閑古鳥日記

劇団Studio Life(スタジオライフ)所属俳優 前田倫良さんと、ライフのみの話題を無理矢理続ける日記。

Category [★雑誌を見る ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★今更だが雑誌「BEST STAGE Fresh! 」をみる。

ジュニ7の皆さま全員インタビューと、フルバのお稽古場取材がございます。
そして後は殆どD-BOYSがこれでもか~と載っているのであった。三上マーシー君が元気そうでうれしいよ。

しかし、雪月花って基本的にこんな事言ったらいかん!かもだが写真写りイマイチではないかしら・・・どきどきどき。
ライフ今でこそ比較的写真良くなったけど、昔は素人が普通に適当デジカメで撮った方がまだ可愛くない?みたいなシロモノになる時が突発的にしばしば見受けられたような気がする訳ですが、何かそれを思い出したさ・・・。

しかしジュニ7の皆さまの仲良しっぷりとかマツシンはいつでも言葉のチョイスがやっぱりキラキラでいいなあとか(基本的に彼はいつも普通あの位の年齢の男性があまり使わないすごく分かりやすく前向きな言葉をさくっと発言する。「大好き」とか「最高に幸せ」とか。そういう意味でヴァリエはすごく合ってた。そういう意味じゃない所でヴァリエはすごく合ってないと言うか観客を困惑させる要素があって時が経って振り返る程に謎は深まり中・・・)、亮吉氏はみんなのお兄ちゃんな感じの人だよなとか、関戸さんは常に全体のバランスを取るよな~とか、色々思いました。


フルバお稽古場はマツシンが超絶可愛いよ~とか思いました。何気なく芳樹さんがかっこいいとか、ゆんちゃん&夾君ショットがめちゃくちゃ可愛いとか、いろんな人がちょこちょこ写りこんでいて楽しいです。


しかし、いつも思うんだけど、ベストステージという雑誌における言葉遣いは何故にいつもあの形式に統一されているのであろうか。
清水義範言う所の「実際に話している言葉と書き言葉のニュアンスの違い」とか、対談やら座談会方式だととっちらかるであろう言葉遣いを上品にそろえる必然性があろうかとは思うんだけど、やっぱり毎回違和感が~。
皆さまはあの言葉遣い気にならない??
スポンサーサイト

★TVぴあの深山さんを見る。いいえ、あなたは永遠のランドセル少年。

先週深山さんの外見の化け物具合について語ったところでタイムリーに?TVぴあの深山さんインタビュー記事を読む。

「こんなオッサン」が女子高生役などをしている事について、「いい加減きびしい」「入団何年で娘役卒業とか決めて欲しい」などといった発言をなさっている深山洋貴氏。

そんな事言わないで!!!
いつまでもランドセル背負ってほしい!!
三上さんの娘役(推定5歳)が似合う人でいてほしい!!
↑これはどっちも白夜行。

劇団員(しかも後輩)から「深山さん可愛い」と永遠にほめられるお兄さんでいて!!
↑いや、確か佐野さんが学生時代にライフを見て深山さんがすごい可愛かったとか何かで語ってたような気がするし、大沼さんも深山さんのラブリー女役に可愛い可愛い発言してた気がするのだが。


TVぴあのシリーズは、写真写りが常に微妙なライフ陣にしては珍しくいつも皆すっごく素敵なんだけど、今回の深山さんもすっごい可愛い。本当に可愛い。とにかく可愛い。

深山さんファンは3冊位買ってもいいと思う(笑)。


今年は深山さん劇場遭遇率が高い私。
孤児のミューズたちの時は劇場に行く前に普通に道端ですれ違った。「何か遠くから可愛い男の人が」と思ったら深山さんで、ああ今も変わらず普段も可愛い。と普通にすれ違いながらも心の中は大騒ぎだった(笑)。←怪しい人。ごめんなさい。

WHITEの時にも遭遇。やっぱり可愛い。

前も言ったけど、深山さんはすごく可愛いんだけど普段は普通に実年齢の男性にも見える所がいい感じに年齢を重ねていらっしゃるのだわ。と思って好き。


だがひとたび舞台に立つと普通に6才とか、普通に小学生とか、普通に女子高生とかだったりするのであった。

やっぱり深山さんは顔も可愛いけど体型の印象も大きいのかな~と思う。
あと子どもらしい動き方。仕種とか。わざとらしくなく幼い。
華奢なので子どもとか女の子とかの服を着せても違和感がすごく少ない。
子ども服がこんなに似合う人はいないと思う。

今後も卒業なんてしないで、ラブリー少年少女を演じてほしいです。
でも今度のエヴァは、またいつもと異なる役で楽しみです。
意外と甲斐さんと男女で絡んでる役ない気がするので、それも楽しみです。


次回は岩崎さん。実は初期はダブルが多かった彼らなのだが、何か妙に深山さんがうらやましがってるのが可愛いです(笑)。


・・・ちなみに。
ミッチは深山さんよりも期が下である事は皆さまご存じかと思うのだが、年齢もミッチの方が若いんだけど、でも、二人並んで立ってたら絶対ミッチの方がすごい年上だと思われると思う・・・ああでもミッチが普通なだけなのよ・・・深山さんはきっと家に年取る肖像画が置いてあるのよ・・・。

雑誌「Top Stage」を見る。深山さんと岩崎さんと松本さん。

遅ればせながら見ました。トプステ。

すごいどうでもいい所ですみませんが、3名のプロフィールに掲載されている「出演した舞台」はどういう基準で選ばれているのであろう。

深山さん「桜の園」まで載ってるし。懐かしい。
・・・何の役だったかな~と思ったら岩崎さんとダブルだったよ。ヒロインだったよ。楢原さんと恋人だったわ。可愛かった♪

意外な事にこのメンバーは岩崎さんと松本さん、深山さんと岩崎さんはダブル経験があるのに、いかにも同じ役やってそうな深山さんと松本さんはダブルはした事無い事に気づいた。(と思うけどやってたら教えてくれ・・・)

「同じ役」はやってるけど。3人ともやってるのは三角くん。

基本的にはメインどころなキャストの時の作品なのかな~と思うのだが、でも岩崎さん「ヴァン・レジェ」とか、深山さん「ドリアン・グレイの肖像」とかも入っているし・・・。松本さんは「白夜行」が何故か抜けてるし。結構謎。本人自己申告?劇団が準備したプロフィール?ライターさんが取捨選択?


どうでもいい細かい所を気にしつつ、ラブリーな3人に癒される。
深山さん、舞台的に永遠に少年が出来る人なんだけど、普通に深山さんな時も普通に年齢が全く計り知れない人だな~と思う。
すごい童顔の可愛い人って年齢が上になると正直微妙になっていくこともあるかと思うのだが(すみません・・・)、深山さんはいい感じに「すごく若く見える実年齢」にも見える所が素晴らしい。←ただしライフ舞台的には何故か大人に見えないけど・・・。
まだまだいける永遠の少年&少女として、今後もがんばってほしいデス。

そしてさらにどうでもいいときめきポイントとしては、3人の季節感のない服装。岩崎さんは正しく冬、松本さんは春先、そして謎の深山さん(Tシャツにマフラー)。深山さん半袖~。←トキメキポイントはココかよ(笑)。

今回ミッチがすごく私の周りで評判がよくて、それはすごくうれしいんだけど・・・記事を読んだら再び女生徒への未練が出てきたッス。
「制服に違和感がある人」・・・ミッチ見たかった~。←失礼な部分で思い出す自分。

深山さんのトリクシーがほんっとうに可愛くていい子で大好きだったので、再び見られるのがとても楽しみです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
今日のおやつ日記。昨日はプリンを食べ今日はイチゴ入りタピオカココナッツと今川焼きを食べてしまった・・・。
本気でカスタードとあんこでカラダ出来てます・・・まずい・・・。

雑誌「LOOK at STAR」を見る。舟見さん。

ルックアットスターは、いつもインタビューした人全員に通しで同じ質問をしている。
今回は「卒業したいこと」。
この質問のみ集めたページに、ちょこんと舟見和利氏が載っているのを発見。

彼は二度寝を卒業したいらしい。


私も卒業したい・・・切実に。勝手におおいに共感する自分であった。

今現在朝大音量で「RENT」のサントラが鳴り、そして同時に携帯から全く関係の無い曲が5分おきに鳴る設定にしているのにも関わらず、設定できる7曲全てがかかり、睡眠学習のように頭に刷り込まれて行く今日この頃。

日中「グランドキャニオン」の「山道を行く」とか、ドビュッシーの「海」とか、「シェヘラザード」のなんだったかな・・・とか、LILIESでもおなじみ「私のお父さん」とか、のだめでもおなじみ「ラプソディ・イン・ブルー」とか、微妙にマイナーな曲がぐるぐる頭を回っています・・・(泣)。


もちろん多分舟見さんはこんなにトンデモな事はなさっていないとは思うが。
写真が多分初演デイジーと思しき制服姿なんだけど、うーん可愛いと言えば可愛いけど、もっと写りいいの使ってあげればもっといいのに~。と、ちょっと思うのであった。

ライフの役者さん、舞台役者さんだから舞台が一番綺麗なのはもちろんよい事なんだけど、舞台のステキっぷりがもう少し止まっている写真にも反映されるといいな~と時々思う。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ところで人の写真うつりを好き勝手に言った矢先だが、ますます暴飲暴食度UP中な自分。先日はチョココルネパンとたい焼きを戴きぱくりと完食。
私今クリームとあんこでカラダが出来上がってるかも・・・(泣)。
朝起きられないし甘いもの三昧だし、ダメ生活すぎである。反省。

☆雑誌「トップステージ」を見る。

今回は曽世さんと岩崎さんの対談が掲載されております。

夏の夜の夢のお話だけど、時期的にオスカーサイフリート仕様な外見。
・・・サイフリート大ブームだった私はちょっとうれしい。

私が先日の日記にて疑問を書いてた坂本さんの身長は、岩崎さんと同じ位である事が判明。
曽世さんが「大女・普通男のチーム」とおっしゃっている(笑)。

そして身長と言えば、すっごいどうでもいい事なんだけど、二人で並んでいる写真、普通にそのまま立つと、多分もっと身長差あると思うんだけど(ハーミアの方がもっとちょっと大きいハズ)一体どんな調整が・・・。じゃなくて普通にこの位??


曽世さんが岩崎さんと組んでた過去作品について、死の泉を「元カップルの役」と説明なさっているのだが、「そうだっけ??」と一瞬考えてしまった・・・。
何となくギュンターが一方的に追ってる印象が強かったのだが、よく考えるとそもそもマルガレーテがギュンターと別れ一人子どもを生むためにレーベンスボルンに来るところから話始まるんだった・・・。
・・・舞台だと、クラウスとフランツの印象が強すぎて全然「元カップル」な雰囲気ないんだもん・・・。
というか、この時のマルガレーテは、アンタ誰の事も好きじゃないよね?って感じの自己完結な子だった・・・。

上記先日の日記にも書いたが、あとがっつり組んでた黒チュは曽世さんが大暴走だったし、白夜行は曽世さんが落ちそうで落ちない役だったし、何かいまいちこの二人が男女で組んでる時は不毛な関係になってる事が多いような気がする。

うーん・・・。過去のこの二人が組んでる作品を思い出してみる。

・・・えーと、意外と最近は絡んでないかも。ダブルで別だったり、出演作品がずれてたり。
そしてこの二人同性で組んでた方が何か細やかに普通に愛がある気がするのだが(笑)。

例:桜の園の姉妹。お互いを思いやるいい姉と妹だった。
ドラキュラのミナとルーシー。2代目3代目ドラにもこんなラブリー女友達時代が。お互いを思いやるいい友達だった。とくにルーシー真夜中のお散歩場面のミナのお姉さんっぷりが素敵だった。

出演時間3分の訪問者ユリスモールと、オスカー。出演時間3時間のトーマよりも実は印象に残っている訪問者の曽世ユリスモール。
曽世さんの舞台の美点のひとつ「相手に安心感を与える」ことがこの3分に凝縮されていて、冬の毛布みたいな存在だった。オスカー泣くでしょうここは。

近頃は利害関係が対立してたり(ドラキュラとかOZとかパサジェルカとか)全く同じ場面に出てこなかったりが多い気がするので、がっつり組むのを見るのは久々なのかも。

今回はコメディだし、愉快なバカップルになるといいなと思います。

左サイドMenu

プロフィール

Author:サクラサクラコ
劇団Studio Life(スタジオライフ)の話題のみを無理矢理続ける日記です。
所属俳優:前田倫良氏(勝手につけた愛称「ミッチ」)を本人のあずかり知らぬ所で熱烈ひっそり応援中。

メールフォーム

サクラにメッセージをくださる方は★こちらのメールフォーム★からお送りください♪

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

検索フォーム

右サイドメニュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。