閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Category [【2008】マージナル ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「マージナル」を見る。舟見さんが帰ってきてくれてうれしい。

・・・最初から超局地的感想をうだうだ書いてしまったが、何かもう作品に対しては色々色々言いたい事ばっかりだったのですよ。

倉田さんもうSFやるのやめようよ。というのが一番言いたいことだけど・・・。
様々に無理が。話自体に。見た目に。
藤原さん緒方さんペアは「OZ」ってどこかに書いてあるのかと思ったよ・・・。
篠田さんの衣装もOZっぽかった。

でも、今回はもう舟見さんが元気そうで可愛かったから、それでいいです。
本当に、戻って来てくれてめちゃくちゃうれしいです。

本当に本当にうれしい。よかった。
今回舟見さんを自分がどれだけ待っていたか、舞台を見て改めて気づいた。

チトも可愛かったし!!
エメラダは美しかったし!!

しかしエメラダは何故にあの衣装と髪型採用??あの髪に巻いてるのはいらないと思うの~何か違うの~。

舟見さんのエメラダは、男の人なんだ、というのがちゃんと分かるのがまず良かった。そして彼の持っている独特の浮遊感、浮世離れ感がとても活きていて、普通の健やかさんエドモスとの複雑な距離感がよかった。

都市編は3人組と、このエドモスしか変わらないんだけど・・・でも、ふなみ~岩崎並びを愛する私としては、この5分のためだけに別チームも見るべきかものすごくものすごく迷った。今の所パス予定だが・・・やっぱり未練も・・・うーん・・・悩み中・・・。

ハレルヤの人工っぽさ、生きてない感じ、ミカルが恐怖を感じる気持ちが分かる。
センターでミカルがハレルヤを見てしまい衝撃を受ける場面のお人形のような独特の美しさが印象に残ってる。


ああでもやっぱり次回作はパサジェルカの世界にふなみ~を入れたくないよう(泣)。死の泉だけとかなら良かったのに涙。

あと、全然関係ないですが、今こそ初演レナリロでレナリロが見たい!!と思った。舟見さん岩崎さんを贅沢使いしたい(笑)。あの頃とは見た目も技術も別人になっている二人で、今こそ初演演出版で、あの場面が見たいです。
スポンサーサイト

★「マージマル」砂漠編を見る。チーム健全=uterus版。

マージナル、今回は迷いに迷った末、結局uterusチームのみチケットを取り、14日に砂漠編、都市編をマチソワしてきました。
見終わってからもものすごく迷いに迷った末、結局これで終了の予定です。

ジュテレスチームを見終わってずーっと何かに引っかかっていて、翌日、wombチームのみを見た名誉会員と検証を行った結果・・・ジュテレスは超健全すぎてそもそもの「マージナル」の物語の大前提がいまいち分かり辛かった事が判明・・・。

という事でネタバレありの感想を以下に。
未だに畳み方分からないので改行するだけですみませぬ。




曽世さんと岩崎さんで、特殊な性別設定の子取り合い、と言えばショナアート(月の子初演)ですが・・・今回も月の子と同じ事をすごい思った。


松本さんはいつでも小公子に見えるきちんと感が魅力の人なんだけど、キラ役だとそれが意外にマイナスしてしまい、キラの不安定さがダウン。この子が本来持っているはずの異形感が全然無くてさわやかで清らか。
あと、子供子供していてすごく小さい子(8才位)に見えてしまい、性別設定が「どちらでもある」ではなくて「どちらでもない」に見える。
だから「受胎」とか「子供生む」とかの台詞に猛烈違和感。

結果、何かこんな子供相手に実験中なイワンとか、イワンとアーリンへの思いの延長でこの子を見てるゴーとか、この子が対象内に入ってきちゃうグリンジャアシジンが何かものすごいひどい大人たちに見えた・・・。児童福祉法違反で逮捕されそうな。でもそれはこの話の中では間違った見方だと思う・・・。

何かレナですか??みたいな。←次回作死の泉に唐突に思いを馳せる(笑)。
子供なのに無理矢理成長させられてこの子子供産めるか実験しましょう。みたいな。

とか書いたけど、このチームは基本妙にみんな健全に見えるため、グリンジャもアシジンもキラに何もしてなさそうに見えるのだが。うーん。

大体グリンジャキラの場面、何してるか分からなかった・・・と言うか、何もしてないように見えた・・・。なのでこの後続く台詞に猛烈違和感が。

曽世さんは細やかにその人物像を観客に伝えてくれる丁寧な演技が魅力の方だけど、だからグリンジャみたいな分かり辛い人物だと正直中途半端になる時があると思う。
笠原さんは曽世さんと真逆で、多少訳分からなくても話が飛びまくりでも、有無を言わせぬ迫力で軽やかに突き進むはったりが効くタイプの人。だから今回は見られなかったけど、多分グリンジャ役は笠原さんの方が合ってたんだろうな~と思う。

で、曽世さんって別にいつでも健全系な人では全然無いんだけど、多分グリンジャのキャラクターが微妙だったのとキラが超健全いい子ちゃんマツシンだったのとで、距離感が微妙になって健全路線へ行っちゃったのかな~と予想。
曽世グリンジャはキラの事どう思っているのか最後まで正直よく分からない・・・。グリンジャがどんな人なのかもよく分からない・・・。諦めた人なのかな?と思っていると突然感情を顕にしていたりするし。


岩崎さんはまんまアートがジミー見てた時と同じ目でキラを見てる。
犬飼ってるんじゃないのよ~って可愛がり方する。岩崎さんは小さい子(見た目とキャラクターが)が相手に来ると、本当に小さい子抱っこしてあやしてるみたいな抱っこの仕方しちゃうので、保護者にしか見えない・・・。
だからアシジンがグリンジャに超嫉妬、とかにすごく違和感が。
アートがショナに思う事じゃないけど「あのヘンタイヤロー。オレのジミーをっ」とかグリンジャに対して思ってそうに見えるんだよアシジン。
でもキラの相手ってこの人なんだよ。全然そう見えないんだけど。うーん・・・。


何かこのチームって、キラがものすごく人間じゃない方向の子に作られてそうに見える。何しなくても超能力で受胎します!みたいな。
イワンは夢の子供を作りたいんだから、それ位はやりそうだし。
うーんでもそういう話じゃないと思うのでマージナルは。

何故にこんなに健全路線になっちゃったんだろうチーム健全。

で、笠原班を見た名誉会員を始めとする友人の意見を総合すると、アラケンは子供だけど子供じゃなく、作り出されてしまった異形の子で、だからグリンジャとそういう事になっても「レナですか?」みたいな事は思わず、「キラが目覚めた」とか言っても納得、さらにそれを見ちゃったアシジンが超嫉妬してもそりゃそうだね~と思えたらしいので・・・やっぱりこっちのチームも見たかったな~と思った。


そしてこのチーム健全は、誰かをシャッフルすれば何か別の見え方をしたんだろうかとちょっと考える。

とりあえず今回の岩崎さんとマツシンは離したい気が。←最強健全コンビだと思うので。
うーんアートショナコンビに異形アラケンを投入し、いたいけな子供マツシンを笠原仲原コンビに持っていく、とか、ちょっと見てみたかったな~とか、思ってみるのであった。

★頼む。休憩入れてくれ。懇願。『マージナル』予定上演時間。

ところでマージナルで一番気になったのは、ふなみ~が帰ってくることでも笠原さんが帰ってくることでもトンデモ4パターンでもなく、『上演時間は休憩なしの約2時間20分!」という部分でした・・・。

何か文章のノリとしては「いつもよりも短いのがウリです!!!」に見えるんだけど・・・いや、想像して。紀伊国屋で2時間20分みじろぎせずに、あの椅子に座り続けなくちゃいけないんだよ??・・・拷問・・・(泣)。

正直私あの劇場でじっと座ってる限度は1時間45分位なのだが。

むしろ休憩入れて3時間の方が消耗しない気がする・・・。
一度はどこかで立ち上がりたい・・・。
ライフの舞台見てエコノミー症候群に!!みたいな恐ろしい事態が待っていそう・・・。

うーんLILIESの時はあの劇場で2時間20分休憩なしでしかもLILIESという激しく消耗する作品だった事に恐れをなし、この劇場では見ていないので果たして自分が持つのかどうか分からないが・・・。

今からでも全然遅くないから、休憩ないなら2時間を絶対に切ってほしいし、超えるならどこかで休憩入れてください・・・頼む・・・。
ものすごく見たいけど、健康上辛いから止めよう・・・と思う人も居そうな気がする位紀伊国屋の椅子を怖れる自分(笑)。
腰悪い人は多分見にいけないよ・・・(泣)。


今あまり健康じゃないからグチ。
↑先日の朝、エライ人の超超超~ロングスピーチ中にクラリと倒れ結局そのまま帰ってきたので、何かもう「その場にじぃっといる」事に対して今すごい恐怖感があるのだ。

ライフ、相変わらず観客にやさしくない劇団だよな・・・(泣)。

何かライフに限らず、所謂小劇場ってものすごく健康な人のための娯楽なんだよな・・・と、普通に健康だが大して元気でもない自分としては思うのであった。
結構「私って見る資格がそもそも無いのね(泣)」みたいな事態によく遭うので・・・
小劇場がお好きな方々は、その観劇環境の劣悪さも含めて愛していらっしゃるんだろうけど。もちろんそれも含めて楽しい、という事は理解はできるけど。

でも、普通に健康だが大して元気でもなく実は結構閉所恐怖(笑)な自分としては、ものすごーく見たいし絶対面白そうなんだけど、劇場と上演時間見て諦める、とかが結構あるので、何かこういう厳しい上演形態(笑)なのに4パターンとか言われても行けないよ~(泣)。とか思ってしまうのであった。


思えばライフって、ものすごい感動しつつも実は見終わって具合悪くなる率すごい高い劇団だし(笑)!あまりにはまりすぎて消耗度が激しいというのもあるが。

本当に見られてよかったし、本当に幸せだった「トーマの心臓」06年版ですら、後半あまりにも紀伊国屋の椅子が辛くて、あんなにはまって「サイフリートのすべてが好き♪」とか言ってた彼の出演場面も、実のところ「よし!サイフリート出てきたからあとちょっとで終わる!」とか、自分の中でカウントダウンしてたし・・・。

はぁ~。
見たいけど、ふなみ~を見届けたいし吉田さんを見たいし笠原さんを見つめまくりたいし、でも、私行けないかも~っと、早くも葛藤中なのであった・・・。

世の中の人々は別に平気なのかな~ライフの上演形態。
ま、色々トラウマ(笑)があって、よけいにスタジオライフ作品自体に対して私相当ビビリなのもあるんだけど~。

★舟見さんと笠原御大が戻ってくる。『マージナル』

スタジオライフ次回公演「マージナル」のFC最優先予約がきました。9月の公演なのに!!早っ。
「砂漠編」と「都市編」の2つ。そして主要3役がダブルキャストのため、合計4パターンの公演となるらしい。


舟見和利さんが帰ってくる。
うれしい。本当にうれしい。

エメラダは出番少なくインパクトは強い、トーマで言えばサイフリート、ミュージカルエリザベートで言えばルドルフ、みたいなおいしい役となると思われます。
楽しみです。
舟見さんが得意とする?どこ見てるのか分からない別世界魂飛ばし系演技を堪能したいと思います♪
相手役は奥田さんです。楽しみです。


笠原御大が帰ってくる。
うれしい。ちょうど笠原さんはやっぱり永遠のオスカーだよ!!と突然思っていた所だったからタイムリーにうれしい。

が、仲原さんとアラケンってなんかすごい所に御大ですね・・・。


2人しか出てこない女性に吉田さんと林さんというのはいいチョイスだな~と思う。
何かこの手の作品の時いつも言ってるけど、本物の女性出した方がいいんじゃないかな~とか正直思ってたナースタースは吉田さん。
吉田さんなら納得。
でもすごい大変だと思うんだけど。
だって、じゃ、ふなみ~と吉田さんは何が違うの??って事になるし。
↑原作読んだ人にだけわかる言い回しをしてみたが分かり辛い表現ですみません。
相手役?が青木さんなのも新鮮な感じ。楽しみ。

研究者3人組はものすごく楽しみです。
ここをがっつり見たい~見たい~。

ネズが高根さんというのはものすごい意外!!!
が、振り回されオーソリティである高根さんには今回も様々な人々に振り回されてほしいです(笑)。

ミカシュンは可愛いね~。伏し目がちにかわいこぶってください。よろしく。

前田さんの役最初誰だか分からず確認した。
あ~ちょっとセンザイマスターとかやってほしかったのだが(笑)。
でも楽しみです♪

あ~でも本当言うと、砂漠チームはオール船戸さんみたいなガタイの人でそろえてほしかったかも~。


これで登場人物全員ではないとおもうので、キャスト追加されるといいな~。
が、砂漠編と都市編て何がどうなるのか全然分からない・・・うーん・・・。

左サイドMenu

プロフィール

サクラサクラコ

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。