝手に応援してまわるイケメンたち。それが「愛媛みかん王子」。
ちなみに愛媛には王子だけではなく、微妙な制服を着たラブリー女子「愛媛みかん大使」もいる。←彼女らはときどきいよかん大使にも変身している模様。だったらかんきつ大使でいいのではないかしら。まとめすぎてダメなのかしら。

松本さんが愛媛のどの辺出身かまでは存じ上げないのでちょっと地域が違うのかもしれないけど。←みかん王子は基本的には松山祭りのために作られた団体メンバーから選んでるらしいので松山っ子と思われる。

マツシンは子ども受け良さそうだしおじいちゃんおばあちゃん受けもめちゃくちゃ良さそうだし、おばちゃんからも愛されそうだし、まさにみかんのように誰からも愛されまくりな方だと思うのだがどうだ。

ご本人もみかんが好きだと何かに書いてたし。
みかん祭りとかでさわやかにみかんをPRするマツシン・・・妄想中・・・似合う・・・私がおじいちゃんだったら遠く離れた孫を思い出してうっかり涙ぐみみかん100個位買っちゃいそう。

ただ実際のみかん王子はみなさん学生さんだったりしてとっても若いのだが、その辺は気にしない。

カリフォルニア物語でオレンジを食べている場合ではないのだマツシン。


ちなみにライフでみかんと言えば青木さんだけど、青木さんはみかん王子としてみかんを世に大アッピールする姿はいまいち想像できないのであった。
こたつでみかん食べてる姿はすごい想像できるけど。

さらにどうでもいいけど、前田さんが地元名産をアピールするとしたらやはり「ふぐ王子」かな等と妄想は深まるばかりなのであった。ふぐ王子。・・・さかな君みたいな姿を想像してしまった・・・。うーんミッチがその内ふぐ王子になったらやっぱり着ぐるみ系になるのかなあ。

さわやかマツシンみかん王子と、着ぐるみふぐ王子を妄想したところで、今日はもう寝る・・・おやすみなさい・・・そう言えばこの二人は来月は親子で登場か~。
楽しみ楽しみ。
スポンサーサイト

★歌う必然性はどこに。「カリフォルニア物語」。

先週は連日24時直前まで仕事をしており、そしてついに次の日となってから帰った日に、「カリフォルニア物語」を見てきました。

今回は1回だけ。ロード227の千秋楽。

・・・すみません率直な感想を申し上げると「歌いさえしなければ号泣だったのに!!」。

歌キャストと芝居キャストと、一人だけいるミュージカルキャスト=227チームだとtekkanさん=のバランスがものすごい微妙なお芝居だった・・・。

芝居キャストは正直歌が微妙。
お芝居にごうごう泣いていたまさにその時!!
最後まで音程が合ってるのか合ってないのか分かり辛い酔いそうな歌が始まり、涙引込みました・・・ごめん。

歌キャストはお芝居が微妙。
何かこの人はちょっと棒読みチックな台詞回しがとっても気になる・・・とか思っているんだけど、歌い始めると別人のように安定する。

そして一人だけどちらも安定しているミュージカルなtekkanさん。


うーん・・・。普通ミュージカルとは、歌が入ることによって物語がさらにダイナミックに盛り上がり、観客の気持ちも高まって行くものだと思うのですよ。
が、今回は歌う必然性が正直全く分からなかった・・・。

技術的な意味でも。
歌う事で観客はかえって現実に引き戻される。
盛り上がった気持ちは、「がんばって歌いきってくれ!!」とか「ごめん何言ったか聞き取れない!!」とかのとても現実的な感情に邪魔されてしまう。

物語上の流れとしても。
「歌」というある意味大雑把にどかーんと派手に打ち上げる手段は、吉田秋生の世界、スタジオライフの世界とはあまり相性がいいとは思えない。


別にお芝居キャストに無理に歌わせる必要性はなかったのではないかな~と思うのだがどうなのでしょうか。
主要キャスト陣は基本芝居キャストだと思うし、お芝居はよかったのに~。

夏夢みたいな作品なら、手に汗握る歌声もご愛嬌なんだけど、今回ははっきりと「ミュージカル」なつくりで、だけどこういうつくりをする以上は技術点が安定してないとやっぱり辛い・・・。

うーん倉田さんは一体何故今回歌を入れよう!!と思ったんだろう・・・。
普通にストプレで見たかったな~。

歌を入れるのであれば・・・ちょっと例が思いつかないので古くてすまないが、「エレファント・マン」の湯沢幸一郎方式で行くとか。←何の関係もなく突然出てきて歌い去っていく人。
芝居キャストは芝居に専念。歌キャストは歌要員としてかっちり使い切る。


あと、今歌っている内容は「モノローグ」なのか、「相手に話しかけてる」のかわからなくて戸惑った。
とくにイーヴの告白シーン。これって、ヒースに聞こえてるのか、心を歌ってるだけで聞こえてないのか、どっちなんだろう??と歌い終わるまで疑問だったんだけど、歌い終わった瞬間のヒースの反応見てやっと「これは話しかけてるのか!」と理解。
いや、最初に今なら何でも言っちゃう気分みたな事言ってるし、話しかけてるんだろうなと思ってたんだけど、歌い始めるとすごい勢いで自分の世界に入っちゃってたんで分からなくなったんだよう~っ。


何か色々色々疑問はいっぱいだったが、でも、全体としては楽しめたので良かったです。
ライフ陣もそれぞれ素敵だったし、初めて見る方々もそれぞれ皆さま素敵だった。
新鮮で楽しかった。
さすがの女優!吉田隆太も堪能したし♪
裏キャスなのに表キャスのような女優石飛幸治も堪能したし♪

吉田さんと言えば、吉田岩崎親子は私の中では「メッシュ」なので、今猛烈に「吉田ママと岩崎息子でメッシュ最終話が見たい!!」妄想炸裂中・・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

が、個人的に冒頭に述べた連日ぐったりライフとか、その他諸事情によりかなり体調不良で見にいったため、もっと健康になりたいなあとしみじみ思った。
さらに様々にダメダメ行動を取ってしまい落ち込む。一緒に見た名誉会員に対して、勢いとしては「お願い名誉会員私のこと嫌いにならないで!!」とすがりつきたい感じであった。←イーヴ風にお願いします。
ふぅ。次回までにはもうちょっと健康に留意してがんばっていきますので、名誉会員よ今後もよろしくお願いします・・・。

あとうれしかった事は、偶然友人と会えた事♪
あと哀しかった事は、後から同じ回をミッチ同盟会員もご覧になってた事が判明した事。会えずに残念(泣)。

・・・ということで、落ち着いたらまた感想をしつこくダーラダラ語りたいと思います。お芝居の話全然してないし!久々アニキの変な男優が好きだ!!とか、アラケンをなかなか見つけられず哀しかったとか、藤原習作さんが気になる!!とか、今更岩崎さんてスタイルいい人だったんだ~と気づいたとか(笑)、いろいろ。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。