閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2006年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆雑誌「トップステージ」を見る。

今回は曽世さんと岩崎さんの対談が掲載されております。

夏の夜の夢のお話だけど、時期的にオスカーサイフリート仕様な外見。
・・・サイフリート大ブームだった私はちょっとうれしい。

私が先日の日記にて疑問を書いてた坂本さんの身長は、岩崎さんと同じ位である事が判明。
曽世さんが「大女・普通男のチーム」とおっしゃっている(笑)。

そして身長と言えば、すっごいどうでもいい事なんだけど、二人で並んでいる写真、普通にそのまま立つと、多分もっと身長差あると思うんだけど(ハーミアの方がもっとちょっと大きいハズ)一体どんな調整が・・・。じゃなくて普通にこの位??


曽世さんが岩崎さんと組んでた過去作品について、死の泉を「元カップルの役」と説明なさっているのだが、「そうだっけ??」と一瞬考えてしまった・・・。
何となくギュンターが一方的に追ってる印象が強かったのだが、よく考えるとそもそもマルガレーテがギュンターと別れ一人子どもを生むためにレーベンスボルンに来るところから話始まるんだった・・・。
・・・舞台だと、クラウスとフランツの印象が強すぎて全然「元カップル」な雰囲気ないんだもん・・・。
というか、この時のマルガレーテは、アンタ誰の事も好きじゃないよね?って感じの自己完結な子だった・・・。

上記先日の日記にも書いたが、あとがっつり組んでた黒チュは曽世さんが大暴走だったし、白夜行は曽世さんが落ちそうで落ちない役だったし、何かいまいちこの二人が男女で組んでる時は不毛な関係になってる事が多いような気がする。

うーん・・・。過去のこの二人が組んでる作品を思い出してみる。

・・・えーと、意外と最近は絡んでないかも。ダブルで別だったり、出演作品がずれてたり。
そしてこの二人同性で組んでた方が何か細やかに普通に愛がある気がするのだが(笑)。

例:桜の園の姉妹。お互いを思いやるいい姉と妹だった。
ドラキュラのミナとルーシー。2代目3代目ドラにもこんなラブリー女友達時代が。お互いを思いやるいい友達だった。とくにルーシー真夜中のお散歩場面のミナのお姉さんっぷりが素敵だった。

出演時間3分の訪問者ユリスモールと、オスカー。出演時間3時間のトーマよりも実は印象に残っている訪問者の曽世ユリスモール。
曽世さんの舞台の美点のひとつ「相手に安心感を与える」ことがこの3分に凝縮されていて、冬の毛布みたいな存在だった。オスカー泣くでしょうここは。

近頃は利害関係が対立してたり(ドラキュラとかOZとかパサジェルカとか)全く同じ場面に出てこなかったりが多い気がするので、がっつり組むのを見るのは久々なのかも。

今回はコメディだし、愉快なバカップルになるといいなと思います。

スポンサーサイト

★そう言えば、歌って踊るんだった・・・。

オノケンのチラシも素敵でとっても楽しみにしている『夏の夜の夢』。

公式サイトの説明がさらに詳しくなってました。

・・・これって一体どこからリンク貼ってるんだろう??という対外用説明にちょっと戸惑いつつもさらに楽しみUP♪

しかし『これを見ると結婚したくなる!!』ってキャッチはどうだろう・・・。


『劇団Studio Lifeでは“人生の祝祭”をテーマに、歌あり・踊りありで若手キャストをメインにしてアクティブなステージに仕立てます。60年代、70年代テイストの衣装と歌で台詞をアレンジし、新しいシェイクスピアの世界をご覧いただけます。』

あー、台詞はアレンジするんだ!そして60年代、70年代テイストなのね・・・。
うーんだんだん予想がつかない感じになってきました・・・。

見たことないけど、今回のチラシ、初期のライフのチラシ(イラストの頃)と何となくノリが似てる感じがすると思ってたんだけど、内容も何となく初期テイストな感じなのかなと思う。
21年目として、トーマをやり、そしてもっと原点に戻りつつ新たなシェイクスピアに挑戦なのかなーと思う。


そしてすっかり忘れていたが「歌あり、踊りあり」なのであった・・・。
うーん正直ライフで歌と踊りはちょっと・・・(沈黙)。

正直言うとかなりいたたまれない気持ちになってこの場を逃げ出したいとか思いがちなので(すまぬ)、本当に歌えるレベルの人と踊れるレベルの人2名位を「歌・踊り要員」として配置。その他はまあ・・・って感じにしてくださると大変見やすいのだが。

誰が歌えて誰が踊れるか知らないけど。
今こそ客演でNIROを呼べ!とか(笑)。
客演の坂本さんが歌or踊り要員だといいんだけど・・・どんな方なのでしょう??

★トーマの心臓の思い出。小道具編。

2003年オリジナルキャスト卒業公演東京千秋楽。
最後の羽がうまく落ちなくて、一直線に床に突進して幕が下りてた・・・。

今回、私が見た時(6/24マチネ)、最後の羽は無かった。
あ~この演出変わったんだな。と思った。
あれ、トラブル多いもんね。どうしても羽落ちなきゃいけないってわけじゃないしね。と納得。

・・・どうやら上で照明に引っかかって落ちなかっただけらしい・・・。
↑友人の席からは見えたそうだ。

その日のソワレを見た所、何事も無かったかのようにラストは羽で締められていた。
お昼に勝手に納得した私はなんだったんだ・・・ちょっと恥ずかしかった・・・(笑)。

トーマの小道具は、色々、気になることが多いです。


今回すごく気になっていたのは、トーマの詩。

昨年の20周年イベントでは、過去の作品の色々を展示して役者さんが説明してくださったのだが、「トーマの心臓」コーナーでは、石飛さんが「トーマの詩」原本を見せてくださった。
石飛さんによると、初演のときに林さんが書かれたものをずーっと使っていらっしゃったとの事だった。
「トーマが書きそうな感じ」の几帳面だけど柔らかな筆跡。

今回の詩も同じものを使っているのかなあ・・・と、林さんのレドヴィを見ながらあの詩を思い出してた。


あと、この時のイベントでは、参加者の中から「部屋替えしたエーリク気分で部屋ノック係」が任命され、山崎ユーリに「やあ今度の新しい・・・はっ君だったのかっ!!!!!」と面白い感じで驚いてもらえるスペシャルな企画があった。
私は偶然山崎さんの目の前にぼーっと立っていたがために運よく「はいアナタ!」とノック係になれて、もう見られない山崎ユーリ(面白風味だけど!)を超~至近距離で堪能させていただくというスペシャルに幸運なできごとがあった。
もう本当に一生の思い出です♪
・・・当然、今回のトーマを見ながら昨年の我がステキメモリーズに浸りました(笑)。
たぶん今後何回見ても私は思い出に生きてると思う(笑)。

場面的には険しいんだけど私の中では幸せ。

★デイリーライフ。寺岡さんに癒される。

14時間勤務にそろそろ疲れ果てやさぐれ中のオイラ。
本日リーダーに、例えて言えば河内さんのヘルシングレベルにスペシャルな他人事感を醸し出されさすがにプチっと切れた・・・(泣)。

そんなやさぐれた私の心を癒してくれたのが寺岡さんのデイリーライフ。

寺岡兄さんは舞台の印象はマコちゃんに代表されるような誠実なんだけど弱さもある、その弱さが魅力♪なお方なんだけど、普段の発言とかは結構面白いお方なのね・・・とか思うのであった。

旅の様子が伝わってきます。
同行者、船戸さんの大らかさと篠田さんの意外に天真爛漫な様子もほほえましい。

それを見守る?寺岡さんの文章が何か妙に可愛くて好き。


私も寺岡兄さんを見習って、読んでいて癒される文章を書ける人になりたいわ。と今後の人生の目標(大げさ)を突如設定してみたりするのであった。
がんばるぞ。

でも早速今日はグチで始まって目標設定した途端ダメなんだけどさ(笑)。

★行ける人がうらやましい。

現在スタジオライフの役者陣は客演ラッシュなのだが、最近の勤務形態が否応なく13時間とか14時間勤務になってる私には行けるはずも無く寂しい感じの日々でございます・・・。

特に深山さんの無頼漢は見たかった(泣)。いいなあ行ける人。

いつか見てみたいと思いつつまだ見ぬ少年王者舘の天野天街が参加しているのだ。
1年に1回くらいは「よくわからないもの」を見たくなるので(コンテンポラリーダンスとか)きっと私は天野天街が好きに違いないと勝手に思っているのだが。
とか言いつつ全然合わない。で終わるかもしれないけど・・・。

流山児★事務所の特設サイト(注!!音でます!!)の深山さんはとっても素敵。プロフィール写真もすごい可愛い。

ご覧になった方はぜひご感想を教えてくださいね・・・。


そして先日舟見さんのブログを見て、舟見さんがカズを見に行った事を知る。
・・・私も早く能活君を見に行かないと!と思った。
が、先日のジュビロはニュースを見たところによると開始1分で得点されてた・・・(泣)。逆転してましたが。
正直今ジュビロに誰がいるのか全然知らない私・・・。←福西と田中がいることは知ってます・・・。あとは中山とか名波とか、過去A代表だった人しか知りません・・・所詮常ににわか。
友人に超サッカーファンがいるので今度レクチャーしてもらう事にしよう・・・。

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。