閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2007年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★山本芳樹さんの偉大さについて考える(笑)

見ました。LILIES再演DVD。チーム名は分からないけど高根さんのいる方。

最近妙に生命力弱まり中で厭世的な私ですが、LILIES見ると妙にビロドーとかにはまってドロドロ気分さらに倍。みたいな感じになりますね(笑)。
いやでもやっぱり振り回され高根さんはステキ♪とか、超~強気ヴァリエな芳樹さんはステキ♪とか、ほんっとうに楢原さんは素晴らしい!とか、甲斐さんの女役が予想外に可愛い♪とか、ビロドー怖い怖い怖い・・・とか、色々楽しめました♪

ところで私、再演LILIESは大阪公演の高根さんたちの楽を見ています。

・・・なので、DVDをいつ見ても何度見ても、どうしてもどうしても、あの、伝説のバスタブスライディングシモンを鮮烈に思い出すのであった・・・ごめんなさい・・・。

※解説。スライディングシモンとは。
この作品の超重要場面(絶対に笑ってはいけない所)にて起きたハプニング。
シモン(高根さん)はヴァリエ(芳樹さん)のところにだーっと駆け寄ってきてバスタブに入らねばならないのだが、バスタブ目前でそのまま滑って行ってしまったのであった・・・。
劇場中に戦慄が!!!
緊張感がぽきっと折れる音が聞こえた。と思った位に空気が変わった事をすごく覚えてる。
↑緊張感は折れませんが、何かイメージ的にそんな感じで!!

この時の、高根さんよりも、芳樹さんが忘れられません。

私は3列上手一番隅という、スライディングした瞬間のシモンがものすごいよく見える位置にいたので、「シモン」が「高根研一」に戻って「しまった・・・」と遠い目をする瞬間を正面にてキャッチ。
そしてものすごい動揺する上の二人=珍しく台詞が妙に上滑りになってる石飛さん&「いやがる演技」でうまく逃げた船戸さん。
呆然とする周りの囚人役の皆さん。

そんな中、一番近くでこの惨劇(笑)を目撃したヴァリエは、見事に全く無反応だった。全くいつもと同じであろうヴァリエのまま。
そして、ちょっと目が泳いでるシモンというかまだ高根さんな目の前の人に対して、何かものすごい普通に手を伸ばしてあげてた。

この後のバスタブ場面、心なしか妙~にゆ~っくり慎重に動いている気がする高根シモン(まだ結構動揺中?)と、シモンラブ♪な演技展開をしつつもなんか妙に下にぎゅーっと引っぱる感じに高根さんをつかんでた気がする芳樹さんが忘れられません。

芳樹さんはこの時が一番印象的なんだけど、何があっても芳樹時間な人なんだな~と思う。
突発的に何かが起こった時に、自分がやっちゃった時も、誰かがやっちゃった時も、基本的に芳樹さんは「はっどうしようっ」みたいな間がなくて、見事に無反応で、何も無かった時と同じようにすーっと時間が流れて行く印象がある。そして同じテンションのままさり気なくフォローをしている。

劇場中戦慄した瞬間に、一番近くにいた人だけは全く普通に時間が流れてる感じがしたのが不思議な感覚ですごく印象的だった。
この時いったん止まっちゃった劇場の時間を、芳樹さんによって元の流れにぐっと戻してもらった感じがした。

なんか、すごい人だ。と思いました。
私が芳樹さんの舞台に対して思っている、「根本的に強靭」とか、パサジェルカ見た時に思った「強制収容所に入れられたら最後まで生き残りそうな人」とかの印象は、こういういざという時に淡々と時を刻み続けられる持ち味(というかご本人の生きるテンポかもだけど)からもきてるんだな~とか思ったのであった。

皆さんも何かハプニングが起きた時は芳樹さんに注目してみてください。芳樹時間を刻んでいるはず。きっと。ちょっと落ち着きます。
スポンサーサイト

★高根研一さんの過去の役について考える。

昨年の「銀のキス」では林さんと高根さんと深山さんと芳樹さんにはまっていた私。この4人を一気に楽しめる作品って何かあったかな??と思って、過去作品を考えて見たのだが・・・あまり全員そろって出ている作品自体ない事に気づいた・・・残念。

そこそこ絡みがある作品で一気に見られるのは→LILIES初演(伯爵夫人シモンリディヴァリエ)まで遡らないとダメかも。
そして関係性的に今回と近しい月の子初演(セツショナジミーティルト)。

どっちも映像に残ってません。無念。

しかし、何故かこの2作品はよく考えるまでもなく高根研一氏がこの3名に何かと振り回される話だな~とか思うのであった。
高根さんは振り回されてこそ高根研一だと思ってるけど。勝手に。

LILIES初演の壮絶不幸ブラックホール芳樹ヴァリエがその頂点かなとさらに勝手に思うわけですが。初演は正直もう好きとかそういうレベルではない所で、シモンはヴァリエの手を離せないだろうと思わせるものすごい緊迫感があった覚えが。あの時の高根さんシモンの振り回されっぷりがすごい好きでした・・・。
何か「あり地獄」という印象だった、当時(笑)。ヴァリエが底なし沼にがーっと沈んでいき、「大丈夫大丈夫」って手を伸ばしたシモンもそのままずるずる二人で沈んで行く感じの。

そして月の子では林セツに翻弄され深山ジミーに振り回されていた高根ショナ。
どっちに対してもずーっと戸惑っている感じが好きでした。


あ~なんか月の子もLILIESも再び見たくなってきました・・・。
折衷案?としてひとまず再演LILIESでも見ようかな~。深山さんも林さんもいないけど(泣)。

そう言えば全然関係ないが、高根さんは深山さんと芳樹さんに殺される役もやってた・・・。何か翻弄とかいうレベルじゃない所でも不幸満載な高根さんの役・・・。でも好き。

★やっと更新。ミッチの銀のキスとか。

ものすごく久しぶりにサイトをちょこっと直しました。

★DAISY PULLS IT OFFの全員の役をやっとUP。でも公式みた方が詳しいので見る必要無いです・・・(笑)。

★銀のキス 前田さんの感想をUP。書いたのは見てすぐなので何か盛り上がった文章デス。すまぬ。

★あと自己紹介も久々に微妙に直してみたり。


実は1年半直してない役者紹介(UPする前にフレッシュさんが辞めちゃったよう~)とか。色々ダメダメですが。←未だに松本さんに「エーリクやってほしい」とか、岩崎さんに「ずっと言い続けてるけどサイフリートが見られない」とか言ってるし。実現してるし。ごめんなさい。

はぁさくさく更新せねば本当は。
実は1年前に名誉会員と考えた妄想配役もそのままに!!本当にすまぬ名誉会員よ。でもこれは出すよその内に!!

妄想配役と言えば、「ミス・サイゴン」を考えた頃はまだジュニ7が入った直後で現在の状況は全然思いつきもしなかった。けど、名誉会員が上げた「キムは三上さんがいい」は、見た目も持ち味もぴったりだったよ。

今やるとまた違う人を思いつけそうでなかなか楽しい。
そして妄想配役と言えば、当初2000年にライフを見てた人にしかわからないジュニ4オールスターズキャスティングが基本だったのですが、そのジュニ4の青山さんが、今年帰国すると日記に書いていらしたのを発見しました。

帰国と言うのは完全に帰っていらっしゃるのか、一時帰国なのかは不明ですが(でも一時帰国の時はわざわざ書いてない事が多かったから完全帰国??)、青山さんは今後何をなさっていかれるのかやっぱり気になる・・・。

貫禄職人集団ジュニ4にあって、最も外見がどうにでもなる人で、ライフでは少年からおばあちゃんまで何の違和感も無く存在してた方。
私の勝手なイメージだと、ライフの中で最も隙の無い人、な感じがしてたので、彼が今後どのような道を選んでいかれるのか分からないけど、今後も舞台に立ってくれる方向ならばやっぱり見に行きたい。と思っています。

・・・なんかぐだぐだになってますが文章。青山さんNYに行っちゃって5年経っちゃうし、何か感傷的な気持ちになってるのであった。

★今年の夢、早速叶ってた。知らないところで。

甲斐政彦さんがついに念願のアンテを射止めたそうですよアナタ。

・・・行ってないので情報2日遅れですまないが、先日行われたスタジオライフファンクラブイベントにて、上記のように、高根研一氏のオスカーと、吉田隆太さんのアンテに加え、甲斐政彦氏がアンテとしてご登場なさったそうだ。

ああああ~このためだけに行けばよかったイベント!!!

・・・と、思わず地団駄を踏むオイラであった。

お正月に書いた今年の夢、早速叶ってるよ。このまま「デイジーが初演よりも1時間短くなる」とか「船戸さんの女優姿を見る」とか「大沼さんの女優姿を見る」とか、色々叶うとうれしいな~。
あと、ミッチがいっぱい舞台出てくること。


甲斐さんのアンテ。
・・・スキップとかしたんでしょうか??可愛く「ふりむいてオスカー」とかうるうるしてたのかな~・・・想像中・・・怖い・・・。


そう言えば甲斐さんの夢が叶う影には高根研一あり。
今後も甲斐さんの夢を叶える際の相手役としてがんばってくれ。

★ふなみさんのブログを見る。

慣れないぐるぐる日記を載せてしまったので気分を変えて舟見さんのブログを久々にチェック♪

舟見氏のラブリーメガネっ子と三上氏の犯罪のようなラブリー写真にときめきましたよアナタ!!

可愛い・・・。
やっぱり可愛い人を見ると幸福感がUPしますね~うっとり。

私はライフの中で一番外見が好きなのは舟見さんなので、もーうふなみ~ブログ立ち上げてくれてありがとう♪とか、あらためて思うのであった。
ふなみさんは本当に年月が経つほどステキ度UPしていく役者さんで、次の舞台がいつも本当に楽しみです。
デイジーもちょっとお姉さんになってるんだろうな~。楽しみだな~。

ミカシュンは犯罪的に可愛いッス。
やっぱりアイドルだわ。

今回のデイジーは前回に比べると比較的見た目はすんなりはまりそうな人々が多い(というか前回御大の女役しか覚えてないからさ!)感じがするな~とか思うのでした。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。