閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Archive [2005年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「TOP STAGE」を見る。

曽世海児さんと岩崎大さんの対談が掲載されてます。

曽世さん、冒頭にて、ご自分の中で幕が下りてもすっきりしない気持ちがある。また観に来た方が「続きがすごく気になる」と言って下さった。との発言をなさっているが、だって終わってないもん。全然。気になって当然ッスよー。


・・・が、そんな曽世さんの遠い目写真もステキなのだが、真っ先に目に入ったのは、スタジオライフの最新情報を掲載した隣ページの「ヴァンパイア・レジェンド」前回公演より。の笠原さん&甲斐さんの写真なのであった。

これだけで既に何かちょっと怖い甲斐さん。そして視線が妙にひきぎみな笠原さんがステキである。

同じ組合せで吸血鬼と獲物が逆転しているドラキュラも好きなんだけど、こっちの方が関係性が非常に一方的で吸血鬼が恐ろしすぎなのでインパクトはあるかと思います・・・。

そう言えば、今度は雪穂な岩崎さんは、ヴァン・レジェでもドラキュラでも、吸血鬼が狙う大本命の一足先に前菜としてさっくり血吸われて絶命してたのであった・・・今度は立場逆転である。

そして相変わらず主要キャストスタンプラリーの旅に出る曽世氏、ヴァン・レジェは、ママ→息子にチェンジ、ドラキュラは、ミナ→ドラキュラ→ジャック・セワードとチェンジ。うーん次はいっそレンフィールドとか予想外の所にいってみるのはどうか。
スポンサーサイト

京王プラザホテルにて、ドレスコード有イベント敢行だそうだ。

私がしょうもないナイトメアにおびえている内に、世の中は「吸血鬼モノ連鎖公演 ファンクラブ最優先予約」の結果が届いたり、年末のファンクラブイベントの申込み用紙が送られてきたり等、様々に展開中である。

年末のファンクラブイベントは、12月22日。
京王プラザホテルである。

立食式のパーティで、昼は8500円、夜12500円ナリ。

貧乏暇無しのオイラは正直、見た瞬間に「遠い国のできごとね。」と判断したため、詳細見てないッス・・・すまぬ。

あらためて見てみたところ、どうやらドレスコードがあるらしい。

「Tシャツ・トレーナー・Gパン・スニーカーなどカジュアルな服装はご遠慮下さい。(男性はジャケットの着用をお願い致します)」


☆男性会員ってそう言えば何名くらいいらっしゃるのかしら。
☆Tシャツ・・・12月終わりにTシャツ・・・ヴァン・レジェ(11月終わり)にて、終演後Tシャツ1枚でワイルドにロビーを闊歩なさっていた甲斐さん位の気迫が無いとこの服装ではそもそも来られないのでは無いかしら。

等々、この一文でさまざまな疑問が頭を駆け巡ったのであった。


しかしドレスコードって困りますよね・・・一体どの辺が標準なんだ・・・とかどきどきする。
外して妙に一人だけキラキラしてても寂しい感じだし、カジュアルすぎても浮くし。
ま、私は行かないから今回は困る必要ないんだけどさ。

参加される皆さま、せっかくクリスマス前ですし、華やかな装いでご参加なさって、お楽しみくだされ。

まーでも、サクラは「可愛い女子を見る」と非常にテンションが上がるヤな感じのオヤジなので、人が着飾ってるの見るのはすごい好きなんだけど。
自分は様々な体型的問題点(笑)により、着られる服と似合う服が非常に限られるので辛いんスが(笑)。

昨日のナイトメア。高所恐怖症を克服する会。会合。

昨日の夢に、何故か関戸さんと鶴田さんと高根さんが出てきた。

「高所恐怖症を克服する会」なる催しがあり、私はそれに参加していて、そこに何故か関戸さんと鶴田さんと高根さんもいる、という内容。

そんな我々「高所恐怖症を克服する会」メンバー(全部で15人くらい。夢なので、知り合いと全然知らない人と混在。)は、70階建てのビルの屋上(柵がない)にて集会を開いていた。

夢の中では、関戸さんは怖がっていて、鶴田さんは関戸さんを励ましていて、高根さんは建物ギリギリの位置で一人ぼーっと立っていた。
・・・私って普段彼らに対してどういう予断を持っているのか・・・と考えさせられる夢の展開だった・・・。


私は現実も高所が怖いため、恐ろしいナイトメアであった。どきどきどき。
↑割と臨場感にあふれた夢を見る方。幽体離脱する夢とかね。


・・・夢の内容はともかく、鶴田さんと高根さんと関戸さんを同じ舞台で見たいのよ!!っていう私の願望が思わず夢にまで出てきたのであろう。と思うことにする。
・・・でも何故にこの3名様なのかは謎ですが。

吸血鬼連鎖の甲斐さんの動向はいかに。

考えてみると、「ヴァンパイア・レジェンド」も「ドラキュラ」も、私はひたすら甲斐さんに翻弄されて終わる。という観劇だったのであった。

・・・今から正直年末をすっ飛ばして来年の吸血鬼連鎖公演に心が向かっている私だが、これらの作品を心ゆくまで楽しむためにはやはり甲斐さんは欠かせません!!

・・・出てくれるかなあ・・・出てほしいなあ・・・。

希望は以前も申し上げたように、ヴァン・レジェで将軍やってくれることです。
澤さんの幻影が今もなお残る私にとっては甲斐さんくらいインパクトある方がいい。

対決する相手がアニキだし御大だし。


しかし、岩崎・姜コンビはキャラ的にはどちらかと言えば「カーミラ・ローラ」(ヴァンレジェではなく)が一番似合ってそうな気もするのであった。
姜さんはどう考えてもジョナサンよりはジョージだと思うんだけど。本来。
岩崎さんは原作におけるドラキュラが一番似合いそう。ライフ版ドラキュラじゃなくて。

ドラキュラもヴァン・レジェも、倉田オリジナル展開をする事によって、実はほぼ同じ話になっちゃってるので、どちらかは原作に寄り添う形に戻すのもアリかなあとか思うのであった。

もちろん展開とかは全然違うんですが。
着地点がほぼ同じというかテーマが一緒というか。

ドラキュラは何か恋愛絡めたかったらミナとすれば。と思うし。やっぱり。正直。
そもそも私はドラキュラは恋愛絡んでほしくない派なので、ここはいっそドラキュラの方は原作寄りで行きませんか・・・。

スタジオライフペンの行方。

ここ10年くらい(笑)バサーっと積んでいた、演劇のチラシを片付けた。
一仕事だった。
ふぅ。

・・・そしてスタジオライフ様がおつくりになっていた、「Studio Life」って書いてあるアンケート用のえんぴつ(アレなんて固有名なんだろ?)が10本くらい出てきてしまいました・・・すみません・・・。

うーんアンケート出す時にいつも返し忘れていたらしい。

次に見に行く時にこっそり返したい位なのだが、残念ながら今ライフのアンケート用えんぴつって形変わっちゃったし「ライフ」って書いてないんだよね・・・確か。


ライフのチラシとか、客演のチラシとかも出てきてすごい懐かしかった。
そう言えば重松さんのお芝居に主宰と及川さんと山崎さんが出てたんだよな~とか。

倉本さんの前いらした劇団に、主宰と藤原さんが客演なさってたのか!とか。

あと、昨日も書いた「WHITE2000」。当初はジュニ4(当時フレッシュ)全員出演する予定だったのか!とか。←正直、ここにいてはいけないと思われる(彼の経歴が全然生きなくてもったいないから)上世さんだが、せっかくうっかりかもしれないが入っちゃったんで、1回位はライフでも見てみたかったな~(結局まだ未見)とか、思ってみたりするのであった。
※上世博及さんは、ロシア語通訳としても活躍中の役者さんでございます。

しかし、今振り返ってもジュニ4は面白い集団だった。ミッチが一番無難な人に見える位に。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。