閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Category [★いろいろ雑談 ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★加賀乙彦&軽井沢演劇部朗読会『死の淵の愛と光』に行く。

私が最後にLILIESを見てから1週間経っちゃったけど、未だにLILIESから抜けられない日々です。

先週はLILIES見て、少年十字軍読んで、岩崎さんと岳大さんの軽井沢演劇部の朗読会で初めて教会に行って、なんだかキリスト教づいていた週末だった。

LILIES見てすぐに見たのが軽井沢演劇部の朗読会だったのはすごくいろんなことを考えて感慨深かったです。

私はクリスチャンではないし、ミッション系の学校にも通ったことがないのでキリスト教への思いや信仰という問題がどうしても感覚としてつかめない所はあるんだけど、この流れでいろんなことに接することができたのはよかった。

軽井沢演劇部はずっと行きたかったけれども初めて行けました。

神田教会に行ったのも初めてだった。
今回は加賀乙彦さんがいらしたり、正田昭の手紙を朗読するということもあって、演劇部ファンというよりも教会にゆかりのある方々が見にいらしている感じで、教会の荘厳で落ち着いた雰囲気の中で、クリスチャンとなった正田と文通をしている女性の生き生きとしたやりとりを聞くことができたのはとても貴重な経験でした。

正面の舞台でいうと上手に岳大さん、下手に岩崎さんが座り、交互に正田昭の手紙を朗読する。
岳大さんはナレーションも担当。ナレーション時は立ち上がって上手側の手前に出てきて立ったまま朗読。

下手の手前に矢代さん。矢代さんは文通をしていた若い女性の手紙を読む。

恥ずかしながら加賀乙彦は知っていても読んだことがなく、バー・メッカ殺人事件も知らなかった。正田昭がどんな人かも。
個人的には、死刑ということについて、殺人を犯した人について自分の考え方とかスタンスはあるんだけど、今回はそういうことはいったん置いておいて、ただ、二人の交流を見ている感じだった。つねに死を前にしていながら生き生きとした日常を送る彼の強さと、それを支える信仰、そしてそれは二人の親交の根底にあるんだなということを、とても感じた。

久しぶりに岳大さんを見られたけど、岳大さんは声が明るく開放的で力強い。
岩崎さんはナイーブで優しい。
全然違う個性の二人が同じ人の手紙を読んでいるのだが、同じ人の別の一面に光が当てられているように見えてよかったと思う。

二人は背が高くてすらっとしているので、なんてことない白衣装が非常に映えて美しかった。
久しぶりにコスプレじゃない岩崎大を見られてすごくうれしい。
何か最近イケメン舞台のラスボスばっかり見てた気がするので(泣)。いや、イケメン舞台じゃなくても割と悪い役要員な気が。

私は岩崎さんの落ち着いた語り口がとても好きで、とくに家族に思いを寄せるナイーブな空気感がとても好きなので、お母さんへの最後の手紙がとくに印象に残った。

岳大さんは岩崎さんよりも客観的で強くて前を向いている印象があるので、手紙の中では普通に生き生きとした日常生活を送っているかのように書かれている部分のキラキラ感がすごく印象的だった。でも本当は死刑を待ちながら狭くて何もない場所でただ生きているのに。


矢代さんが本当に明るく溌剌として光として存在していて、すでに亡くなっている事を知らずに書かれている手紙の明るさがとても複雑な響きをもつ。
明るくて可愛くて聡明でけっこう無鉄砲な人なんだろうなと思う。


手紙自体は1969年、死刑が実行されるその日まで書かれている。
44年前のこと。
そして今回は、その時の文通相手の女性が教会にいらしていて、最後に加賀さんといろいろお話をされたのがとても印象的だった。

彼女が話し始めた途端に何か急に泣く。

たぶん、44年前の手紙を今ここで聴いて、そしてそこから様々な経験を経たこの方の現在の姿を目の当たりにして、その歳月に圧倒されたのだと思う。
彼女の手紙を読んだ矢代さんの明るく生き生きとした姿に、彼女の44年前が鮮やかに浮かび上がり、今穏やかにここにいらっしゃることに「生きている事」の強さを感じたというか。
あとやっぱりシスターとしての静かで強い信仰とか、やっぱり可愛い方だな~とか、手紙の印象と全然ぶれない姿に感動したんだと思う。

加賀さんのことを「こんなに単純で素敵な方」と評するところとか、すごい素敵だなと思った。

この朗読会を歴史のある教会で聴けたのもとてもよい経験でした。

あと単純に岩崎さんとがっくんの見た目がかっこよかった(笑)。
矢代さんの奔放な愛らしさ、天真爛漫な明るさはこの作品に光を与えてくれたけど、アフタートークの矢代さんもやっぱり同じで、多分いつもよりもずっときっちりした雰囲気だったんだろうけどもちょこちょこ可愛くてお茶目だった。
岳大さんの素直で大らかな空気感がやっぱり好きだなとか、あと誰かが話している時にその人をじっと見つめてうなづく岩崎さんが本当昔から全然変わってないな~と思ってやっぱり好きだなと思ったり、アフタートークな3人+2人も含めて素敵な時間を過ごせたなと思った。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

そしてまだまだLILIES脳なので、現実に「44年前に自分がもらった手紙と、自分が出した手紙の朗読を聞いて、当時のことをみんなにお話ししてくれる」という体験をして、LILIESという作品の根底である「ビロドー司教が40年前のできごとを見せられる」という設定の重みを改めて感じた。

現実の彼らは、かたや死刑囚として死に接していて、かたや光の中にいる若い女性で、でも、お互いに信仰でつながっている。当時の郵便事情で、最後の手紙が届くのが遅れて、彼女は彼の死刑が執行されたことを知らずに本当になんてことない日常の話題を明るく書いているのが本当にドラマみたいなんだけど・・・今、年齢を重ねたこの方が本当に素敵な方で、シスターだからかお話もうまくてすごく感動した。彼女の中の44年の歳月がこの頃のことをどう消化したのか、今にどうつながっているのかがすごく伝わってきた。

なかなかできない貴重な体験をしたなと思う。
あと全然関係ないけど教会のクリスマスの飾りつけとか、ステンドグラスとか、パイプオルガンの響きとか、教会の雰囲気自体もすごく素敵だった。行けてよかった。
スポンサーサイト

★明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

最近はすっかり季刊な日々ですが、今年も細々と、スタジオライフおよび、前田倫良さんを熱烈ひっそり応援してまいりたいと思います。

皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。



昨年のご挨拶を書けなかった~涙。
あまりブログを書くことができませんでしたが、スタジオライフの演目は見に行っておりました。
OZを見られなかったのはとても残念ですが、まあ仕方ない・・・。

天守物語は、岩崎さんの無邪気さと松本さんの一本気なひたむきさがとても印象に残りました。
及川さんの外見力の素晴らしさと、アラケンて本人がなぜか魔性なんだよな・・・て事も印象に残っています。
あと久々のヤスイチ氏の女子役が可愛かった!!大好き!!
林さんとそぜっちと石飛さんの鉄板すぎる女子も素敵だった。
関戸さんの外見マジックも素晴らしい。彼のご機嫌な芸風が遺憾なく発揮されてすごく可愛かった。

ファントムは、やっぱり、どのバージョンをみても誰にも共感できない!!!!!という思いを新たに致しました(笑)
クリスティーヌの気持ちを誰か教えてくれ。そしてファントムは、前半戦の方が納得がいく物語だよなと改めて思った。あとライフによくあるラストは、色々納得いかないよ~。いや今回は原作通りなんだけど。
やはり「オペラ座の怪人」は、もともと怪奇小説として出された物語だから、人物の行動とかは何となくイメージで、という部分が大きい気がして、人間が演じるとどうしても不可解に感じるんだよな・・・。

と、物語自体には全く納得できないくせに、笠原さんの切なさにうっかり泣いてみたり、ラストに林さんが幸せそうな姿で登場する事に涙してみたり、うっかり感動しちゃうのが「オペラ座の怪人」のあらゆるバージョンの魔力だなと思いました。

ファントムを見るちょっと前に、劇団四季の「オペラ座の怪人」も見て、やっぱり誰にも共感できない!!!!と思いつつ泣いたしな。そしてファントムは見た目はともかく、高井さんの美声は「音楽の天使」にふさわしいよなと思ったのであった。


今年は、11人いる!&続11人いる!から。
若手公演ということもあり、久々に小林浩司さんがファントムに続いて連投。
さらに、久々に大沼亮吉氏も帰って来る。
新人ズも活躍。

前回の全体のファンシー衣装に最後までなじめなかったので、今回は、見た目違和感のない衣装になるといいな。
とくにそぜっちの王様の衣装と髪型。あまり原作を追求しないでほしい。切に。
初演は「出演者で犯人が分かる2時間ドラマ」みたいなキャスティングだったのだが、今回はかなり意外な役に意外な人がキャスティングされているので、みんなの新たな活躍をとても楽しみにしています。

それから松本さん。正直、彼が正しくかっこよかったのは対吉田隆太の時だけだと思うのだが、今回の相手役はすごく年下のものすごい弟キャラ内藤大希氏なので、かっこいいマツシンが見られるのではととてもとても期待しています。
大希くんもきっと可愛いと思う。下手に女の子ぶらないといいなと思います。


それからみかちゃんと織田さん(号泣)
みかちゃんは近年完全に最近のイケメン舞台系に飲み込まれていて、でも彼が「スタジオライフ所属」である事が他のわらわらいるイケメン舞台人とは差別化できているところだと思っていたので、すごく意外で、早くライフの舞台に立ってくれないかな~とのんきに思ってた(泣)
もともとライフ役者さんは、何かよく分からないけど入っちゃった人と、明確に役者として活動する中でライフを選んだ人がいて、みかちゃんは後者の人なので、きっと色々と思う所があるんだと思うけど、でも、寂しい・・・涙。
今ライフにはヒロインがいないし!!オイケン兄貴はともかく、岩崎さんが今更ヒロインに返り咲きしてるのも下に性格女優しかいないからな気がするし!!

ああああ~涙。

でも、三上さんのこれからを一方的に祈りたいと思います。

織田さん。ちっちゃくて可愛い10が次々辞めていく~涙。かわいこ系だけど、そうじゃないのも出来る所を最近探っている感じがしていたので、これからが楽しみだったのに。
彼も客演が割りと続いていたので、今後も役者さんを続けるのかなと思うけど、本当にこれからも織田さんが幸せでありますように。祈りたいと思います。



前田倫良氏。
完全幽霊劇団員になっていますが、突然戻ってきて下さる事を心から祈りたいと思います。
ミッチの舞台を何年も見てなくて寂しい(泣)そう思っている方がきっとたくさんいると思うので、そんな声に応えてくださるといいなと願っています。

いまどきではない見た目を生かし、歴史モノとか、色々に映像界でも活躍してくださるといいな。


今年もスタジオライフの皆様が、たくさん舞台やそれぞれのフィールドで活躍する姿を見られますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

★久しぶりすぎてすみません!!

半年ぶりになってしまった・・・。
果たしてご覧くださっている方はいるのか不明だが、突然また書く。

すっかり音信不通ライフだが、スタジオライフの舞台はがつがつ見に行っております!!

天守物語も見たし♪ファントムも見たし♪

・・・だが感想かけてないが(泣)。
自分にしか分からぬメモがあるのでそのうち誰もが忘れたころにひっそりあげておくかも・・・。


さてそんなこんなで、もう11人いる!と、続編のブログも始まっちゃったりしてますね。

半年前に言ったが(遠い目・・・)、最近ライフ陣がやたらイケメン舞台に呼ばれるため、ここ2年位ですっかりイケメンに詳しくなった私。

もちろん客演の内藤大希氏もチェック済です。

大希君は、子役としてアルゴミュージカルなどに出演された後、ミュージカルを中心に活動する二十代の若者です。イケメン舞台の基本、「テニスの王子様」では1stシーズンに出演しています。が、突然新国立のストプレに出てみたり、流山児事務所に出てみたり、なかなか愉快な舞台チョイスをしている方。

スタジオライフ陣だと、船戸さんとか、岩崎さんとか、三上さんとか仲原さんとか松村さんとかと共演しているはず。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

さて先日片づけをしていて「2000年のシアターガイド」が出てきたのでぱらぱらめくっていた。

裏表紙は、「黒いチューリップ」の宣伝が!!

そして、アートスフィアでは、アルゴミュージカルの写真が掲載されていた。
ちっちゃいけど、出演の元気な子どもたちの笑顔が輝いている!

いました。内藤大希氏。(たしか13歳位)
(ちなみに、そこには後岩崎大氏とか三上俊氏とか仲原氏とかと共演する大山真志君:小学生もいる)


大希君もまさか十数年後大人になってみたらば、同じ雑誌でドレス着てた兄さん(及川健氏)と同じ役をやる事になろうとは思いもよらなかったであろう。

しかし改めてあの黒いチューリップのチラシ写真は一体何をどうしたらいいか分からないものだったな~としみじみ思った。

中世っぽい謎の貴族衣装(男子)な山崎さんとそぜっち。そして普通に女装でドレスな及川さんと岩崎さん。
・・・いや、これ見て「わ~見に行きたい!!」て思わないと思うのよ・・・。


そんな12年前もヒロインだった及川アニキの変わらぬ外見力が一番驚愕だが!!


★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

大希君がライフに出るとは全く思っていなかったので大大大驚愕したけど、考えてみるとすごく萩尾作品役者な気がするので、すごく良いと思う。
フロルも似合うし、マージナルのキラもいけるし、エーリクも似合いそうだな~と思う。

今回の「11人いる!」と「続11人いる!」ではきっと可愛くて元気なフロルが見られるかな~と思うので、とても楽しみです。


願わくは初演のファンシーな衣装が一新されますように。
とくにそぜっちの王様は何とかなりますように。





★今年もありがとうございました。

ちょっと早いですが、年末はブログ書けそうにないので一足先にご挨拶を。

今年は様々な出来事があり、いつも以上になかなかブログを書くぞ~というテンションにならず、月刊どころか季刊になってしまったのが反省点でございます・・・。

そんなごくまれに更新するブログに、今年もお使いくださいまして誠に誠にありがとうございました。
たぶんミッチをご覧になったことのない方、そもそも前田倫良氏が今も劇団員であることをご存じない方もたくさんいらっしゃる事と思います。

しかし、彼がたとえ幽霊劇団員だったとしても、いつかひょっこり何事もなく復活してくださる事を願って、ミッチ同盟は今後も活動してまいりたいと思います!!


今年のスタジオライフは、11人いる!から始まり、とってもライフらしい作品が並んだ年だったと思います。
11人はそぜっちのファンシー衣装&髪型に最後まで慣れませんでした・・・。
ライフは時々うっかり「それはマンガだからいいのであって、人間がやったらダメ!」な外見を忠実に再現してしまうと思うのですが、そんなお茶目な所も含めてやっぱり私はライフが好きだなあと思った1年でした。
でも芳樹さんの髪のなびき具合の再現度には平伏でした。素晴らしかったです。

秋のシェイクスピア祭りが今年一番楽しかった公演でした。
やっぱり、私、ライフが好き!と再認識。
私はどうやら「親友を素直に愛する人」が好きらしく、岩崎さんのヘレナ大好きっぷりとか、関戸さんのアントーニオ大好きっぷりに心和みました♪
あとやっぱり笠原御大や及川アニキ、そして客演坂本がっくんの体力の限界に挑んだ姿に感動。
私も「若返るわ~」と叫び、体力づくりを敢行。
今後もがんばろうと思います。やっぱり体が資本だし!

前田倫良氏は、今年も残念ながらライフ出演はございませんでした・・・。
しかしながら、様々に活動なさっている様子。

そろそろ舞台のミッチが見たいよ~夏の作品か秋のファントムに出てくれないかな~。
来年は、さまざまに活躍する舞台のミッチが見られるよう、期待して待ちたいと思います。

本年も本当にありがとうございました。
みなさまよいお年を。

★ああ。6月4日生まれAB型と一口に言っても色々なんだなと思う。

結局何年スタジオライフの舞台に立っていないのかしら(泣)・・・でおなじみの我らが前田倫良さんと、同じお誕生日血液型で私の中でだけおなじみの、鈴木拡樹さんブログに、三上俊さんとの二人撮りがUPされてた。

★鈴木拡樹さんのブログのみかしゅんとの写真が載ってる日の記事

一応世の中の「お誕生日×血液型占い」で考えると、1464分の1でミッチと同じ結果になるはずの拡樹さんが、みかちゃんの左隣にいらっしゃるキラキラした青年です・・・。

可愛い・・・。
みかしゅんはあと5年位はカワイコぶっていけるよ!

そして何かひとつでも共通点とかないかしら??とか、思わずプロフィールを調べたり等うっかりファンみたいになっている今日この頃です。←ミッチじゃなくて拡樹さんの。いや、ミッチのプロフィールは大体知ってるような気がするし。

そして調べた結果・・・やっぱり共通点は誕生日と血液型しかなかったよ!(笑)
あ、女役やったことある!とか(笑)・・・まあミッチで真っ先に思い浮かぶのは日系人母(=ジュニ5新人公演ブギトゥ・バグース)だけどね!

無理矢理言えば、演技の方向性が「どこか俯瞰してる感じ」なのは一緒かもだが割とAB型役者さんてそういう傾向ある?ライフだと倉本さんとか。楢原さんとか。でもまつしんもABだしな。まつしんはめちゃくちゃ空気読むけど俯瞰とは違う気がするしな。

とか、思ったのでした・・・(笑)。


拡樹さんブログ的には多分みかちゃんは「堺衆の銃売ってる人」なので、そんなヒロキファンにとりあえず見せるべきみかちゃんは何だろう・・・とか考える。
↑二人はこれから舞台で共演するけど、過去で言うと「戦国鍋TV」のミュージックトゥナイトに二人とも出てる(ユニットは被ってないけど)ので、多分ヒロキファンがご存じとしたら拡樹さんの相方でもある村井さんがいる堺衆かなと。
・・・という前提の下の彼のブログの文章だと思うので、拡樹さんはものすごくファンに優しい、親切なブログ書く方だなあと思う。
・・・という、役者として正しい行き届いたブログの活用をしている所はみかちゃんと似ている。と思った。拡樹さんの方がより洗練されているが。


うーん私のイチオシはワンですが!
あざとく可愛いもん!

女役の事書いてくれてるからラブリー女子で言えば透くんだろうかやはり。
ドラキュラのミナも話はともかく見た目可愛い。マルガレーテも衣装可愛かった。

見た目の可愛さと役の好き度のバランスだとマドンナかな~。姫!!!て感じする。
まつしんとの並びがすごい好きだった。銀河鉄道の夜。あそこは女役じゃないけど。

マニアックなところだと銀キスの吸血鬼に襲われる娘(笑)。
あとは初期の通し役テレサかな~。メイドシリーズ。

堺衆の腹黒キャラしかご存じない方にみかちゃんの別の魅力を伝えるには何が一番いいでしょうね~。


ライフは客演して新たにファンを獲得したと思われる次の本公演の役が大抵「あれ??」て事が多いので、みかちゃんが次にライフに出る時は「すごく可愛い♪」か「結構男前」な役がいいな~と思います。

それで行くと・・・今回みかちゃん、仲原さん、岩氏が出るこの舞台。
ぜひ、仲原さんのファンになった方に見に来ていただき、岩大が本気女役(出オチではない真剣女子)、しかもヒロインをやっている姿を見てほしいです(笑)。絶対びっくりすると思うんだよみかちゃんは普通にカワイコだけど岩さんはかっこいい兄さん役なはずなので。

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。