閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2006年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★やっと更新。次回作とか白夜行第二部感想とか。

一体いつの事??って感じだが、やっとサイトの「白夜行第二部」の感想と、次回作「ヴァンパイア・レジェンド ドラキュラ 連続公演」のご案内をUPいたしました。

あとこっそりサイトのごあいさつを最後だけちょこっと変更。

お時間おありの方は何となくご覧いただければ幸いでございます。

白夜行、書いたのは本当は見てすぐだからすっごい前だったりする。
が、東野さん直木賞受賞とか、今月の「野生時代」にて東野特集組んでたりとかで、私の中では未だ東野ブームは続いているので、あらためて今回の舞台化に対して何か幸福感を持ちました。

痛い言い方すると(笑)「好きな作品を大切に舞台化してもらってうれしい」。

東野さんと言えば「男性二人もの」が定番なので、ライフとしてはこちらの方がやりやすそうな気もするんだけど(「宿命」とか「パラレルワールド・ラブストーリー」とか。見たくないけど「殺人の門」とか)、あえて男女二人ものである「白夜行」を舞台で見ることができてよかった。
二人を見られたこともよかったけど、周辺の方々の言葉を耳で聴けたのもうれしかった。

ちなみに、私が最も「原作と同じ言葉を舞台上で聞けてうれしい!!」と思った言葉はコレです。
第一部。
一成さん「助けようか?ぬれねずみ」
友彦  「しますか?」

第二部。
高宮  「その、ある場所というのは」「パークサイドホテルだ。あの夜君が泊まるはずだった、あのホテルだ」
一成さん「元気ならよかった」

文字だと分からなかった感情がこんな風に込められているんだなと思ったのと、あと、これは文章でも恥ずかしかったが聞くともっと恥ずかしい(笑)って言葉です。
スポンサーサイト

★・・・悪夢。な魔女。

ドラキュラ&ヴァンパイア・レジェンドのその他キャストが公式サイトに出ましたよ。

最大の衝撃は
魔女 石飛幸治 林勇輔 青木隆敏 (敬称略)

・・・何故ドラキュラ城はこの3人によって乗っ取られないのであろうか。
岩崎ドラ、すぐさま退治されそうなオヤジチームだけでなく、身内にも刺客だらけナリ。

姜ジョナもあっという間に魔女に取り込まれてイメージ的には食虫花に養分吸い取られる虫みたいな感じにこの世を去ってしまいそうである。

がんばれドラキュラ。がんばれジョナサン。


ヴァンレジェ、私の気になっていた役、シュピールスドルフ将軍(初演は澤圭一さん。すっっっごいかっこよかった!!!)は寺岡さんと奥田さんのダブル。
すごくいいと思います!かっこいい二人を堪能できるであろう。
寺岡さんは笠原さん相手なのでがんばってほしいッス。
奥田さんはアニキの毒にやられないように・・・。

あ!奥田将軍の人生の光、最愛のヴェルトは松本さんだ。
今回は甥っ子と伯父さんコンビなのね。

そして当初名前がなくて「出演しないの??っていうかルーシー誰がやるんだー」と思ってた深山さん、無事ドラキュラにてルーシーである。うれしい。
しかし深山さん&舟見さんコンビって何かお人形のよう・・・。
こちらは深山ルーシーを舟見アーサー&佐野キンシー&牧島セワードが取り合うのか・・・何かメルヘンなチーム・・・可愛い・・・。

一方オヤジ組(←失礼)は吉田ルーシーを囲む笠原アーサー&芳樹キンシー&曽世セワードである。濃ゆい。吉田さん的にはアーサーとキンシー逆だともっとハッピーだったかもしれないが。観客的にも逆の方がまだ合ってる感じもするんだけど(どっちも違うけどあえて無理に「テキサス」を選ぶとまだ笠原さんかなーって。)
笠原さん、ステキすぎた山崎さんのアーサーのようにルーシーを守ってくれる事を祈る。

そして深山さんは何故かヴァンレジェでは前回大人女子だったのに今回は6歳のジョージ(初演はアニキ)。「家に年を取る肖像画が置いてある」疑惑をますます高めそうで楽しみ楽しみ。

前回佐野さんがやってた働き者ラブリーマーティン君は大沼さんナリ。
うーんラブリーは単に佐野さんの印象だったかもしれないので今回はワイルドなマーティン君なのかもしれません・・・。

石飛&青木ペロドンラフォンテンコンビは魔女に続いてすごいいいコンビっす。
林さんはママだし、今回この3名はいつも一緒らしい。恐ろしいトリオである。

あと、ヴァンレジェは岩崎さんとか船戸さんとか姜さんとかも出るらしいのだがあと何役が残ってるんだろう・・・。岩崎さんは個人的にはふなみーのやる「ゼーリヒの母」が見たかったのだが。初めて見た時に「・・・??女の人いるよね?」って思った、怜悧な美人タッキーの衝撃を、今回の舞台で初めてライフを見る人に味わっていただくには岩崎さんが一番いいかなーと。
舟見さんも好きなんだけど、ふなみーの方が普通に「人間」に近いので。←じゃあ岩崎さんとか瀧澤さんは何なんだと言われても困るが。
姜さんは行商人一家でなんかツッコミ入れられる人がいたような気がするのでその子で。
吉田さんは「逃げる村娘」希望。「ゼーリヒの影」はぜひ篠田さんでお願いします。

あーすごく楽しみになってきました。

★長州ファイブ、公式サイトがいつの間にかできてた。

WHITEに浸っている間に、前田倫良氏出演の映画『長州ファイブ』の公式サイトがいつの間にやらできてましたよ。

主なキャストのページを見ると精悍な?ミッチの志士姿が拝めるので、皆さまぜひご覧ください。

ちょっとやせた??
でも元気な感じでよかったよかった。

WHITE見てミッチのグレープフルーツジュースでうっかり泣きそうになった事を思い出したり、意外とミッチの見習いさんが好きだったんだなという事に気づいたりして、ミッチの舞台が見たいな~としみじみしていた所だったのでちょっとうれしい。

しかしプロフィールが微妙なところが微妙ッス・・・。
『単身で米国に渡米、武者修行』って何・・・。
一体何を「武者修行」したのか前田氏よ。


あと、『長州ファイブとは』という説明ページには『肺病を病んだ遠藤謹助の無念の帰国や』って書いてあるんだけど・・・ミッチ、肺病病む役なのね・・・病む・・・私の中では曽世海児氏吸血鬼(すごく血色良さそう)VS人間山本芳樹氏(むしろアナタが血が足りなくて彷徨いそう)を最初に聞いたときと同じ位、想像できない・・・。

その内ロンドンロケにも行くらしいので、「武者修行」を生かしてペラペラと現地の皆さまとコミュニケーションを取ってがんばってくれ・・・とか、遠くから何となく念を送ってみたりするのであった。

★WHITE 見てきた。条件反射で泣く(笑)。

14日のソワレと、15日のマチネで、両チームを見てきた。

やっぱり色々な意味で懐かしくて切なくなる作品。
最初に、用務員さんの「コン!」で、美チャンスが流れた瞬間に毎回泣きそうになる。

私はWHITEを見るのは3回目なのだけれども、2000版の時にあまりに燃えていたため、ある意味そこで燃え尽きていたりする(笑)。
2000版はウエストエンドではなく、演出が倉本さんなのでもしかしたらこれが異端なのかもしれないんだけど・・・一度も暗転せずにキツネがセットチェンジする所と、常に三角くんダブルがキツネの役でもう一人の三角くんに寄り添っているのが好きだったので、この演出バージョンもまたいつか見てみたいなと思う。
あと、最初に幕が落ちた瞬間に三角君が星の王子さまを読みながら登場するのも。

あの時は何故か三角君を見ながら「アンタは甘い!!」と本気でムっとして見てた・・・若かった・・・←そういう問題じゃないような気もするが。


今回は、星の王子さま新訳版ひたすら読み比べ中だった事もあり、「こんにちは」と王子さまは別にあてもなく言いました。(今実は記憶で書いてるので文章適当ッス。多分間違ってるごめん)を聞いた瞬間に泣く。
やっぱり私はこの作品の「こんにちは」に弱いらしい・・・。

不良少女、私が見た日は病弱で今にも死にそうな芳樹さんと、ポッキー三姉妹の次女に似てる姜さん。
芳樹さんは最初誰なのか分からなかった・・・死にそうな声でやっと分かった・・・。
この間机の下にもぐっている皆さまの肩が皆波打ってるのもまた笑える。

プレイボーイは2003よりも進化した?寺岡さんが普通にステキだった(笑)。&藤原さんは内輪受けに走っちゃダメっすよと思った。浅草とかの台詞は面白かったのにー。そしてどうせならここは普通に学ラン着た方が面白かったのに。あと藤原さんは絶対に三角くんのびん底メガネが似合うから、学ラン+メガネで昔の苦学生風とかを見たかったなー。昔の金八先生のようなカバンを肩からかけるとかね。足元はもちろん下駄で。


今回はやっぱり三上さんの偉大さを感じた。上記場面で絶対笑わない。ちゃんと相手の言ってる内容を聞いて返してるから聞かずに乗り切ってる訳じゃないし、素晴らしい。

姫の場面で好きなのは銀河鉄道なんだけど、ここでの少女でも少年でもない透明な存在感と佇まいが本当に素晴らしく良かった。

新人さんもそれぞれ皆さま大活躍だった。
そのまま坊な大成さん(若そう。そしてまたライフに新たな「こうじ」さんが!)とか、佐野さん系気遣い岩波君冨士さんとか、若いのか老成してるのか強気なのか弱いのか今いち計り知れないところが面白いウィンディ川崎さん。意外とばっさり感のある(笑)愛嬌ある岩波くん仲原さん、そして強烈な坊キャラ(ご本人は実は青山さん系で今回はスーパー創り込みなだけで次回作でいきなり将軍とかやってる人だったらどうしよう・・・)政宗さん。皆さまの次回作がすごく楽しみ。


ジュニ7とかもっと先輩とかもそれぞれすごくよかったので、また次回語りたいと思います。

最後の三角くんショール掛け、やっぱり2000で燃え尽きてる私は、小林さんを思い出して切なくなりました・・・。小林さんオリジナル要員班(班員は4名くらい)は皆同じコト言って切なくなってたんだけど。
ジーコさんは戻って来てくれる可能性はどのくらいあるのでしょうか・・・。
WHITEって、今ライフにいない方の事をたくさん思い出すのでその事でも切ないです・・・。

★WHITE 本日初日です。

・・・予想通り新年早々ベルばらモードに大突入中のオイラ(またも原作一気読みを敢行してしまった・・・前もそうだったが)なのですっかり忘れてたが、本日、新人公演WHITEがスタートでございます。

いや、いつも自分がいく日しか覚えていないので初日とかあまり知らなかったりするのだが・・・すみません・・・。


今回のWHITEは、これがデビューの新人さん方を見られるのがすごくすごく楽しみである。
オリジナルのごとき小林さんとか、スーパー作りこみラブリー高校生青山さんとかがなつかしい「坊」のお二人は一体どんな方なんでしょう。

それから、ジャイアンキャラ正ちゃんにぴったりと思われる大沼さんの活躍も楽しみです。

私が行くのはもう少し先なので、しばらくは未だ白夜行の余韻に浸ってみたり次回作を思ったりやっと見た「ドリアン・グレイの肖像」DVDに浸ったり、あとベルばらモード継続中につき久々妄想配役考えてみたり(←ル・ルーは深山さんとかね)している予定です。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。